歯学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

歯学(しがく、: Dentistry)は、口腔顎顔面領域に関する外傷疾患の性状、原因についての知識を蓄積、その予防、診断、治療の方法を開発する学問である。歯科学・歯科医学(しかがく・しかいがく、: Dental Medicine)とも呼ばれる。

日本においては、明治時代に医学より独立しているが、それまでは口中科として医学の一分科であった。口腔科医師として口腔医学(こうくういがく、: Oral Medicine)や医学(口腔科学・こうくうかがく)に包括されている国も中国・台湾や欧米諸国など存在する。

Teeth model front.jpg

歴史[編集]

歯学(口腔医学)の歴史は、一般医学の歴史と重なり、古くはエジプトのファラオが奴隷の歯牙を用いて生体移植を試していると言われている。また紀元前7000年頃には古代インダス文明においては歯科治療の痕跡が認められている。1500年代に砂糖の国際貿易が盛んになると同じくして、ヨーロッパの貴族においてう蝕が広まった。

その当時の治療法はほぼ抜歯のみであり、それを担当していたのは観血処置を行う理容師であった。その後、アンプロアス・パレが歯髄に対して硫酸や硝酸を作用させるという歯内療法の原型を作り、歯の欠損部にヒトの歯や象牙、カバの歯による人工歯を隣在歯にワイヤーで縛りつけて固定をするという歯科補綴なども行っていた。

1700年代にはフランスのピエール・フォシヤールによって保存修復や歯石除去といった近代的な歯科治療が行われ始めた。1800年代にはアメリカにおいて、ほぼ現代に近い歯科医療が始まり、1846年にはウィリアム・T・G・モートン(歯科医師)が開発し行った全身麻酔下での口腔外科(頚部腫瘍)手術に成功した。

分野一覧[編集]

基礎歯学[編集]

口腔顎顔面領域の学問であるため名称に『口腔』と付いてはいるが、実際には『解剖学』と『口腔解剖学』、『生理学』と『口腔生理学』……のように口腔と同時に全身を網羅した学習を行っている。 解剖学においては、ご遺体の全身を実際に解剖して修学することが歯科医学(口腔医学)を修めるために必須となっている。人体を取り扱う学問である以上、人体の構造・機能、疾患とその原因など医学研究の根拠となる知見を得るための学問分野である基礎医学と、ほぼ一致する。

臨床歯学[編集]

社会歯科学[編集]

関連する分野[編集]

関連する人物[編集]

外部リンク[編集]