伝統医学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

伝統医学(でんとういがく)は、現代の医学が発達する以前から存在する世界各地の文化圏伝統の医学体系の総称。一般的には、三大伝統医学とそこから派生した各地の医学を指す。

三大伝統医学[編集]

  • ユナニ医学(ギリシア医学を起源とし、アラビア文化圏・イスラーム勢力圏で発展した伝統医学。ヨーロッパでも19世紀まで行われた。)
  • アーユルヴェーダ(北インドを中心に発展した伝統医学。チベットや東南アジアの医学に影響を与えた。)
  • 中国医学(中医学。中国地域に伝わる伝統医学。漢方(和法、日本の伝統医学)、東医学(韓医学、朝鮮半島の伝統医学)などに影響を与えた。)

その他[編集]

  • チベット医学:アーユルヴェーダから派生。ギリシャ医学と中国医学からも多くの理論・技術を取り込んでいる。
  • モンゴル医学:薬物療法の理論は主にチベット医学によるが、その他に独自の食餌療法や外科的治療を行う。
  • 漢方医学:中国医学から多くの理論・技術を取り込んでいるため、混同されやすい。中国伝統医学が日本で独自に発展したもの。
  • シッダ医学:南インドタミル地方の医学で、インド、アーユルヴェーダの起源とも言われる。ハーブだけでなく水銀をはじめ金属、鉱物を薬物として利用する。
  • 南アフリカの伝統医療英語版:伝統的治療者としては、植物性・動物性の薬ムーティ(英語版)を用いて治療を行うイニャンガと、祈祷や呪術による治療を主に行うサンゴマが存在する[1][2]
  • 呪術医:主に少数民族などを中心としたシャーマニズム社会に於いて、医療を担当する役職の者を呪術医と呼ぶが、彼等の使用する薬草などに対し、民俗学文化人類学に加え、薬物学上からも関心が寄せられている。

出典[編集]

  1. ^ 伝統療法師 政府も活用 暮らしの知恵―下 朝日新聞デジタル 2010年10月20日
  2. ^ 予言タコも顔負け 南アフリカ式W杯の占い方 朝日新聞デジタル2010年7月21日

外部リンク[編集]