カイロプラクター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カイロプラクター英語: Chiropractor)とは、カイロプラクティックを業務として行なう施術者を指す。

概要[編集]

アメリカやヨーロッパでは、カイロプラクターの資格制度が法制化されており、6年制のカイロプラクティック専門の大学などで資格取得する。無資格のものがカイロプラクターを名乗って開業することは規制されている。日本ではこのような法律が無いため、誰もがカイロプラクターを自称できる状況にあるが専門学校などで基礎医学や手技テクニックをしっかり学ぶ者も多い。

世界保健機関による見解[編集]

世界保健機関 (WHO) は、2005年に、国がカイロプラクターの試験や免許制度を設ける際のガイドラインについて定めた『カイロプラクティックの基礎訓練と安全性に関するガイドライン』 (WHO guidelines on basic training and safety in chiropractic) [1]を作成し、公表しており、この基準に適合した資格制度を設けている国が多数ある。

世界カイロプラクティック連合による見解[編集]

世界保健機関の NGO に加盟するカイロプラクティックの団体世界カイロプラクティック連合 (WFC) では、カイロプラクターという名称の使用基準として以下の宣言を公表している。

1. 「カイロプラクター」「ドクター・オブ・カイロプラクティック」あるいはそれに類する名称使用は、下記の者に限定する。

(1) 表記の法的な免許を持ち、登録されたカイロプラクター
(2) 正式なカイロプラクティック認定団体(例:CCE)または、政府認定団体による正規な卒業生
(3) WFC国際憲章(1997年東京)に従い、WFCの加盟するその国の団体が(日本では日本カイロプラクターズ協会のみ)暫定的に承認したプログラムの修了者

—WFC政策宣言 カイロプラクターのタイトル使用[2]

ただし、上記の宣言に法的な拘束力はない。

WFC は、上記の宣言が WHO の『カイロプラクティックの基礎訓練と安全性に関するガイドライン』で提示された数類型のカイロプラクティック教育のモデルに整合するものであると説明している。

日本におけるカイロプラクター[編集]

日本では、カイロプラクターの公的な資格が存在しないため、法的な意味でのカイロプラクターは存在しない。日本は誰でもカイロプラクターと名乗ることが可能で、開業者の9割以上は専門学校や週末セミナー等でしか学んでおらず[要出典]カイロプラクティックとは言えない様な施術をする所[要出典]もあり、矯正などの施術を受ける側は注意が必要である。矯正を行わない店舗も存在するがその方が安全と言える。また、「あなたも先生になりませんか?」と誘う資格商法をしている所もある。 またこのように開業している者が広告やHPなどで治療などと謳っている場合があるがカイロプラクターの治療行為は違法。あくまでリラクゼーションの一種として捉えるべき。医者ではないので治療や治すとういう言葉は言えない立場である。

国際基準を自称するカイロプラクター[編集]

以下は、民間資格の説明である。海外の正規開業資格を得た者(D.C.)ではない。


WFCの日本代表団体である日本カイロプラクターズ協会(JAC)は、上記のWFCの基準を実践し、カイロプラクターの法制化を目指している[3]。WFCの基準を満たすカイロプラクターは日本に約600名存在し、1万~2万名ともいわれる全カイロプラクティック業者の5%程度と言われる。

JACでは、WFC基準の(2)を満たす教育の修了者について、学位保持者リストを公開している[4]。日本政府が認定した団体によるカイロプラクティックの学位は存在しないので、日本において(2)の基準を満たす者は、各地域のカイロプラクティック教育評議会(CCE)認定の学位を取得した者ということになる。この学位は国外では正式な学位[要出典]と認めている国もあるが、日本の学校教育法で認められた学位ではない。

WFC基準のカイロプラクター養成教育機関[編集]

日本国内にはWFC基準を称するカイロプラクティック教育機関が、現在1校存在する[5]が、これらの機関は日本の学校教育法上の大学ではない故、同法上の学位や単位を取得することは出来ない。

WFCが定めるカイロプラクティック教育機関に関する基準は以下の5点の条件からなる[7]

  1. 非営利性であること
  2. 第三者評価があること
  3. クリニック臨床施設を保有し、1000時間以上の臨床実習を行うこと。
  4. 基礎医学およびカイロ学両面で有資格者による講師であること
  5. CCEが認めるカイロプラクティック教育機関であること

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ WHO Guidelines on Basic Training and Safety in Chiropractic - 世界保健機関(WHO)
  2. ^ WFC政策宣言 - 日本カイロプラクターズ協会
  3. ^ JACは、WFCの基準を満たす者に対して「正規」カイロプラクターという呼称は使用していない。
  4. ^ 国内カイロプラクティック学位保持者リスト - 日本カイロプラクティック登録機構 (JCR)
  5. ^ List of Chiropractic Colleges October 28, 2009 - About Chiropractic - World Federation of Chiropractic 検索日2009年11月11日 (英語)
  6. ^ http://www.ccea.com.au/Accreditation/accreditationstatus.htm
  7. ^ カイロプラクティックの最高学府・大学レベルのカイロを学ぼう/《国際承認プログラム》

関連項目[編集]

外部リンク[編集]