代替医療

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

代替医療(だいたいいりょう、: alternative medicine)とは、「通常医療の代わりに用いられる医療」という意味が込められた用語である。代替医療は「補完医療」、「相補医療」とも呼ばれる。Medicineは医療とも医学とも訳されることがあるので「代替医学」とも呼ばれる。その一方で、補完医療(ほかんいりょう、complementary medicine)とは「通常医療や代替医療に取って代わるものではなく補完する医療」という意味が込められた用語である。米国でも日本でも学会等正式の場では代替医療と補完医療を総称して「補完代替医療」(Complementary and Alternative Medicine: CAM) の名称が使われることが多い。

通常医療と補完代替医療の2つを統合した医療は「統合医療」と呼ばれる。

もともとは欧米から発信されている用語であり、欧米での医療の歴史が反映している概念である。

分類[編集]

WHO[編集]

WHOの業務地域。伝統医療についての方針・規制を定めるため、WHOはテクニカルガイドラインを出版し、また自然薬の評価規制作成している。

世界保健機関は2000年に「伝統医療の研究・評価の方法論の一般的ガイドライン(General Guidelines for Methodologies on Research and Evaluation of Traditional Medicine)において、補間代替医療を「該当国の伝統に基づいており、かつ主流の医療制度に統合されていない医療技法」と定義している[1][2]

たとえば欧州ではいくつかのハーブ療法は主流となっているが、しかし米国では代替療法とされている[3]

米国NCCAM[編集]

アメリカ国立衛生研究所 (NIH) に属する国立補完代替医療センター (NCCAM) は以下のように分類している[4]

代替医学システム alternative medical systems または Whole Medical Systems
完全な理論体系と実践体系を持つもの。林のいう伝統医学にあたる
心身医療的システム mind-body interventions
心理面からの働きかけによって身体機能や症状に介入しようとするもの。瞑想法芸術療法などを含み、代替医療と見なされるものと現在では主流医療に取り込まれたものが含まれる
生物学的治療法 biologically based therapies
ハーブ類や、サプリメントなどの物質を利用したもの。民間薬などと呼ばれる物がふくまれる。
手技療法や身体を介する方法 manipulative and body-based methods
カイロプラティックや温熱療法など身体の部分や一部に接触することによる治療法
エネルギー療法
1.バイオフィールド療法:気功レイキなど科学的に証明されていない人体の周囲や内部に存在するとされたエネルギー場に作用させる治療法
2.生体電磁気療法:電磁気刺激を通常医療とは異なる方法で使用する療法

日本[編集]

林義人は、代替医療を全て分類しきることは困難であるが以下の4つのタイプに大まかに分類できるであろうと述べた[5]

伝統医学
伝統中国医学韓医学[6]アーユルヴェーダ(インド医学)、ユナニ医学(en:Unani)等、数百年以上の長きに渡り、それぞれの国家において多くの伝統医師により研究・継承されてきた歴史・伝統があって、奥深さや広がりを伴った体系を持っており、各国の国民の健康を長らく支えてきた実績のあるもの。近代以降、現代西洋医学が前面に出てくるまでは、むしろこちらが主流であったもの。
民間療法
国家的な広がりまではなく、小集団によるもの。歴史があるものも、最近登場したものもある。アメリカで発祥したカイロプラクティック。アメリカでは国家資格として扱われており、 資格を持つ者は doctor of chiropractic と呼ばれる。、オステオパシー、大正時代に日本で発祥し、欧米で先に普及したレイキなど。
栄養にまつわる療法
食餌療法の延長として、効果を期待するもの。特定の食事、食事法のこともあれば、食事成分のこともある。食事成分の場合、完全に同一成分の錠剤を摂取しても保険制度を利用すれば通常医療という位置づけである。
最先端治療法
西洋医学の医師によって研究され、一部では用いられた例はあったとしても、その時点ではまだ大半の医師からは標準的な治療としては認知されていないもの。例えば、1990年の日本における腹腔鏡手術など。

ただし、日本では歴史的に見ればむしろ東洋医学が主流医学であり現在でも用いられているので、東洋医学を代替医療に含めてしまうような欧米式の分類は日本の状況には馴染まない点があると指摘する人もいる[7]

