虚偽記憶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

虚偽記憶(きょぎきおく、: False Memory)とは、誤った催眠療法の誘導によって捏造された、実際には起っていない筈の出来事に関する記憶エピソード記憶)のこと。斎藤学は「過誤記憶」と訳している。

歴史[編集]

背景[編集]

1980年代以降、: Trauma(トラウマ 詳細は心的外傷参照)が精神疾患を引き起こすというフロイトの初期の理論を安易に援用し、抑圧された性的虐待の記憶を引き出せば精神疾患は治ると考えた一部のカウンセラー催眠療法アミタールなど催眠系の薬物を利用したものもあった)を行い始める。

1988年、精神学の素人であるエレン・バスローラ・デイビスの著書『The Courage to Heal』(邦題『生きる勇気と癒す力』)が出版される。この書物で女性が理由もわからず鬱に悩んでいるのであれば、少女・幼児期に受けた性的虐待の記憶を抑圧されている可能性が高い。虐待されたと感じているなら虐待されていると主張し、読み方によってはあらゆる「生きにくさ」は幼少期の性的虐待記憶にあるというように読めるものであった。このために、多くの人が有るのか無いのか分からない記憶を思い出したがるようになった。精神科医ジュディス・ハーマンも催眠療法は勧めていた。彼女は記憶を忘却しているケースが多い為に、取り戻す事が必要ではないかと考えたが、同時に彼女は裁判に持ち込んだからといって司法の場では冷たいかもしれないと述べていた。

RMT停止[編集]

しかし、エリザベス・ロフタスは記憶が操作される可能性を司法の場で指摘した。彼女は「ショッピングモールの迷子」という実験において、まず家族の証言による実際の過去の記録3つに「ショッピングモールにおいて迷子になった」という嘘の記録1つを混ぜることで、4分の1の被験者に対してその嘘の記憶を埋め込むことに成功したことを示し、人間の記憶の不確かさを指摘した。

1990年代初頭は、マクマーティン保育園裁判に見られるように、悪魔的儀式虐待及び警察官らによる保育園などでの性的虐待の可能性に対する社会的恐怖は根拠が無い、という見方が強まっていた。この頃は「虚偽記憶」の可能性が重視され、マスメディアも多くこの話題を取り上げ、1990年代半ばに入り無罪の親がさらに脚光を浴びることになった。ロフタスを売春婦などとけなす人も数多く脅迫なども受けたが、ハーマンが勧めた催眠療法は様々な問題点があるとされ、1995年以降にこれについて多くの訴訟で被告側に優位な判決が出された。

また、1997年にはロフタスが、カウンセラーが虐待の記憶を呼び戻す治療法の有用性そのものについて否定的な論文を発表している[1][2]

この後、2000年ごろまでこの問題はくすぶり続けたが、回復記憶セラピー(RMT:Recovered Memory Therapy)が非常にまれなものとなったことにより、この論争はおおかた決着がついた。

批判[編集]

虚偽記憶という概念を武器にしたロフタス側は、裁判では勝った。しかし、法廷の外ではその陣営への批判は少なくない。

まず、ロフタスの研究は通常の記憶(例えば、「ショッピングモールで迷子になった」という嘘の話)に関する実験であって、心的外傷(通常ではない記憶)には必ずしも当てはまらないことが指摘された。トラウマ記憶、すなわちフラッシュバックは幼児期の記憶に類似しているが、自動車の形式や番号などの記憶は小学児童の方が優れている。記憶形式が違うのにそれを全部一緒にしてその不確かさを述べるのは間違いと批判者らは述べる。

また、ロフタスの実験である「ショッピングモールの迷子」では4分の1の被験者が記憶を作ったが、ハーマンはこれに対し逆に4分の3は作っていない事を証明した実験だと反論した。ロフタスは、これに対し4分の1でも十分と言い、またブリティッシュ・コロンビア大学にいたスティーブ・ポーターは約半数の被験者に猛獣に襲われたと思い込ませる事に成功したという事実もあると反論している。

