ジャン・ハロルド・ブルンヴァン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
75歳の誕生日パーティーでプレゼントされたスキーのゴーグルを着けるジャン・ハロルド・ブルンヴァン

ジャン・ハロルド・ブルンヴァン(Jan Harold Brunvand, 1933年3月23日 - )は、都市伝説の概念を広げたことで知られる民俗学者[1][2]ユタ大学名誉教授。アメリカ合衆国ミシガン州キャディラック出身。

1961年にインディアナ大学から民俗学で博士号を受けた。1966年にユタ大学へ移る前にいくつかの大学で教鞭をとった。1996年に大学を退職。

彼の研究の以前には、民話は太古や田舎の文化に関連付けられていたが、ブルンヴァンのブレークスルーは伝統的な民話の学術研究で培われた概念を取り去り、それらを現代社会で出回る物語に適用することだった。

ブルンヴァンは、1981年の『消えるヒッチハイカー』を初めとして、都市伝説に関する書籍を数冊著している。この著作はアメリカ合衆国で都市伝説に対する衆目を集めた。その後、『ドーベルマンに何があったの?』(1984年)、『メキシコから来たペット』(1988年)、『くそっ!なんてこった』(1990年)、『赤ちゃん列車が行く』(1993年)などを著した。

脚注[編集]

  1. ^ ジャン・ハロルド・ブルンヴァン 『メキシコから来たペット―アメリカの「都市伝説」コレクション』 新宿書房、1991年、221頁。
  2. ^ キャリア 都市伝説の話マイナビニュース 2012年9月30日

外部リンク[編集]