ピラティス・メソッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピラティス・メソッド(Pilates Method)は、1920年代に、ドイツ人従軍看護師ジョセフ・ヒューベルトゥス・ピラテス(英語版)(ドイツ語版)(ジョセフは英語発音)が開発したエクササイズである。開発者であるジョセフ氏は「コントロロジー」と名付けていたが、一般的にはピラティスと呼ばれる場合が多い。

概要[編集]

ピラティスとは、1人のドイツ人男性であるジョセフ・ヒューベルトゥス・ピラティスによって、20世紀前半に真の健康と幸福を手に入れるために提唱された身体調整法である。現在では、アメリカドイツイギリス日本など世界中に広まっている。[1]

ジョセフ氏は、自身のメソッドを「コントロロジー」と名付けており、単なるエクササイズとは違う「全身の細かな筋肉と精神を自分自身でコントロールするための学問」と呼んでいた。[2]

マットピラティス例

ピラティスの効果[編集]

Pilates Method Allianceが定義するピラティス

「身体のストレッチ、筋力強化、そしてバランス強化を目的としてデザインされたエクササイズと身体の動作法である」

-ピラティスメソッドアライアンスHPより抜粋-[3]

エクササイズを実践することで、理想的な姿勢と動作を学ぶことができる。それによって慢性的な痛みの改善や障害の予防、運動パフォーマンスの向上からリハビリテーションまでを可能とする。さらにその正しい運動パターンを体に癖づけることにより、生活の質にまで広い範囲で影響を与える。

現在ピラティスは、体幹とインナーマッスルの強化法として広まっているが、実際には体全体を整える効果があり、体幹だけでなく四肢の筋力強化、柔軟性の向上、筋持久力の向上が期待できる。

ピラティスでおこなわれるエクササイズのほとんどは脊柱 (背骨) や骨盤の動きに焦点が当てられており、ピラティス独特の呼吸法と組み合わせながら、それらのアライメントを整えることに指導の重きがおかれている。

数あるエクササイズは、すべて初心者から上級者まで幅広く難易度を調整することが可能である。それぞれの体の特徴や特定の健康状態に応じて、適した方法で実践することが重要とされている。

近年ではリハビリテーション目的でピラティスを指導または実践する人が増えており、ピラティスを導入することによって大幅なリハビリ時間の短縮、機能改善、怪我の早期発見と予防ができることで話題となっている。さらには、フィットネス関係者のみならず多くの医療従事者がピラティス指導者資格コースに参加し、様々な施設で活用されている。[4]

適切なフォームで動きができるよう、ピラティスティーチャーが指導をしている様子

ピラティスの種類[編集]

ピラティスには、マットのみを使用して行われる「マットピラティス」と、ジョセフ氏によって独自に開発されたピラティス専用器具を使用して行われる「マシンピラティス」がある。[5]

マットピラティス[編集]

マットを使用してのグループレッスンとプライベートレッスンがある。

グループレッスンでは、1人の指導者に対して複数人が受講できることが特徴であり、一般的には体幹部を中心として全身満遍なく鍛えるプログラムが組まれていることが多い。 指導者によっては「肩コリ改善クラス」や「リズムピラティス」など特別な目的を持たせて設計する場合もあり、また「サークルピラティス」や「ローラーピラティス」などレッスン補助用の小道具を取り入れておこなっている場合もある。 多くの受講者と共に呼吸を合わせ、高い集中力を共有しながら進められるクラスは、一体感と無心状態を作り出すことがあり、ヨガのような精神的な開放感を味わうことができることも特徴の一つである。

マシンピラティス[編集]

ジョセフ氏の開発したピラティス専用器具を使用して行われるピラティスエクササイズであり、1対1のプライベートレッスンや5名ほどの少人数で行われるセミプライベートレッスン等がある。 代表的な専用器具は以下の10種類である。

・ピラティスリフォーマー ・トラピーズテーブル(キャディラック) ・タワー ・チェアー ・バレル(スパインコレクター) ・ラダーバレル ・ペディポール ・フットコレクター ・ギズモ ・ギロチン

また、最近では理学療法士によって開発された「コア・アライン」という器具が存在する。

これらの機械を使用することで、多種多様なエクササイズが可能となり、マットピラティスよりも幅広い負荷の調整が可能。中でも代表的なピラティスリフォーマーに関しては、1台でおよそ500種類ものエクササイズが実践可能である。 筋力があまり備わっていない人や高齢者、また怪我などによる特定の健康状態にある人に対しては、動きをサポートしてくれる負荷へと設定し、強靭な肉体を持つアスリート等へは動きの強度を上げるように設定ができる。 また、専用器具の導入により、感じとることが難しい深層部の筋肉や関節の動きにまで意識を向けることが容易になり、その目的に応じて指導者は器具を使い分けることになる。

