サイコップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
CSI logo.

サイコップ: CSICOPCommittee for the Scientific Investigation of Claims of the Paranormal超常現象の科学的調査のための委員会)は、1976年アメリカ合衆国で結成された国際的な非営利団体で、「超常現象疑似科学に対して科学的な調査・批判を行う」と謳っている。2006年に団体名をCSI (Committee for Skeptical Inquiry) に変更した。

設立者はニューヨーク州立大学バッファロー校のポール・カーツ英語版教授ら。現在、科学者ジャーナリスト奇術師作家などの著名人を含む、多数の会員を抱えている。機関誌『スケプティカル・インクワイラー』を発行して、超常現象に関する調査と反論を行なっている。

世界各地の同種の団体(例えば日本のJapan SkepticsASIOSなど)とも、お互いにゆるやかな協力関係にある。

歴史[編集]

  • 1975年 - 『ヒューマニスト』というアメリカの雑誌に「占星術弾劾す」という声明文が掲載され、そこには186名の科学者の署名があった[1]
  • 1976年4月30日 - 「反科学および疑似科学という新たな不合理に対するために」と謳いつつバッファローにおいて結成された[2]。会長は、ニューヨーク州立大学哲学教授で「ヒューマニスト」誌の編集者であるポール・カーツと東ミシガン大学社会学教授のマルセロ・トルッチ英語版の二人であった[1]。1976年秋 機関誌『The Zetetic』の一号を発刊[2]
  • 1978年4月 - 機関誌『The Zetetic』を『スケプティカル・インクワイラー』に改名。
  • 1980年2月 - 「『スケプティカル・インクワイラー』誌で火星効果(天体の位置が人の運命や能力に影響を与えるという占星術の主張)に対する検証と批判を行った」という(CSICOPのウェブサイトでの記述・主張による)[2]。つまり、CSICOPの最初の検討対象として選ばれたのは、フランスの心理学者・統計学者ミシェル・ゴークランの説であり、「特定の職業に従事する人の生誕時の惑星の位置と職業上のその後の成功には相関関係が認められる」とする説であった[1](第三者によると、その時実際に起きたのは以下のようなことである)。創立メンバーに含まれていた天文学者のジョージ・エイベルと同じくデニス・ローリンズ、および統計学者マーヴィン・ゼレンがこの案件に関する調査チームを結成し、ゴークランの説に関して詳細な検討調査を行った[1]。そこまではよかったのだが、このチームは(彼らの予想に反して)、調査・検討の結果、ゴークランの説とほぼ同様の結論を得た[1]。自分たちを正義の味方の十字軍のように思い、自分たちの行為を聖戦のように思いこんでいたCSICOP創立者たちの予想に反して[1]、いきなり初戦で、相手のほうに分がある、という事態に直面してしまったのである[1]。CSICOP内部では激しい議論が起き紛糾、組織内部で行っていた事実隠蔽に関する相互非難が起き、ニュージーランドのリチャード・カンマン、イギリスの懐疑派の重鎮とも言えるエリック・ディングウォールなどの有力メンバーの脱会が相次いだ(ゴークラン事件)[1]。上記の案件の調査にあたったデニス・ローリンズも脱会することになり、雑誌『Fate(運命)』の1981年10月号において、ゴークラン事件の顛末についてスッパ抜き、次のように述べた[1]。「オカルティズムの弾劾にたずさわる人々の信頼度には疑問を呈さざるを得ない[1]」。同誌編集者によって「CSICOPはいかなるイカサマをも辞さない徒党である。重要な調査ではヘマをやらかし、結果をごまかし、自分たちの失敗は隠ぺいし、真実を明かすと迫る仲間に対しては蹴りを入れる」と評されることになった[1]
  • 1981年5月 - 警察機関に対し、いわゆる「霊感捜査」を受け入れないよう声明を発した[2]
