医療

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

本記事では医療(いりょう、英語: medical treatment、health care)について解説する。

概説[編集]

「医療」は、人間健康の維持、回復、促進などを目的とした諸活動について用いられる広範な意味を持った語である。

そもそも何が医療か?ということに関しては、「生物医学(biomedicine)的な根拠にのっとった近代医療のみを医療と見なす」という立場と、多元的医療システム観に基づき「その社会の一定程度の人に支持された、形式化された〈治療健康〉をめぐる社会文化的行為」とする立場に大きくわかれている[1]と黒田浩一郎は述べた。池田光穂によると、「補完医療」「代替医療」「伝統医療」といった認識はあくまで近代医療(を?)(の?)[要検証 ]カウンターモデルとして構成されており、前者の立場の変形、なのだという[2]。それらを総合したものは「統合医療」という呼称で呼ばれている。

医療の大分類[編集]

医療人類学者のアーサー・クラインマンは、医療は様々なセクターで行われている、として、公的機関などに認定された通常医療(制度医療)や伝統医などによる専門職セクターだけでなく、宗教や伝統などに基づいた民俗セクター、家庭内などの民間セクターでも様々な医療が行われているとしている[3]

上記の医療現場による分類だけでなく、一方で病因論身体論の体系に分類の根拠を求める場合がある。

近代医療は、強く制度化されていることもあり、あたかも一枚岩の単一な医療であるという認識が持たれることもあるが、多様な理論の複合体であり、個々の医療従事者による実践も多様性に富んでいる[2]

近年、通常医療の代わりの医療という意味で「代替医療」、一方で通常医療を補完する医療という意味で「補完医療」という言葉が使われるようになっており[4]、これらは『補完・代替医療』と呼ばれることも多い。そこには伝統医学から民間療法、宗教的実践まで様々な療法が含まれている。補完・代替医療は生命自然治癒力を活性化させることを目的とし、得意としている、とアンドルー・ワイルは説明している[5]。 なお「代替医療」という呼称については、「日本では東洋医学が主流医学であるので、この欧米式の表現は日本の状況には馴染まない[6]」と指摘する人もいる。東アジア諸国では伝統中国医学(東洋医学)を源流と持つ漢方医学や、韓医などの医師が公的に認知された専門職セクターとして受容されており、西洋医療と比較的良好な関係を持っている[7]。また、欧米においても(後述するように)利用頻度が逆転した状況が続いており、「[要出典]将来的には、西洋医学に ”通常医療”という表現を当てることが、状況にそぐわないものと見なされる可能性がある」と言われることがある。 、

医療のセクター区分・分類と、それぞれの場において行われる医療行為が、実際に治療効果があるかどうかは別の問題である。通常医療でさえ根拠に基づいた医療(EBM)は半分以下しか行われておらず[8]、(特に日本などでは、EBMに必要な大規模調査がそもそもあまり実施されておらず[9])、実は医局や病院の慣習などといった怪しげなものに支えられており、ある分野の治療法群に対してようやくEBMの調査が行われると、多くの場合、長年医師らによって良いと信じられて用いられてきた”治療方法”(=医師が治療だと信じたがっていた何らかの行為)が、統計的に見れば害する割合のほうが大きいとか、そこまでひどくなくても、実はプラシーボ効果以上の効果は無かった、などと判明することがしばしばである。