マシンピラティスによる集団指導の様子

ジョセフ・ヒューベルトゥス・ピラテスの経歴及びその歴史[編集]

本名ジョゼフ・ヒューベルトゥス・ピラティス (ドイツ語名ヨーゼフ) は、

1883年12月9日-ドイツデュッセルドルフに生まれる。メンヒェングラートバッハにあるワールドハウゼンストリートという小さな町の9人兄弟でした。幼少期の彼はとても病弱で、リウマチ熱くる病喘息に苦しみながら幼少期を過ごす。大人になってからの彼はヘビースモーカーとして知られ、喘息に関しては著しく健康になったということはなかった。自然療法医である母と体操選手であった父を持つジョセフは、病の克服と父親への憧れから、父親の勤務するスポーツクラブでいくつものトレーニング (器械体操レスリングヨガボクシング等) を行い、14歳になったジョセフの体はとても鍛錬された魅力的な体となっていました。この時から芸術家モデルとしての人生も歩むことになる。

1912年-その後も彼は、東洋と西洋両方の身体訓練法を研究し、特にギリシャの文化や彫刻の美しさ、それに表現される強さにもとても関心を持っていた。この頃、ジョセフは弟のフリードとサーカス団と共に旅をすることになる。

1914年-第一次世界大戦勃発。当時ジョセフは、イギリスにてボクサー兼自己防衛術の指導者として働いていました。敵国の人間として捕虜となったジョセフは、一度ランカスター近くの収容所に抑留され、その後はマン島の収容所に送られる。

生活に慣れてきた頃、自分のためにと開発していた運動プログラムを他の抑留者にも伝えることを始める。

マン島にいる期間、ジョセフは看護師として働いてた。

ある時、自分が治療をおこなった患者をリハビリするという機会を得たジョセフは、寝たきりで動くことも困難なその患者に対して、マットレスベッドに使用されていたスプリングを使ってサポートや抵抗を与えること考えつく。現在「キャディラック」と呼ばれているベッド型の器具の基礎となっている。

彼が行ったこの新しいタイプのリハビリは、後に「ピラティス・メソッド」と呼ばれる考え方の始まりとなる。

1918年-世界的な規模でインフルエンザが流行。戦争よりも多くの命を奪ったとされるこのインフルエンザは、ジョセフが過ごすマン島にまで影響が及ぶ。しかし、彼とともに運動を続けた仲間達は誰一人としてこの病に倒れる人はいなかったといわれており、後に様々な人によって語り継がれることになる。

終戦後、ドイツに戻ったジョセフは、自己防衛術の指導とハンブルグにある軍警察の訓練を担当していた。また、個人の顧客も教え始める。この頃のことはあまり記録されていないが、ホリスティック・メディスン、瞑想ホメオパシー、トリガー・ポイントセラピー、呼吸法、モダンダンスに興味をもち始めた時期であるといわれる。

中でも、モダンダンスにも興味を持つようになった彼は、2人の有名ダンサーと共に働いていた。ムーブメント・アナリストとして有名なルドルフ・フォン・ラバン (ハンガリー) はピラティスとであい、自分のメソッドにピラティスの理論と運動を取り入れたとされる。ダンサーとして、また振付師としても有名なマリー・ウィグマン (ドイツ) は、ジョセフの生徒であり、自身のダンスクラスのウォーミングアップにピラティスの考案した運動を取り入れたとされる。

1925年-ドイツ政府から新しい軍隊の訓練を頼まれるが、当時のドイツの政治的傾向を好まず、アメリカに移民することを決断する。ジョセフは昔、アメリカとキューバに訪れたこともあり、ボクシング・マネージャーのナットフライシャー (アメリカ) と、後にヘビー級の世界王者となるマックス・シュメリング (ドイツ) に渡米を勧められたこともピラティスの背中を押したといわれる。

アメリカへ向かう貨物船内で、彼は関節炎で苦しむ1人の若い看護士と出会う。クララ・ゾイナーというその女性は、その後ジョセフのアシスタントとなると共に、ピラティス・メソッドの優秀な指導者となった。クララは彼にとって理想的な理解者でしたが、2人は正式な夫婦という関係ではありませんでした (ジョセフはドイツで2回の結婚をしていた)。

