たてがみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
から転送)
移動: 案内検索
ウマ科はたてがみが最も目立つ動物の一つ。

たてがみ漢字表記:鬣、騣、巤、騌、鬃、鬉、鬐、鬛、英語名:ManeCrest)とは、動物(特に哺乳類)の頸部もしくは頭部に密集して生える長いのことである。代表的なものとして、ウマライオンハイエナなどのものがある。時にヒト頭髪もたてがみの一種と解釈される。体温調節(保温および放熱)や、頭部・頸部の物理的保護のためにある部位と考えられている。

呼称[編集]

日本語名[編集]

先史時代における日本列島在来種にたてがみを持つ動物が見当たらないことから、日本人にとってのたてがみは、(、もしくは)馬の伝来によって始まったと考えられる。

日本語名以外[編集]

英語ではたてがみを「mane (仮名転写:メイン)」と言う。また、ラテン語の「crista (意:cock's comb、鶏冠〈とさか〉)」に由来して同義を第一とする「crest (仮名転写:クレスト)」の、副次的語義の一つに「(犬・馬などの)首筋」「(馬などの)たてがみ」がある。

生物的特徴[編集]

たてがみを持つ動物は哺乳類に限定されるものではないが、ここで言う「毛(体毛)」を持つ現生の動物は哺乳類のみであり、したがって、現世に限れば、「たてがみは哺乳類の特徴である」と言える。

機能[編集]

種類[編集]

たてがみはその生え方から次のように大別できる。

(1) 頸椎に沿うように生えるもの :ラクダキリンヌー、ウマ、ブチハイエナチーター(幼獣)、オオアリクイなど。
(2) 頭部全体に生えるもの :ライオン(オス成獣・亜成獣)、ゴールデンライオンタマリンシシオザルゲラダヒヒ(オス成獣・亜成獣)など。場合により、ヒトも。

また、前者(1) は、毛足の長短からさらに次のように分類が可能。

(a) 毛足が短いもの :キリン、ヌー、シマウマロバ、ハイエナ、オオアリクイなど。
(b) 毛足が長いもの :イボイノシシ
(c) (a) も (b) もいるもの :ラクダ、ウマ。
イボイノシシ 毛足の長いたてがみが特徴的

たてがみを持つ動物[編集]

現生種[編集]

太字は特徴が顕著なもの。

ライオン
キリン
オオアリクイ
オジロヌー
シマウマ
ゴールデン
ライオンタマリン
チーター 幼獣のみに具わる
ブチハイエナ

化石種[編集]

特筆するだけの価値あるもののみ。 † は「絶滅」の意。

  • 獣弓目 - †ディノケファルス亜目
    • アンテオサウルス進化して体毛を本格的に獲得していた可能性を語られる獣弓類の一種であり、それに基づいて、ライオン様の豊かなたてがみを持った姿などで生態復元想像図が描かれる場合がある。ただし、可能性をことさらに強調した結果の描写であって、この種にたてがみがあったという積極的証拠はない。
  • ウマ目(奇蹄目)
    • ウマ科 :最初期の種である†ヒラコテリウムから既にたてがみを持つ姿で描かれることが大半である。現生種のような毛足の長いたてがみは、平原にすむ種が進化して以降は備えていたと考えられる。なぜなら、平原を走り続けるにあたって、運動量に比例して上昇する体温を気化熱の働きによって降下させる機能を、風になびくたてがみに期待できるからである。
スミロドン(生態復元想像図)
  • ネコ目(食肉目)
    • 剣歯虎 :学術的根拠があるわけではないが、たてがみを備えた姿で描かれる場合がある。もっともそれはライオン様ではなく、首筋に沿って蓄えられたハイエナ様の復元がほとんどである。なお、娯楽作品中の漫画的強調表現では、モヒカン刈りのように屹立したたてがみが見られる。
    • 大型ネコ科動物の絶滅種の一部 :†ホラアナライオンのオス成獣などは、たてがみを備えていたともそうでなかったとも言われる。ただ、現存するライオンのような毛量豊かなたてがみが想像されて描かれることは少ない。

たてがみと人間の関わり[編集]

馬のたてがみ[編集]

食文化[編集]

  • 馬肉食食肉としての馬では、たてがみの付け根の肉は一頭あたりから採れる量の少ない部位である。ほとんどが脂身からなり、良質のグリコーゲンに富むこの肉は、日本人のように食す習慣のある者にとっては貴重なものである。日本語では「たてがみ」「こうね」「こうね脂」と呼び、刺身であれば「たてがみ刺し」と言う。金平などとしても食す。別項「馬刺し」には画像もあり。

芸術・大衆文化[編集]

備考[編集]

  • 冠羽鳥類の場合、頭頂部を飾るのは冠羽であり、機能面でのたてがみとの共通点は見当たらない。

脚注[編集]