各国での状況[編集]

欧米の先進国において代替医療の利用頻度が急速に増加している[8]1990年代以降に代替医療への関心が高まっており、さらに代替医療の科学的研究に大きく予算が配分され政策として実行されてきた。

実際に使用されている代替医療の種類はアメリカと日本ではかなり異なっている[9]。例えば複数回答可のアンケート調査の結果のそれぞれ上位3を見てみると、米国では1位がリラクセーション 16.3%、 2位 ハーブ 12.1 %、 3位 マッサージ 11.1%であり、日本では1位 サプリメント 42.0%、 2位 マッサージ 31.2 % 、 3位 リフレクソロジー 20.2 %の順になっている[9]

アメリカ合衆国[編集]

利用状況[編集]

1993年、デービッド・アイゼンバーグ博士(ハーバード大学代替医学研究センター所長)はアメリカ合衆国国民の代替医療の利用状況についての調査報告を発表した。この調査は、この研究センターが研究している16種類の代替医療に関してのみを調査対象にしていた[10]。 16種類に限定していたにもかかわらず、利用状況は医師らの予想をはるかに超えていた[11]

1990年時点で、これら16種類の代替医療を受けたアメリカ国民は全国民の34%に達していた。代替医療の機関(治療院、ルームなど)への外来回数はのべ4億2700万回に達していた。この数はかかりつけ開業医への外来3億3800万回を超えていた[12]

この調査で、学歴が高い人、収入の多い人、知識人層など時代を先導してゆくとされる人たちほど、代替療法のほうを評価し、積極的に利用している、ということも明らかになった[13]

1997年の調査では代替医療への外来回数は6億2900万回になり、1990年の調査時のおよそ1.5倍に増加した[14]

研究と教育体制[編集]

日本、韓国、中国などでは正規の病院で漢方薬が処方されるが、アメリカでも10を超える州で医学的に効果の証明されたものには保険が適用されている。ただし、ホメオパシーなど現在でもその効用が実証されていないものは除外されている。

1992年、国民の利用関心を背景としてアメリカ国立衛生研究所(NIH)にアメリカ国立補完代替医療センター(NCCAM)が設置された。

当初の年間予算は200万ドルであったが、現在では1億ドル以上の予算が割り当てられている[8]。全米の医科大学・医学ラボなどでの代替医療研究を振り分け、政府予算も割り当てられている。2000年にはホワイトハウスに補完代替医療政策委員会が設置された。代替医療の教育について、全米の医学生が少なくともひとつの代替医療を並行して学べる体制を各医学部が備えていることが望ましいとして、国立衛生研究所では公式に推奨している。そのような代替医療教育体制は全米の医科大学の50%以上で既に実施されている。1998年の段階でも、全米125医学校中75校が非西洋医療の講座・単位を持つようになっていた。医学生の側も80%余りが代替医療を身に着けたいとアンケートに答えている。

ジョージタウン大学は代替医療教育において初めて正規課程(修士課程)を定めた学校であり、国立衛生研究所が目と鼻の先にあることもあり、多くの代替医学研究がされている。また、アリゾナ大学の医学教授アンドルー・ワイルにより西洋医学による医療と代替医療とをあわせた統合医療が教育実践されている。

イギリス[編集]

1983年、王室基金の援助で代替医療などの研究を行う、補完医療研究委員会英語版(RCCM)が設置される。

1991年イギリス保健省は医師が効用が医学研究者によって科学的に証明された代替医療の場合は治療家を雇用することが保険適用できることにした。

ウェールズ公チャールズの案で、5か年計画で国家レベルでの代替医療の研究が進められている[8]

2004年3月、西洋医学や中医学による鍼灸ハーブ療法の治療について資格制度ができることになった[15]。これは英国保健省とチャールズ皇太子のThe Prince of Wales's Foundation for Integrated Health が制度化に向けてすすめてきた[15]

英国国立医療技術評価機構(NICE)の診療ガイドラインでは、緊張性頭痛への適用に鍼灸が提案されている[16]