1926年-ニューヨークに到着。8番街の939番地、2階207号室にあったジムで働き始める。近くにはリンカーンセンターや、カーネギーホールブロードウェイがあり、同じ建物内にはダンサーバレリーナが練習するためのダンス学校やリハーサル・スタジオがあった (現在でも当時のまま使用されている)。

30代前半頃、ジョセフは働いていたジムを引継ぐことになる。この機会にクララとともに自分のスタジオをオープンさせた彼らは、そこで数々のアスリートやダンサーに認められ、ビジネスマン医者、ダンサー、音楽家サーカス芸人、体操選手学生など、その指導は多岐にわたった。彼の噂は口伝えに広まり、その顧客にはビビアン・リーサー・ローレンス・オリビエキャサリン・ヘップバーンやその他の映画スター、さらにニューヨークの富裕層達 (ギンベル家やグッゲンハイム家)もまた彼の顧客であった。

1930年1940年-アメリカンバレエとモダンダンスのダンサーや振付師達が有名無名に関わらずジョセフの下で学んでいた。テッド・ショーン、ルース・セント・デニス、ハンナ・ホルム、アレグラ・ケントなどもその中にいた。ジョージ・バランシンは、自分の教え子のダンサーが怪我をすると、その治療のためにジョセフのスタジオに送っていたという (当時ジョセフはアンクル・ジョーと呼ばれていた)。コントロロジーは、多くのダンサー達の間で口コミによって急速に広まっていきます。

ジョセフ直々の教え子達は、その後「第一世代ティーチャー (またはエルダー)」と呼ばれようになる人物の存在もあった。すでにこの世を去ってしまった人物では、カローラ・トリエー、イヴ・ジェントリー、ブルース・キング、ロン・フレッチャー、キャサリン・スタンフォード・グラント、ロマーナ・クリザノウスカ。現在も活動を続けている人物は、ジェイ・グライムス、メアリー・ボーエン、ロリータ・サンミゲェルがいる。多くの場合、彼らはスタジオでアシスタントをしながら、セッション費用の代わりにしていたという。アシスタントの中には、ジョセフの姪であるマリー・ピラティスもいた。

1930年-ジョセフはアメリカ市民となる。

1934年-『ユア・ヘルス (Your Health)』を出版。1939年から1951年まで、ピラティス夫妻は、バークシャー・マウンテンジェイコブズ・ピロー近くの別荘で毎年夏に行われるダンスのキャンプでも指導していた。

1945年-『リターン・トゥ・ライフ・スルー・コントロロジー (Return to Life Through Contrology)』を出版 (彼が執筆した本は過去に2冊だけであった)。この頃、自身のメソッドは人類を変えられると信じていたジョセフは、若者の教育や軍のトレーニングにも取り入れてもらえるように熱心に宣伝していた。医師達に向けた実践講習、運動用パンフレットの作成、毎週土曜日にはオリジナル器具を紹介・販売するためにメイシーズ (百貨店) に行っていた。

マンハッタンにある、レノックスヒル病院の整形外科主任であったヘンリー・ジョーダン医師は、ジョセフの親友でもありピラティス・メソッドの可能性を高く評価していた。ジョーダン医師は、ジョセフの教え子の1人であるカローラ・トリエーを側に置き、ジョセフの生徒の何人かも優秀な外科医になっていた。さらにジョーダン医師は、ジョセフとカローラのスタジオに多くの患者を紹介してた。第一世代ティーチャーの1人であるロリータ・サン・ミゲェルもジョーダン医師からの紹介だったという。

1950年代-ピラティス・メソッドによって、乳房切除術から奇跡的な復活を果たしたダンサー、イヴ・ジェントリーとのセッションから、多くの医師に驚きを与え、ピラティス・メソッドを病院にも取り入れる動きが始まる。しかし、病院側は医療資格を持たないジョセフの受け入れを拒否。売り込みの甲斐なく、彼のメソッドは医療や教育制度の主流とはならなかった。彼は医学会の無理解にひどく悲しんだといわれている。

1965年-百貨店ヘンリベンデルの中に、2番目のスタジオを開設。開設当初から1972年までは、彼の教え子の1人 ナヤ・コーリーが運営、その後1988年に閉店するまでは、キャサリン・スタンフォード・グラント (ニューヨーク大学ティッシュ校での指導もしていた) が指導していた。

