乳首

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
乳首
Female nipple profile.jpg
ヒトの女性の乳首(側面外観)
Human nipple.jpg
ヒト男性の乳首
英語 Nipple
器官 感覚器女性器

乳首(ちくび)は、哺乳類が有する、胴部に左右の対をなしている小さな突起状の器官で、乳頭ともいう。あるいは乳児のために、それに似せて作ったもの(おしゃぶり)。以下では前者について記す。

機能[編集]

哺乳類の乳房に存在する乳液の出口である。授乳期には子どもが咥えて、吸うことで母乳を摂取する。乳首はオス・メスに分化する前の胎児の段階で作られてしまうため、オスにも存在することが多いが多くは未発達に終わる。女性ホルモンの影響が大きいと女性の様に発達する(女性化乳房症)。

乳汁は垂れ流しではなく、乳首や乳房を搾ったり、乳首を吸うことではじめて出てくる。子供は乳首を吸うことで乳汁を得る。一方、食用に家畜から乳汁を得る場合は乳首を搾って得る。

女性は思春期に入ると同時に乳房が発達し始め、まず、乳首の拡大が始まる「乳頭期」を迎える。乳頭径は乳房の成長Tannerの分類で第2段階までは3-4mmであるが、第3段階以降4-9mmに拡大する[1]

性的な機能[編集]

生殖機能としては上記以外の機能はないが、ヒトの、特に女性の乳首においては男性にとって、乳房と共に性的な魅力を持つ。女性にとっても、性的な快感を多く得られる性感帯のうちで重要なものと考えられている(男性においても性感帯であることが多い)。 刺激を受けるとさらに突出し、この状態はよく陰茎と同様の勃起に喩えられるが、陰茎の勃起が性的興奮によって行われるのに対し、乳首のそれは性的興奮以外にも温度や触覚によっても起りうるため厳密には異なる。

大抵の乳首は第二次性徴と同時に黒ずんでいくが、一部の男性にはピンク色の乳首が望ましいとする性的嗜好を持つ者もいる。なお、乳首のピンク色は血液の色が皮膚を通して透けて見えることによる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 思春期の発現・大山建司