害獣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

害獣(がいじゅう)とは、人間活動に害をもたらす哺乳類に属する動物一般をさす言葉である。人間の多い地域では、家畜などの飼育動物以外はほとんどがこれに含まれる可能性がある。

概要[編集]

農地でイノシシなどの害獣を捕獲するための罠

哺乳類から受ける人間の被害には様々なものがある。日本で考えても、直接に人間が肉体的被害を受ける場合(ヒグマイヌなど)、畑を荒らすなど農作物が被害を受ける場合(ニホンジカニホンザルイノシシなど)、家畜や養殖魚などが被害を受ける場合(オオカミタヌキキツネイタチなど)、芝生が荒れるなど景観の被害(モグラなど)、糞尿による汚染(コウモリ、ネコなど)、病原体の媒介(ネズミなど)があげられる。そのため、場合によっては地域のあらゆる哺乳類はその名を挙げられる可能性がある。

基本的に獣の側が人間の生息域に出現する事で被害が顕在化することが多いが、環境破壊により生息地の餌資源不足及び生息地そのものを失うといった事や、アライグママングースチョウセンイタチやネコのような本来の生息域の存在しない動物(外来生物)を人間が持ち込んだ事が要因である場合もあり、その場合は人災であるともいえる。

また、人間の側も山村の過疎により、獣を撃退する人材不足の為に充分な対処が出来ずに状況が悪化する事も多い。


参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]