児童虐待の告発者として著名な、アリス・ミラーはいわゆる"False Memory Syndrome"について、彼女の著書"THOU SHALT NOT BE AWARE"(邦題 禁じられた知)1998年アメリカ版のINTRODUCTIONで次のように主張している。 "They use all means at their disposal-including law courts and scientific institutions-to prove that human memory is unreliable. But no such proof is required. It is true that our memories are unreliable, easily manipulated from within(our "wishful thinking") and without.But above all they serve our will for survival. Our will for survival will never push us to invent painful stories, rather contrary: to make up nice memories in order to obscure the painful reality of our childhood.This is something we must never lose sight of." (試訳) 「彼らは人間の記憶は信頼できないと証明するために、法廷や科学機関を含めて、できうるあらゆる方法を用いる。しかしそのような証明は無用である。我々の記憶が信頼できないのは事実であり、それは容易に操作される、内側からも(から頼み)そして外部からも。しかしとりわけそれらは我々の生き延びようとする意志に貢献する。生き延びようとする意志は決して我々を苦痛に満ちた物語を生み出すよう強いることはない。全く逆である。我々の子供時代の苦痛に満ちた真実をわからなくするために、魅力のある記憶を作り上げる。私たちはこのことを決して見失ってはならない」

さらに、ロフタスの実験が臨床の現実性に即していないという主旨では、以下のような批判もある。

愁訴の自発性
ロスタフの実験と異なり、臨床においてはほとんどのクライアントは自発的に回想していること。
周辺の事実確認
クライアントの訴えによる場合は、本人の回想だけでなく、周囲の事実確認によって裏づけが取れるケースも多いこと。
訴えの内容の構造
訴えの内容としては、なかったことをあったとするよりもむしろ、実際にあったことを認めていないケースの方が多いこと。
財政的背景
わかりやすく言えば「金の出どころ」である。そもそもFMSを主張する団体(FSMF)の資金源は、加害者側のものであり、加害者側の一方的な自己正当化のために運営されている可能性が高いこと。

また、グリーン博士という悪魔教カルトの指導者は、第二次世界大戦の際にはユダヤ人としてナチス・ドイツ強制収容所に入れられ、そこでグリーンバウムという名前でナチス・ドイツの医師から洗脳技術をカバラと結びつけた洗脳技術を開発していた。彼がアメリカに来たのは、アメリカ中央情報局(CIA)によってアメリカ合衆国に連行されたためである。反対に、悪魔教カルトではなくCIAが1940年代から子供を使用して洗脳実験を繰り返していたという話もある(MKウルトラ作戦も参照のこと)。このため証拠はなく憶測の域を出ないが、アメリカ合衆国の陰謀説も存在する。

また、2006年8月にエリザベス・ロフタスイラク戦争プレイム事件ルイス・リビーの件で呼ばれたが、彼女はほとんどの陪審員が記憶をビデオテープのようなものであると思っていたと著書で述べたが、実際には彼女の研究では潜在的陪審員の46%しかそうは思っていなかったではないかと、検事パトリック・フィッツジェラルドは指摘した[3]。つまり、彼女が一般人が記憶に対して絶対的で静的なものであるというステレオタイプを抱いているとする仮定が誤っており、実際にはそれは一般的な概念ではないという批判は免れ得ない。なお、この事件ではリビーは有罪判決を受けたが、ジョージ・W・ブッシュアメリカ合衆国大統領が大統領権限で禁固刑を免除する減刑を行った。

証言の信憑性[編集]

性的虐待の証言自体が嘘であるということはあまり無いとは見られるが、ビデオのように精緻な証言とは言いがたい。だが、それは発達早期の為のあくまで見かけ上の誤認であり、中立的に見てもそのように見えるだろうと言われている。信じていいのは自分というものを無視された行動をとられ、それがはっきりと性的な行為であり、それを行った人物はしばしば本来信用できる人であったという点である。