しかしホメオパシーについては、2010年2月22日の庶民院科学技術委員会(House of Commons Science and Technology Committee)について「ホメオパシーはプラセボと同程度の価値しかなく国家が国民保健サービス(NHS)とするに値しない」と結論づけ[17][18][19]、保険適用は国ではなく地元のNHSと医師の判断に委ねられた[20][21]

ドイツ[編集]

日本補完代替医療学会によって、主要先進国では最も代替医療が活用されていると報告された[8]

アジア全般[編集]

日本、韓国、中国などでは正規の病院において東洋医学による治療が行われており、漢方薬が処方されている。

日本[編集]

日本で代替医療の歴史をさかのぼるということは、伝統医学等の歴史をさかのぼるということになるので、その起源を明らかにすることは困難な面がある[9]。 近年では西洋医学の視点から代替医療を検証しようとする動きがあり、1997年に日本代替医療学会(現 日本補完代替医療学会)が創設された。会員数は約1000名で、会員構成比率上位を5つを挙げると内科医、外科医、薬剤師、産婦人科医、小児科医となっている[9]。1998年には日本代替・相補・伝統医療連合会議が、2000年には日本統合医療学会が設立された[22]。漢方医学は日本の伝統医学なので以前から日本の大学医学部において講座が設置されていたが、2002年3月には補完代替医療学講座という名称では初となる講座が金沢大学に誕生した。日本ではさらに、北陸大学薬学部に代替医療薬学教室が、大阪大学大学院医学系研究科に生体機能補完医学講座が設置されている(2006年現在)[9]

具体例[編集]

日本で行われることがある代替医療の具体例としては以下のようなものがある。

  • 東洋医学伝統中国医学漢方医学
    • ※ ただし、東洋医学(漢方医学)については、代替医学に含める見解も、含めない見解もある。上述のごとく東洋医学(漢方医学)を代替医療に含めてしまうのは日本の状況に馴染まない、歴史的に見ればむしろ東洋医学が主流医学である、と指摘する人もおり[23]、また、日本で多くの病院の医師(臨床医)などが手元に置いて治療法の選択時に参考とする『今日の治療指針 -私はこう治療している-』などでも、処方例の中に漢方薬も挙げており、医学部で西洋医学系の訓練を受けた医師も日常的に漢方薬を処方する例は近年増えており、日本ではいわば"通常医療"としての面も持っているので、これについてはやはり欧米風の単純な分類は馴染まない。
  • 鍼灸
  • 指圧柔道整復
  • その他の東洋の各種伝統医学
  • マッサージ
  • オステオパシーカイロプラクティックのような欧米発信の手技療法
  • アロマセラピー

また

鳩山由紀夫首相は2010年1月29日の施政方針演説で「統合医療の積極的な推進の検討」を表明した。これをうけて厚生労働省は、統合医療への保険適用や資格制度の導入を視野に、2月5日に統合医療プロジェクトチームを発足させた。プロジェクトチームは統合医療の研究がさかんなアメリカの国立衛生研究所のジャンル分けを参考に、中国医学アーユルヴェーダユナニ断食療法瞑想磁気療法オゾン療法気功を含んだ統合医療の日本国内での実態把握をはじめることにした[24][25]

注意点[編集]

一部のカルト集団が勧誘の手段として代替医療を行っている例もあるという[26]

ホメオパシーなどの一部の代替医療の喧伝には類感呪術感染呪術の手法が見られる場合があり[27]。、これらの手法に対する親和性の高い読者層をターゲットとした雑誌、書籍類(日本ではLOHASを採り上げる女性誌)において広く広告、喧伝が見られているという。

代替医療とエビデンス[編集]

補完代替医療に用いる薬物の科学的検証の手順などは、現代西洋医学でのそれとは異なっていることが多い[9]。現代西洋医学の場合では、新奇な物質を用いようとすることが多いわけなので、まず物質を同定してから細胞実験、動物実験、人体における臨床、という順で行われるが、代替医療の薬の場合は、すでに広く用いられているものが多く、古くからヒトで使用されており安全性が確認されているものが多いため、動物の安全性試験を通過したものは、臨床試験で本当に有用なのか判定した後に、物質の同定へと進むので、順序が異なるのである[9]。最近では補完代替医療の専門雑誌も数多く発刊されるようになっており、科学的なエビデンスが急速に蓄積されつつある[9]。eCAMという専門誌もあり、これは日本側の研究者らの提案によって発刊され、東洋医学の成果の投稿に適した国際誌であり、インターネットで無料で閲覧可能である[9]。(Evidence-based Complementary and Alternative Medicine[28]