通常医療(西洋医学)は、自然治癒力を活性化させることを最も苦手としている[5]アンドルー・ワイルは指摘した。 通常医療において使われている概念はせいぜい「免疫」や「恒常性」であり、ふつう医学事典に「自然治癒力」という項目は存在しない[10]といったことは定方昭夫の文献でも指摘されている。 さらに言えば『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』の記事でフランツ・インゲルフィンガーが「医師がかかわった病気のうち85%は、”自己完結的”(実は医師が関わらなくても、自然に治癒してしまうもの)である」と記しているように[11]、(西洋医学では言語化自体ができないでいるが)実際には人体には明らかに「治癒系」と呼べるものが存在している、と指摘されている[11]。結局、西洋医学は「循環系」や「消化系」や「神経系」などの系については理解してそれを言語化できているにもかかわらず[11]、その同じ西洋医学が、治癒系については全然理解しておらず[11]、概念化・言語化すらできていない、ということなのである[11]。例えば医学事典でも「治癒系」という項目すら立てておらず[11]、西洋医学では医学校(医学部)の履修内容でも「解剖学」「内分泌学」「物理学」「化学」などの科目は存在するのに[11]、現に明らかに生体に備わり存在している、病気からの回復を実現しているしくみ(系・システム)について教える科目が最近までただのひとつも存在していなかった[11]と指摘されている。西洋医学の教育体系では、治癒系がひとつの統合されたシステムとして教えられていない[11]。治癒系のごく一部の機能が(例えば免疫などが)、バラバラの科目の中でバラバラに教えられているにすぎない、というおかしな教育体系になっている[11]と指摘されているのである。

なお民間セクターや家庭内の医療の場合は、そもそも網羅的統計資料に乏しくその治療実態はあまり明らかになっていない。あくまで網羅的ではなくて、そのごく一部だけを恣意的にピックアップし調べた研究にすぎず代替医療を網羅していない[12]が、著者が恣意的に選び調べた治療についてはほとんど効果が無いとの結論を得て[12]、それを一般化までして「代替医療には一部に効果が期待できるものもあるが、大半はプラシーボ効果以上の効果が期待できない[12]」とまで主張する本が出版され、それをきっかけにして代替医療のみならず医療全般に関する議論を呼んだ。

歴史[編集]

医療・医学の分野にもこうした動向の影響はあり、「癒しのart(わざ)」であった伝統的な西洋医学には、テクノロジーが持ち込まれ、「機械医療」へと変容した[13]。 人々の「科学医療」「機械医療」に対する素朴な崇拝・信仰の状態は、1960年代まで続いた[14]

以下に示されるように、1960年代以降には、医療の効果を否定する資料が整い、医療が健康被害を与えていることが明らかになった。(下記に詳述)。

1971年アメリカ公衆衛生学会英語版会長で、ハーバード大学教授のカースは、衛生統計を分析し、次のように指摘した[14]

"現代医学の感染症予防措置や治療が、人々の平均寿命に寄与した" などと思うのは全く根拠が無い医学的な措置・治療ではなく、むしろ環境栄養の改善のほうが大きな役割を果たしたのである

また、次のような第三者による客観的なデータが現れるようになった[* 1]

  • 1973年にイスラエルで医師のストライキが決行された時には、診察する患者の数を1日あたり6万5000人だったところを7000人に減らした。そしてストは1ヶ月続いた。エルサレム埋葬協会によると、医師のストライキの期間中、人々の死亡率が半減したという。イスラエルでこれほど死亡率が減少したのは、1950年代に医者がストライキをした時以来である[15]
  • 1976年、コロンビアの首都ボゴタで、医師たちが52日間のストライキを行い、救急医療以外はいっさいの治療を行わなかったところ、ストライキの期間中、死亡率が35%低下した[16]という。コロンビアの国営葬儀協会は「事実は事実である」とコメントした[15]
  • 同じ1976年、アメリカ合衆国のロサンゼルスでも医者らがストライキを行った。この時は、死亡率が18%低下した。ストライキの期間中、手術の件数は60%減少していた[17]。そして、医師のストライキが終わり、彼らが医療活動を始めると、死亡率がストライキ以前と同じ水準に悪化した[16]

クエンティン・ヤング博士(en:Quentin_Young)は、医者らが医療という名目のもとで組織的に大量の人間破壊(大量殺人)を行っていることを指摘して、それを医療による大量殺戮と呼んだ[15]

ロバート・メンデルソンen:Robert_S._Mendelsohn)は「医師のやっていることのかなりの部分が、人を死に至らしめる行為なのである[15]。」と警告した。ただし、ロバート・メンデルソンは救急医療の価値については認めており、「医者はその医療行為の9割は行うのを止めて、救急医療だけに取り組めば、人々の健康状態は間違いなく改善されるはずだ」と評価した[15]