1966年1月-8番街のスタジオがあったビルの裏手で火災が発生、幸い彼らの中に死者はいなかったが、鎮火後、資料を持ち出そうとしていたジョセフは誤って床板を踏み抜き、消防士に救助されている。

1967年-80代のほとんどを研究と指導に費やしたジョセフは、誕生日のちょうど2ヶ月前、同年10月9日にこの世を去る。彼は財産と呼べるような物を何も残さなかった。当時84歳だった彼は、その生涯を終える寸前まで全てのエクササイズを実行することができたといわれている。ジョセフの死後、彼のスタジオは弟子の1人であったロマーナ・クリザノウスカがその責任を引継ぎ、クララと共にスタジオを運営し続けた。

1968年-イヴ・ジェントリー (1901年1944年) がニューメキシコ州サンタフェに「イヴ・ジェントリー・スタジオ」を開設。

1971年-ロマーナ・クリザノウスカがピラティス・スタジオを継ぎ。ロン・フレッチャーがロサンゼルスビバリーヒルズに「ロン・フレッチャー・スタジオ・フォー・ボディ・コントロロジー」を開設。多くのハリウッドセレブレティーをはじめとする顧客を集め、人気となる。

1973年-91歳になったクララ・ピラティスはスタジオでの仕事を引退し、その後はロマーナ・クリザノウスカに全て任せていた。

1977年5月13日-クララ・ピラティスがこの世を去る。彼女もまた、ジョセフ同様に何かを残すことはなかった。

1983年-サンフランシスコのセント・フランシス・ホスピタルの著名な外科医であり、スポーツ選手とダンスリハビリテーション部門の長であったジェームス・ゲーリック医師は、初めてダンス・メディスン・クリニック (ダンサー専門外来) を作った。彼はロン・フレッチャーに協力を求め、初めての医療的なピラティスのプログラムを作り、病院にピラティスの設備を設けた。

1989年-ロマーナ・クリザノウスカは2度目の引っ越しの後、ピラティス・スタジオを閉める。その後彼女は、ニューヨークにあるドラゴ・ジム (体操のトレーニングジム) の中に自分のスタジオスペースを作る。

1990年代-コントロロジーは「ピラティス」として様々なメディア等で取り上げられ、次第にアメリカ各地に浸透していく。またアメリカ国外でも広がり始める。

1996年1月-「ピラティス」という言葉を商標登録するか否かを巡り、集団訴訟が起こる。

2000年10月-「ピラティス」という名を巡る訴訟は和解という形で幕を閉じ、「ピラティス」という言葉は普通名詞として扱われることとなる。その後も、コントロロジーはピラティスという名前で広まり続け、世界中で多くのピラティススタジオが開設される。また、ヘルスクラブやフィットネスジムも競ってピラティスを採用・導入し、ピラティスインストラクターを養成する講習会も世界各地で開かれた。

2009年-世界中の主要国で教えられており、ピラティス人口は1200万人を超えた。ニューヨークの8番街 939番地にある元祖ピラティススタジオは、ピラティスのメッカとして今でも運営され続けている (2015年現在)。

ピラティス・メソッド・アライアンス[編集]

2001年に設立された、ピラティス指導者のための非営利団体であり、ピラティスメソッドの継続的な教育と普及、またPilates Method Alliance 認定資格の発行をしている。略してPMAと呼ばれる。

数十年にわたり、世界中のピラティス指導者が様々な流派を立ち上げたが、2000年に起こった商標登録に関する訴訟を期に、知識や情報の共有と指導の質を保つことを目的として設立された。

PMAの認定資格試験に合格すると、PMA-CPTとして認定される。[6]

ピラティスの指導を受けている有名人[編集]

アメリカ海軍でもコアアラインというピラティスマシンでエクササイズをしている様子がウィキメディア・コモンズで紹介されている。

海軍兵のコアアラインエクササイズ

出典[編集]

  1. ^ [1] Wikipedia、2015年2月18日閲覧。
  2. ^ [2] Wikipedia、2015年2月18日閲覧。
  3. ^ [3] About PMA、2013年8月9日閲覧。
  4. ^ [4] Wikipedia、2015年2月18日閲覧。
  5. ^ [5] ピラティスガイド&マガジン、2015年2月18日閲覧。
  6. ^ [6] About PMA、2013年8月9日閲覧。
  7. ^ [7] USATODY.com、2013年8月9日閲覧。