代替医療の中には、鍼灸漢方薬用植物)・推拿のように、長い歴史の中で経験的に有用性が認められてきたが、近年改めて科学的実験・調査が行われ、有意な治療効果が見込めることが確認されるようになった療法もある。鍼灸・漢方といったような代替医療にもエビデンスを主体にした考え方も出てきており、また、WHOが1996年、鍼灸における適応疾患を起草したり、1997年、NIHの鍼治療の合意形成声明書が発表され[29]、西洋医学の補完代替医療へのアプローチも進んできている。

米国政府は補完代替医療の有用性を検証研究するため、米国NIHの下部組織として国立補完代替医療センター (NCCAM) を設立した。

イギリスにおけるリフレクソロジーのように、数年にわたる実データの蓄積を含む正規の科学的な検証を経たうえで、議会の承認を経て正規の保険医療に組み込まれ成果をあげているものもある(日本においてはまだ ”リラクゼーション”や「代替医療」扱いである)。

食事療法や健康食品のような分野は代替医療の中でも研究が行われにくいために、エビデンスが少ないと報告されている[30]。 米国では、食事療法や健康食品の使用については特定の疾患では注意した上で容認するというガイドラインがある[8]

サイモン・シンらが行ったEBM(科学的根拠に基づく医療)の手法を用いた調査では、「鍼灸はいくつかのタイプの痛みと吐き気には効いている」とされた。また同調査で、「カイロプラクティックは腰痛の治療にのみ有効性が認められる」「ホメオパシーについては、ほぼプラシーボ効果である」とされた。英国カイロプラクティック協会はサイモン・シンを訴えていたが、最終的に訴訟は取り下げられた[31]

プラセボ以上の医療効果が無いものまでも代替医療の範囲に含めるべきかについて議論がある。。 サイモン・シンらが行ったEBMの手法を用いた調査では、「カイロプラクティックは腰痛の治療にのみ有効性が認められる」、「ホメオパシーはほぼプラシーボ効果である」とされた。[31] ホメオパシーについては、イギリスの下院委員会も「ホメオパシーには偽薬以上の効果はない」として公的扶助の対象外(保険適用外)とすべきであると言う報告書をまとめた[32]

その他[編集]

日本国内では学会において認知されているが、厚生労働省など行政機関が法制度として定義するレベルに至っていない[要出典]