1977年、アメリカの社会評論家イヴァン・イリイチは「現代の医学は健康改善にまったく役立っていないばかりか、むしろ病人をつくり出すことに手を貸しており、人々をひたすら医療に依存させるだけである」と警告し、そのような状況を「医原病」と呼んだ[18][* 2]

1977年[19]、医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンの主幹のフランツ・インゲルフィンガー英語版は、現代医療が人々の疾病の治療に一体どのような役割を果たしているかを分析・検討し、次のような結果を得て発表した[20][21]

  • 医療によって、疾患の予後[* 3]に影響がなかった(=効果がなかった)ケース  80%
  • 医療によって、疾患の予後が好転または治癒したケース 11%
  • 医療によって、疾患の予後が悪化したケース 9%

一流医学誌のデータでこれが判明した。

イヴァン・イリイチらによる、医療の実態の指摘と、その改善を提唱する社会医学者と公衆衛生専門家による努力は、1984年の世界保健機関による医療の再設定の提唱に結実した[22]

補完・代替医療の時代[編集]

1993年、アメリカ合衆国の人々が補完・代替医療に支払った費用は、西洋医学の病院に支払った費用を上回った[23][5]。つまり、アメリカ合衆国では、西洋医学の医療(過去となった「通常医療」)よりも、補完・代替医療のほうが好んで利用されている。また、時代を先導してゆく人たち[* 4]ほど、補完・代替医療を高く評価し、積極的に利用している[5]

人々は西洋医学を見限り代替医療に移ったといえるのではないか、と医師の帯津良一は述べた[24]。また、近年では補完・代替医療の存在感が増している[5]、とか脚光を浴びている[4]、と言われている。米国では最近では医師たちもおよそ半数が代替医療を支持しているという[24]


医療の再設定[編集]

医療の再設定とは、健康づくりのためのオタワ憲章にて提唱された、医師の教育と訓練の転換についての提言である[22]

1974年にカナダ保健省から公開されたラロンド・レポートは、健康に影響を及ぼす要因として、生物学、環境、生活様式そして医療へのアクセスという4つの医療領域を提案し[25]、医療へのアクセスの重要性について、具体的な評価を下した。これらの医療領域と健康への影響は、アメリカ保健教育福祉省のヘルシー・ピープル (1979年) やイギリス保健社会保障省のブラック・レポート (1980年) おいても追認された[26][27]

1984年、世界保健機関健康づくり国際会議を開催し、健康に影響を及ぼす要因を健康の前提条件として整理すると、5つの活動領域の1つとして医療の再設定を掲げ、保健部門に携わる人々に、臨床的治療的業務を果たす責任から離れ、健康づくりへ向かうよう呼びかけた。

医療の再設定の流れは、マイケル・マーモットリチャード・ウィルキンソンらによる健康の社会的決定要因 (1998年) の整理により健康社会を結びつける現実的かつ政策的な概念[要出典]として成熟し、各国の政策に取り込まれるようになってきている。

医療従事者(医療者)[編集]

医療者という職種は、病気や障害を持った人に、専門的知識と技術を行使し、その人がその人として生活できるよう手助けする職種だと考えられる。「病気を診ずして、病人を診よ」という某医科大学の理念になぞらえて、病をもった人の生活を支援することが医療者の仕事、と定義することもできるであろう[28]

医療者としては医師、看護師、理学療法士、作業療法士、介護福祉士 等々等々を挙げることができる[28]。(詳細は医療従事者日本の医療・福祉・教育に関する資格一覧を参照のこと)

医療の下位分類[編集]

医療施設[編集]

以下に医療施設の例を示す。(日本の医療法上の医療機関と完全に一致していないことに注意)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 医師は、自分にとって都合が悪いデータは、偽りの分類をしたり偽りの報告をすることで隠蔽・改ざんする習性があるので、医師の手によるデータ・統計類は信頼できない、ともいう。(ロバート・メンデルソン 1999)
  2. ^ イワン・イリイチは著書で「そういった事態に直接の責任を持つ医療従事者の免許制度を廃止せよ」とも述べた。
  3. ^ 予後とは、ここでは病気の「経過」あるいは「その後の状態」のこと(新谷富士雄『ヒトはなぜ病気になるのか』PHP研究所、190頁。ほか)
  4. ^ 学歴が高い人、収入の多い人、知識人層など

