一般外科学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

一般外科学(いっぱんげかがく、: General surgery)とは外科学の一分野。

欧米等においては、消化器外科学とほぼ同義の分野名。


外科学は歴史的に、「腹部の手術」すなはち「消化器系等の手術」を基礎原点としており、日本で消化器外科学と称されている分野は、欧米等では消化器外科学とは称さずに「General Surgery(一般外科学・総合外科学)」と称していることが多い。日本の病院でも「一般外科」または単に「外科」と言う名称であれば主に消化器外科を扱うことを指す。

また、欧米等の「General Surgery(一般外科学)」には消化器外科学以外に、外傷を取り扱う「Trauma surgery(外傷外科学)」という分野を含む場合も多いが、これは日本ではあまり専門特化はしておらず、外傷の部位別に脳神経外科学胸部外科学消化器外科学整形外科学等でそれぞれ取り扱われることが多い。


一般外科学が取り扱う領域は以下の通り。詳細は各項目の記述を参照。