スポンサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スポンサーSponsor)とは、団体個人スポーツチームイベント施設番組などに対し、広告PRを目的に金銭を支出する団体或いは個人、即ち広告主である。

概要[編集]

本来は広告業界用語の一つ。テレビ・ラジオ等の電波媒体を利用してペイドパブリシティをおこなう広告主を指す(これとは別に、新聞雑誌等に広告を掲載する広告主はクライアント、あるいはアカウントと呼ばれる)。

スポーツに関するものであれば、例えばJリーグクラブの場合、ユニフォームに自社のロゴなどを表示出来る権利を得られる。

イベントの場合には、冠スポンサーとして、トヨタカップのように大会の名称に企業名が入る事がある。

テレビラジオの放送番組の場合には、番組内にコマーシャルを流すことができる。

このほか、スポンサーの製品などを利用したペイドパブリシティも行われる。たとえばテレビドラマの場合、スポンサーの製品が画面に映る。自動車メーカーがスポンサーである場合、登場人物の一部が自動車販売店の従業員という設定であったりなどである。

また、番組とスポンサーとのタイアップ企画も行われる場合がある。(ただし、テレビ・ラジオ番組においては冠スポンサーの企業・団体以外のスポンサーが付くこともある)

一方で、過度のPR、ペイドパブリシティを嫌悪する消費者もいる(テレビ関連ではテレビ離れの項も合わせて参照)。

スポンサーによる表現規制・言論統制[編集]

しばしばスポンサーによる表現規制などの圧力が問題になることがある。またこれはメディア側の自主規制によるものの場合も多い。例えばドラマ制作や報道番組などで有力スポンサーに配慮する形で筆を曲げるよう記者に対して圧力がかかったり、クルマや電機、流通など一大スポンサー企業に対しての批判はもとより嫌味を書いただけでも一騒動起こることは珍しくないとされる[1]

主な冠スポンサーイベント[編集]

各種競技大会[編集]

(2014年現在) 

サッカー[編集]

プロ野球[編集]

プロバスケットボール[編集]

陸上競技[編集]

プロゴルフ[編集]

など

テニス[編集]

など

その他スポーツ[編集]

など

各種ライブ・イベント[編集]

など

文化系イベント[編集]

コンテスト[編集]

お笑い
童話

など

長時間特別番組企画[編集]

その他催事[編集]

主な冠提供番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ドラマの世界でも起きている! スポンサーに気をつかった規制
  2. ^ 2011年より日本能率協会マネジメントセンター(主力商品『能率手帳』として)との共同(※ゼッケン・後半パート中継筆頭スポンサー)となる。また、2013年からはPCAとの共同となっている。
  3. ^ 「雪印レディース」として開催
  4. ^ 1994年に男女分割開催を実施。
  5. ^ 2003年まではジョージア協賛扱いで開催。
  6. ^ 1985年6月15日にコンサートとして開催、AM局に加えて後述の『KDDI presents MEET THE MUSIC』の代理としてFM局でも2013年5月4日・5日にラジオ特番放送。詳細は同項を参照。
  7. ^ 番組提供は複数社、以降継続。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]