アーユルヴェーダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アーユルヴェーダサンスクリット: आयुर्वेद[1])はインド大陸の伝統的医学で、その名は生気、生命を意味するサンスクリット語の「アーユス」[2]と知識、学を意味する「ヴェーダ[3]の複合語である。現代西洋でいう医学のみならず、生活の知恵、生命科学哲学の概念も含んでいる。約五千年の歴史があり、チベット医学や古代ギリシア、ペルシアの医学等にも影響を与えたといわれており、インド占星術とアーユルヴェーダも深い関わりがあるとされている。「ヴァイシェーシカ」や「サーンキャ」を基礎においている。

現在、世界各地で西洋医学の代替手段として利用されている。

健康の基本的な考え方[編集]

心、体、行動や環境(西洋医学の父といわれるヒポクラテスも重視した)も含めた全体としての調和が健康にとって重要とみる。アーユルヴェーダでは病気になってしまってからそれを治すことより、病気になりにくい心身を作ること、病気を予防し、健康を維持するという「予防医学」の考え方に立っている。アーユルヴェーダは人間の身体を構成するパンチャブータ(五つの幽霊という意味。水は土を突き抜けていくように、古代インドでは、物質は見た目だけの粗大な構造物だと考えられていた。)つまりプリティヴィー(土)、アープ(水)、テージャス(火)、ヴァーユ(風)、アーカーシャ(空間)の形而上学に基づいて作られている。これらのより良いバランスを保つことにより、より具体的には、トリドーシャ(3大基本エネルギー要素の意)つまりヴァータ(気質:風と空気の複合元素)、ピッタ(胆汁酸:火と風の複合元素)及びカパ(痰:水と土の複合元素)のバランスが取れていること、各ダートゥ(肉体の「7つの構成要素」の意)がきちんと消化されていること、不快な状態がないことなどが健康の条件となる。

トリ・ドーシャ(3つの元素)[編集]

トリドーシャ त्रिदोष(3つのドーシャ दोष)説は、鉱物、植物、動物、人間および環境世界はヴァータ वात ・ピッタ पित्त ・カパ कफ という3要素を持っているとする説。人間は個人により3要素の強さの違いがあり、性格や体質の違いとして現れるという。また、それに合わせた食生活病気の治療法があるという。各ドーシャにおいて、ヴァータは「空・風」、ピッタは「火」、カパは「水・地」、を表している。ドーシャは1日のなかでカパ、ピッタ、ヴァータの順で変化のサイクルがあり、1年のなかでもサイクルがあり、人の一生の中でも変化する。また、食べ物や行動などでも変化する。

サプタ・ダートゥ(7つの構成要素)[編集]

  1. ラサ(血漿)
  2. ラクタ(乳糜、にゅうび)
  3. マーンサ(筋肉)
  4. メーダ(脂肪)
  5. アスティ(骨)
  6. マッジャー(骨髄)
  7. シュックラ(生殖組織)

食べ物は以上の順で代謝されていくという。そして最終的に、オージャス(活気)となり、生き生きとした健康な状況を生み出すとする。

これらのダートゥを変換するためにはアグニ(消化の火)が働く。アグニが正常に働かないとアーマ(未消化物)が生成され、またマラ(老廃物)の生成と排泄に異変が起きる。

診断[編集]

診断を大きく分けると、

  1. 問診(プラシュナ)
  2. 触診(スバルシャナ)
  3. 視診(ダルシャナ)
  4. 聴診(サブタ・パリクシャー)

に分類できる。

視診には、舌診(ジフワ・パリクシャー)、眼での診断(ネトラ・パリクシャー)など、触診には、脈診(ナーディ・パリクシャー)、他に便や尿、痰などの排泄物でも診断を行う。

浄化法・治療法[編集]

アーユルヴェーダの浄化法は可能な限り身体に負担を掛けないように時間を掛けて、過剰なドーシャやアーマを身体外に排泄させるために1.前処置→2.中心処置→3.後処置の順番で施される。

  1. 前処置 プールヴァカルマ
    • アーマパーチャナアーマ(毒素)の消化法
    • スネハナ・カルマ油剤法
    • シローダーラー頭部の浄化、中枢神経の強壮、精神疾患などの治療
    • アビヤンガ(= Abhyanga とは塗布する意・オイルマッサージのこと)塗布するオイルの種類によって目的が違う
    • ピリツイル(スネハナカルマ + スウェーダナ・カルマ(発汗法のこと) / 王様の治療法と呼ばれ、熱い数リットルのオイルを全身に振り掛けマッサージする。麻痺、リューマチなどの難治性疾患に効果がある)
    • エラキリ(スネハナカルマ+スウェーダナ・カルマ / 関節痛、リューマチに効果がある)
    • ナバラキリ(スウェーダナカルマ)ナバラライス(薬米)と Bala などの生薬と牛乳を使用する
  2. プラダーナ・カルマ 中心処置 パンチャカルマ
    • ヴァマナ(催吐法・主に胃・肺・食道・喉の浄化を目的とする):Vaman
    • ヴィレチャナ(催下法、下剤):Virechan
    • バスティ(浣腸法):Basti
    • ナスヤ(点鼻法・主に喉・頭部・顔面を浄化する事を目的とする):NavanNasya
    • ラクタ・モークシャ(瀉血療法):Rakta Moksha
  3. 後処置 パシュチャートカルマ

8部門[編集]