出典[編集]

  1. ^ 佐藤純一 「医学」『医療社会学を学ぶ人のために』 進藤雄三、黒田浩一郎、世界思想社、1999年
  2. ^ a b 池田光穂 「世界医療システム」『医療社会学を学ぶ人のために』 進藤雄三、黒田浩一郎、世界思想社、1999年
  3. ^ アーサー クラインマン 『臨床人類学―文化のなかの病者と治療者』 大橋英寿, 作道信介, 遠山宜哉 , 川村邦光訳、弘文堂、1992年(原著1980年)。
  4. ^ a b 鈴木信孝「補完代替医療の展望」、『全日本鍼灸学会雑誌』第56巻第5号、2006年、 p.693-701。
  5. ^ a b c d e アンドルー・ワイル『ワイル博士の健康相談 (1) 自然治癒力』pp.139-141
  6. ^ 『国際「統合医療」元年―第1回国際統合医療専門家会議公式記録集』日本医療企画、2004年
  7. ^ 大貫 恵美子 『日本人の病気観―象徴人類学的考察』 岩波書店、1985年
  8. ^ 米山公啓『医学は科学ではない』
  9. ^ 米山公啓『医学は科学ではない』
  10. ^ 定方昭夫 『宗教学と医療』 黒岩卓夫、弘文堂、1991年
  11. ^ a b c d e f g h i j スティーヴン・ロック 『内なる治癒力』 創元社、1990年
  12. ^ a b c サイモン・シンエツァート・エルンスト 『Trick Or Treatment?: Alternative Medicine On Tria(邦題)代替医療のトリック』 青木 薫訳、2010年ISBN 9784105393052
  13. ^ 日野原重明『現代医学と宗教』岩波書店
  14. ^ a b 新谷富士雄『ヒトはなぜ病気になるのか』PHP研究所、190頁。
  15. ^ a b c d e ロバート・メンデルソン 1999.
  16. ^ a b ロバート・メンデルソン 1999, p. 186.
  17. ^ カリフォルニア大学ロサンゼルス校の医療行政研究者ミルトン・レーマー(en:Milton I. Roemer)教授の17の主要病院の調査による
  18. ^ イヴァン・イリイチ『脱病院化社会 医療の限界』
  19. ^ "1988年"はおそらく誰かのタイプ入力ミス。インゲルフィンガーの調査発表は1977年と推定される出典あり。
    • 手島 恵「連載 ものの見方・考え方と看護実践(2) 新しい世界観とは何か?」1998年 [1]
    • 今中孝信「賢い患者になるためのABC」明城文化フォーラム21・講演会、2004年 [2]
  20. ^ 新谷富士雄『ヒトはなぜ病気になるのか』PHP研究所、190頁。
  21. ^ Health: a matter of statistics or feeling. Ingelfinger FJ. N Engl J Med. 1977 Feb 24;296(8):448-9. PMID 264598
  22. ^ a b 健康づくりのためのオタワ憲章PDF形式(世界保健機関)
  23. ^ ハーバード大学のアイゼンバーグ博士の調査
  24. ^ a b 帯津 良一『お医者さんがすすめる代替療法―病院ガイドつき アトピー、糖尿病、ガン…治らないといわれたら読む本』学習研究社 2006 ISBN 4054030769
  25. ^ カナダ人の健康についての新たなる展望(カナダ保健省)
  26. ^ ヘルシー・ピープル (1979) 全文(米国国立医学図書館)
  27. ^ ブラック・レポート(Socialist Health Association)
  28. ^ a b 『医療入門 よりよいコラボレーションのために』第二章

参考文献[編集]

  • ロバート・メンデルソン 『医者が患者をだますとき』、1999年ISBN 4794208545 
  • 『医療入門 よりよいコラボレーションのために』医学書院 2006年

関連項目[編集]

研究・育成

医療の質[編集]

低品質問題[編集]

品質向上・倫理[編集]

医療経済学[編集]

法律[編集]

医療と行政[編集]

医療を題材とした作品[編集]

医療に関連するその他[編集]

外部リンク[編集]