噴門形成術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

噴門形成術(ふんもんけいせいじゅつ、: fundoplication)とは、食道噴門を形成する手術のこと。逆流性食道炎に対する外科手術で、一般にNissen法が知られており、Nissen手術とも言われる。多くは腹腔鏡を用いて行われ、腹腔鏡下逆流防止手術Laparoscopic antireflux Surgery: LARS)とも言われる。

1955年に、Rudolph Nissen(ドイツユダヤ人)により初めて発表された。その後、ヒスタミンH2受容体拮抗薬プロトンポンプ阻害薬の発明により、内科治療がメインに行われるようになってからは、施行される頻度は少なくなってきている。

術式[編集]

  • Nissen法
  • Toupet法

関連項目[編集]