  • 治病医学
    • 内科学(カーヤ・チキッツァー)
    • 小児科学(バーラ・タントラ)
    • 精神科学 = 鬼人学(ブーダ・ヴィディヤー)
    • 耳鼻咽喉科及び眼科学(シャーラーキャ・タントラ)
    • 外科学(シャーリャ・チキッツァー)
    • 毒物学(アガダ・タントラ)
  • 予防医学
    • 老年医学 = 不老長寿法(ラサーヤナ)
    • 強精法(ヴァジーカラナ)

思想的背景[編集]

『チャラカ・サンヒター』では「バラドヴァージャ」という仙人がインドラ神に赴き、アーユル・ヴェーダを受け取ったと述べられている。『チャラカ・サンヒター』は『アタルヴァ・ヴェーダ』を根拠とし、三人の仙人が風、水、火について述べることで三元素を解説している。学術的には、チャラカ・サンヒターは2世紀頃に成立し(文献と成立年代は矛盾しているが、不祥の太古、無限遠、未来を説明する場合であっても、便宜的に数字を置く慣行がある。仏教も同様である。)、第1巻第1章はヴァイシェーシカ学派、第3巻第八章はニヤーヤ学派、第4巻第一章はサーンキヤ学派の思想が反映されていると評価されている。 太古に完成したサンヒターに基づく技術のために進歩が否定されているように見えるが、実際にはアーユルヴェーダの薬草類には8世紀から19世紀の文献のものも含まれ、ムガール帝国時代にイスラム医学が取り入れられ医学的な進歩を享受するなど、太古のヴェーダの権威を残しつつ、柔軟に折衷されている。

日本での現状[編集]

近年は、ヨーガと並んでインド式美容、インド式セラピーの方法論として女性向けの雑誌・エステなどで取り上げられることが多く、人気のセラピーとして知られている。だが、語感や視覚イメージから来る神秘性、重厚さ、伝統的な雰囲気だけを利用した紛い物も存在する。アーユルヴェーダではその理論に基づいた多数の生薬を含んだオイル(100種類以上・生薬1:オイル4:水16の割合で作られる)が使用されるが、日本のサロンのほとんどではシローダラー(額のチャクラに垂らす)を胡麻油やアロマオイルで行っている。

また仮に、日本国内で正式なアーユルヴェーダを実行しようとしても、パンチャカルマ(浣腸法)などは医療行為に当たるため、施すことができない。治療を行えるのは医師だけである。また最近、ネトラタルパナ(点眼)で眼病を引き起こしたり、カーナプラーナ(点耳)で難聴を引き起こす可能性があるため、これらの施術を行っているサロンは医師法に抵触している可能性がある。その他、なんらかの薬事効果や治療効果を謳った場合も同法ないしは薬事法に抵触する。 厚生労働省及び保健所はネトラタルパナ(点眼)は医師法違反になるとの見解である

脚注[編集]

  1. ^ ラテン文字化:aayurveda
  2. ^ : आयुस्(ラテン翻字:aayus
  3. ^ : वेद(ラテン翻字:veda

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • クリュシナ・U・K著 『アーユルヴェーダ入門』東方出版
  • 上馬塲和夫、西川眞知子『インドの生命科学 アーユルヴェーダ』農山漁村文化協会、1996年4月 ISBN 4540950878
  • 青山圭秀『大いなる生命学―アーユルヴェーダの精髄』、三五館、1997年12月 ISBN 4883201341
  • シャンタ・ゴーダガマヤ『アーユルヴェーダハンドブック』上馬場和夫、西川眞知子、日高陵好訳、日経BP社、1998年9月 ISBN 4822290905
  • デイビッド・フローリー、ヴァサント・ラッド、上馬塲和夫『アーユルヴェーダのハーブ医学 東西融合の薬草治療学』出帆新社、2000年5月 ISBN 491549747X
  • 蓮村誠『ファンタスティック・アーユルヴェーダ 新訂2版』 知玄舎、2010年9月、ISBN 4434140450
    • 蓮村奮『ファンタスティック・アーユルヴェーダ 新訂版』 知玄舎、2002年7月 ISBN 4434022369
  • 幡井勉『新版 アーユルヴェーダの世界―統合医療へ向けて』出帆新社、2003年10月 ISBN 486103003X
  • 『アーユルヴェーダ ススルタ大医典』クンジャ・ラル・ビシャグラットナ、鈴木正夫、伊東弥恵治訳、人間と歴史社、2005年10月 ISBN 489007158X
  • 西川眞知子『アーユルヴェーダ入門 インド伝統医学で健康に!』地球丸、2006年3月 ISBN 4860671244
  • 『黄金のアーユルヴェーダ・セルフマッサージ』臼井孝治、蓮村誠監修、河出書房新社、2006年12月 ISBN 4309280781
  • ゴピ・ウォリアー、カレン・サリヴァン、ハリッシュ・ヴァルマ『実践アーユルヴェーダ』大田直子訳、産調出版、2007年3月 ISBN 4882826089
  • デイヴィッド・フローリー、スバーシュ・ラナーデ、アヴィナーシュ・レーレ著、上馬塲和夫著・監修『改訂 アーユルヴェーダとマルマ療法』西川眞知子監修、大田直子訳、産調出版、2009年3月 ISBN 4882826976
  • 石井泉『思いが変われば運命が変わる-アーユルヴェーダを取り入れた74の生き方ヒント』東宣出版 2011年12月 ISBN 9784885880735

外部リンク[編集]