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 世界保健機関 2000.
  2. ^ Xiaorui Zhang. “Traditional Medicines: Definitions”. WHO website. Medicines (World Health Organization). オリジナルの2013-09-27時点によるアーカイブ。. http://www.who.int/medicines/areas/traditional/definitions/en/index.html 2012年11月11日閲覧。. 世界保健機関 2000を含む
  3. ^ Cotter, A.C.; Shiflett, S.C.; Kuo, D. (2005). “Chapter 19: Complementary and Alternative Medicine”. In DeLisa, J.A.; Gans, B.M.; Walsh, N.E.. Physical Medicine & Rehabilitation: Principles and Practice. Vol. 1 (4th ed.). Philadelphia: Lippincott Williams & Wilkins: Wolters Kluwer. pp. 465–78. ISBN 0781741300. 
  4. ^ NCCAM. “What Is CAM?”. NIH. 2010年4月7日閲覧。
  5. ^ 林 義人『代替医療革命―医療ビッグバンの幕開け』廣済堂出版 1999 他
  6. ^ 林 義人『代替医療革命―医療ビッグバンの幕開け』廣済堂出版 1999
  7. ^ 『国際「統合医療」元年―第1回国際統合医療専門家会議公式記録集』日本医療企画、2004年
  8. ^ a b c d e がんの補完代替医療ガイドブック-厚生労働省がん研究助成金研究」 日本補完代替医療学会、2006年4月。
  9. ^ a b c d e f g h i 鈴木信孝「補完代替医療の展望」、『全日本鍼灸学会雑誌』第56巻第5号、2006年、 p.693-701。
  10. ^ 元の報告書自体。あるいは林 義人『代替医療革命―医療ビッグバンの幕開け』廣済堂出版 1999 など多数
  11. ^ 元の報告書自体。あるいは林 義人『代替医療革命―医療ビッグバンの幕開け』廣済堂出版 1999 など多数の書籍に記載されている
  12. ^ 元の報告書自体。あるいは林 義人『代替医療革命―医療ビッグバンの幕開け』廣済堂出版 1999 など
  13. ^ アンドルー ワイル『ワイル博士の健康相談 (1) 自然治癒力』p.139-141
  14. ^ 元の報告書自体。あるいは林 義人『代替医療革命―医療ビッグバンの幕開け』廣済堂出版 1999 など
  15. ^ a b 直本美知「海外紹介 世界の鍼灸コミュニケーション(22)英国におけるCAMの現状と鍼およびハーブ療法の法律規制」、『全日本鍼灸学会雑誌』第54巻第4号、2004年、 636-641頁、 NAID 40006419567
  16. ^ 英国国立医療技術評価機構 (2012-09). Headaches (CG150) (Report). Chapt.1.3. http://www.nice.org.uk/CG150. 
  17. ^ House of Commons Science and Technology Committee Evidence Check 2:Homeopathy (PDF)” (英語). House of Commons Science and Technology Committee (2010年2月22日). 2010年8月16日閲覧。
  18. ^ Wogan, Tim (2010年2月22日). “"End Homeopathy on NHS," Say British MPs” (英語). サイエンス. http://news.sciencemag.org/scienceinsider/2010/02/-end-homeopathy-on-nhs-say-briti.html?etoc 2010年8月16日閲覧。 
  19. ^ 畝山 智香子 (2010年2月22日). “英国議会は「NHSでホメオパシーはもう扱わない」と言う(End Homeopathy on NHS," Say British MPsの抄訳)”. 食品安全情報blog. 2010年8月16日閲覧。
  20. ^ Government's response to the Commons Science and Technology Committee Report, 'Evidence Check 2: Homeopathy' (PDF)” (英語). イギリス政府 (2010年7月26日). 2010年8月16日閲覧。
  21. ^ 畝山 智香子 (2010年2月22日). “下院科学技術委員会の報告書「エビデンスチェック2;ホメオパシー」への政府の回答”. 食品安全情報blog. 2010年8月16日閲覧。
  22. ^ 日本統合医療学会
  23. ^ 『国際「統合医療」元年―第1回国際統合医療専門家会議公式記録集』日本医療企画、2004年
  24. ^ “首相、医療改革も“宇宙人流”瞑想、催眠療法に保険適用!?”. 夕刊フジ (産経デジタル). (2010年2月15日). http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20100215/plt1002151633004-n2.htm 2010年2月16日閲覧。 
  25. ^ “「統合医療」推進へチーム設置 効果や安全性を分析”. 共同通信社 (47NEWS). (2010年2月11日). http://www.47news.jp/CN/201002/CN2010021101000315.html 2010年2月16日閲覧。 
  26. ^ 山口広 (著), 紀藤正樹 , 滝本太郎 『Q&A 宗教トラブル110番―しのびよるカルト』p37-p38(民事法研究会; 全訂増補版版 2004年2月) ISBN 978-4896281866
  27. ^ Philip Stevens Jr.は、ホメオパシーを含む代替療法は類感呪術感染呪術に基づいていると指摘している Magical Thinking in Complementary and Alternative Medicine, Phillips Stevens, Jr., "Skeptical Inquirer" magazine, Volume 25, Number 6, July August, CSICOP
  28. ^ Evidence-based Complementary and Alternative Medicine
  29. ^ NCCAMの鍼治療レポート 英語
  30. ^ ウェンディ ウェイガー『がんの代替療法―有効性と安全性がわかる本 ハーバード大学の研究グループによる最新報告』法研、2004年 ISBN 978-4879545183
  31. ^ a b http://www.guardian.co.uk/science/2010/apr/15/simon-singh-libel-case-dropped
  32. ^ http://www.asahi.com/health/feature/homeopathy.html

参考文献[編集]

公的機関[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]