  • 1986年4月 - コロラド大学で総会。基調講演はスティーヴン・ジェイ・グールドが行った。同年春 サイコップの設立10周年。SI誌にはアシモフやセーガンによるエッセイが寄稿された[2]
  • 1988年9月 - ハワイ米連邦地方裁判所で、サイコップを相手に起こされた初の訴訟で、全面勝訴。11月 シカゴでサイコップ総会。基調講演はダグラス・ホフスタッターによる[2]
  • 1990年4月 - ワシントンD.Cにおいて総会。ジェラルド・ピエールとリチャード・ベレンゼンによる講演[2]
  • 1991年5月 - カリフォルニアにおいて総会。議題は催眠サブリミナル効果の疑似科学性、通俗心理学、天変地異説と進化、都市伝説批判的思考の教育について。同年12月 ユリ・ゲラーとエルドン・バードがサイコップとジェームズ・ランディを相手に訴訟を起こす。
  • 1992年10月 - ダラスで総会。議題は「公正さ、欺瞞とフェミニズム:文化と科学の衝突」。科学への文化多元主義的なアプローチ、性差の科学的理解の問題について。基調講演はリチャード・ドーキンスによる[2]
  • 1994年6月 - シアトルで総会。議題は「信念の心理学」。UFO虚偽の記憶陰謀論臨死体験と法廷への影響。基調講演はカール・セーガン。同年12月 ユリ・ゲラーがコロンビア特別区でのサイコップ裁判で敗訴。
  • 1995年3月 - ユリ・ゲラーとサイコップの間で和解が成立し、5年に及ぶ法廷闘争が終結する。ゲラーは「軽薄な告発」の賠償として、総額12万ドルをサイコップに支払う事を認めた。同年6月 新しいサイコップの本部施設が完成。ハーバート・ハウプトマンらが加わった[2]
  • 1996年6月 - バッファローで総会。レオン・レーダーマンによる開会講演。基調講演はグールド。議題はマスメディアにおける反科学、Xファイル超心理学など。同月 小惑星6629番にサイコップの創設者の名を取って「カーツ」、6630番に「スケプティクス」と命名される[2]
  • 1997年7月 - ドイツのハイデルベルク大学で総会。議題は終末予言とハルマゲドン、反科学とポストモダニズム、科学的懐疑主義など。基調講演はエリザベス・ロフタス[2]
  • 2000年1月 - 『スケプティカル・インクワイラー』誌が「20世紀の傑出した懐疑主義者」を選んだ。上位10人は順にジェームズ・ランディマーティン・ガードナーカール・セーガン、ポール・カーツ、レイ・ハイマン、フィリップ・クラス、アイザック・アシモフバートランド・ラッセルハリー・フーディニアルベルト・アインシュタイン[2]

批判[編集]

ポール・ファイヤアーベントは、自著『自由社会の科学』において、CSICOPの設立時のマニフェストというのは、まるで教皇インノケンティウス8世1484年に出し、魔女狩りのきっかけとなった教書のようなものだ、という論調で扱った[1]

懐疑派の『ガーディアン』紙の記者ですら、CSICOPロンドンの会合を取材した時に次のように書いた[1]。「考え方が異なるグループに対する非寛容な態度というのも、ここまで極端になると、嫌悪の対象でしかない。CSICOPの有力メンバーらは、調査の原則というものを、風向き次第で自分勝手にがらりと変更してしまっても平気でいるらしい[1]

サンデー・タイムズ』紙も、次のような論評を掲載した[1]。「この奇怪な委員会(CSICOP)の主張に対する科学的調査こそが必要だ[1]

著名な会員[編集]

この一覧はCSIの会員一覧[3]などを元に作成された。故人なども含む。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p リン・ピクネット 『超常現象の事典』 関口篤訳、青土社1994年ISBN 4-7917-5307-0
  2. ^ a b c d e f g h i j k l CSICOP TIMELINE” (英語). ...[リンク切れ]
  3. ^ CSIの会員一覧 [リンク切れ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]