また、被害を誇張する人が存在したりもする。むしろ、自分を可愛そうな被害者であるかのように仕立てあげようとする事は、感情的に良くあることとも言える。この場合、実際に被害が起こっているため見分けるのは難しいが、ある程度すると誇張は無くなる傾向がある。稀ではあるものの「過剰記憶」、「作話」の現象が起こることもある。ただし、この場合意識が変化するのでよく知っていれば見分けやすい。

子供の性的虐待の訴えについては2-7%の子供が嘘を述べている可能性があるという[4]。だが、それらは本人が望んだものではないことがほとんどである。大抵は両親の離婚訴訟などで親に「言わされた」場合である。ちなみに、本人が被害の状況を話す場合も混乱が起こる場合があるが、これに関しては事件があまりにも本人にとってショッキングであるために話しにくくなっている場合が多いと見られており、司法面接などの技術が警察に求められている。

抑圧された記憶は存在するのか[編集]

抑圧された記憶そのものは実際にあると考えられる。なぜならば、たとえば多くの人が、自分の幼少期のことで、完全に忘れていたことを、成人してから、まったく偶然のきっかけでいきなり思い出すことがあることからも、そういう存在は類推できる。また、マルセル・プルースト『失われた時を求めて』などの大著は、ある意味でそういう記憶のメカニズムを語っている文学作品である。

抑圧された記憶の存在の可能性を示す研究じたいは複数存在しており、事例も多くある。しかし、現在のところその記憶の信憑性を確かめる術もほとんどなく、実際に回復記憶セラピーで冤罪が作られたというのも事実なので慎重論が強い。

エイリアン・アブダクション[編集]

この概念はUFO宇宙人の乗り物説において人間をアブダクション(誘拐)しているという事件の批判に使われる事がある。心理学者ステファン・ジェイ・リンはそれに関して催眠実験を1994年に行なったが、明るい光を見たイメージや、時間を喪失したイメージを想像させた後に示唆を行ったところ、91%の被験者がそれと宇宙人との相互作用を考えたという[5]

出典[編集]

  1. ^ Loftus, Elizabeth F. (1997). “Repressed memory accusations: Devastated families and devastated patients”. Applied Cognitive Psychology 11 (1): 25-30. doi:10.1002/(SICI)1099-0720(199702)11:1<25::AID-ACP452>3.0.CO;2-J. 
  2. ^ Brandon, Sydney et al. (1998). “Recovered memories of childhood sexual abuse. Implications for clinical practice.”. The British Journal of Psychiatry 172: 296-307. doi:10.1192/bjp.172.4.296. 
  3. ^ In the Libby Case, A Grilling to Remember
  4. ^ 『子どもと性被害』(吉田タカコ、2001年) 121ページ ISBN 4-08-720095-7
  5. ^ Alien Abductions: The Real Deal?

参考文献[編集]

  • Loftus, Elizabeth and Ketcham, Katherine (1994). The Myth of Repressed Memory: False Memories and Allegations of Sexual Abuse. New York: St Martins Press. ISBN 0312141238. (=仲真紀子訳『抑圧された記憶の神話-偽りの性的虐待の記憶をめぐって』誠信書房、2000年、ISBN 9784414302905。)
  • 斎藤学『家族の闇をさぐる-現代の親子関係』小学館、2001年、ISBN 9784093872478
  • 中井久夫『徴候・記憶・外傷』みすず書房、2004年、ISBN 9784622070740
  • Slater, Lauren (2004). pening Skinner's Box: Great Psychological Experiments of the Twentieth Century. New York: W. W. Norton & Company. ISBN 9780393050950. (=岩坂彰訳『心は実験できるか-20世紀心理学実験物語』紀伊國屋書店、2005年、ISBN 9784314009898。)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]