Wikipedia:内容に関する免責事項

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

免責事項全般リスクに関する免責事項医療に関する免責事項法律に関する免責事項内容に関する免責事項

ウィキペディアには好ましくない内容が含まれているかもしれません

百科事典であるウィキペディアは、膨大な話題に関する多数の記事を収録しています。それらの話題の一部は、教育機関政府企業団体、保護者、その他のフィルタリングによってしばしば検閲・アクセス規制の対象となっています。

  • ウィキペディアには一部の読者が冒涜、下品、不快と考える語句や言葉に関する記事があります。詳しくはWikipedia:不快なコンテンツをご覧ください。
  • 記事中には、文化によっては表示規制され得る人物または出来事の音声・視覚・文字表現が含まれている場合があります。
  • ウィキペディアには多数の画像が含まれていますが、中には一部の読者が不快に感じるものもあります。例えば、暴力の視覚的描写や人体解剖の描写を含んだ記事があります。
  • 多くの記事には論争のある話題に関する率直な議論が含まれています。扱われている話題の中には、地域によっては犯罪に応用できるものや、危険な活動に関する情報を含むものもあります。Wikipedia:免責事項およびWikipedia:リスクに関する免責事項をご覧ください。
  • ウィキペディアにはネタバレが含まれています。
  • ウィキペディアには人によっては心的外傷後ストレス障害(PTSD)を引き起こすものが含まれているかもしれません。
  • ウィキペディアにはてんかん発作やその他の症状を引き起こす可能性のある画像や動画が含まれているかもしれません。
  • ウィキペディアは誰でも投稿できるものとして公開されているため、いたずら書きが存在する可能性が常にあります。
  • 通常は専門家の意見の対象となるような医療法律、その他に関する情報が含まれているかもしれませんが、ウィキペディアは専門家による助言の代用にはなりません。ウィキペディアは法的な助言医者の助言を提供する場ではなく、また出来ません。

ウィキペディアの現在の方針では、既存の方針(特に中立的な観点)またはウィキペディアのサーバーが設置されているアメリカ合衆国フロリダ州の法律に違反しない限り、上記のような内容を収録でき、また収録しています。記事の中には警告を含むものもありますが、多くの記事にはありません。

いずれにせよウィキペディアは進行中のプロジェクトであり、多くの記事には誤り主観他記事との重複、あるいは単純に修正が必要な部分が含まれています。これらの問題は、読者によって修正されることが期待されています。大多数の記事は専門家ではない個人が独りで、または主導して執筆したものであり、その分野における学術的または専門的な信頼性を欠いているかもしれません。

ウィキぺディアには従来の百科事典では扱われないような情報もあります。ウィキぺディアで何が扱われるかは、ボランティアである参加者の興味に基づいて決まります。読者はウィキペディアで扱われているかどうかで話題の重要性を判断したり、ウィキペディアで記事の主題になっているというだけで重要な話題だとみなしたりすべきではありません。

Wikipedia:検証可能性もご覧ください。