ピラティス・メソッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピラティス・メソッド(Pilates method)は、1920年代に、ドイツ人従軍看護師ヨーゼフ・ピラテス(英語版)(ドイツ語版)(ピラティスは英語発音)が開発したエクササイズである。単にピラティスと言う場合が多い。

概要[編集]

ピラティスは、ヨーゼフ・ピラテスによって20世紀前半に提唱された身体フィットネスのメソッドであり、アメリカドイツイギリスを含めた全世界に広まっている。[1]

ピラテス氏は、自身のメソッドを「コントロロジー=コントロールする学問」と呼んでいた。[2]

マットピラティス例

ピラティスの効果[編集]

ピラティスは、身体のコンディショニングを整える効果があり、体幹だけではなく四肢も含めた、筋力強化・柔軟性向上・筋持久力向上が期待できる。

脊柱(背骨)や骨盤のアライメントを整え、呼吸法、強い体幹や身体の中心の意識、調整能力やバランス感覚の向上に指導の重きがおかれる。

ピラティスは、初心者から上級者まで、難易度の範囲を調整させるために、様々な違ったエクササイズをすることが可能となっている。

ピラティスは、筋肉の緊張やバランスを調整し、その結果正しい姿勢や効率的な動きを学習することができる。

近年ではリハビリ目的でピラティスを行う人が増えてきており、バランスの改善、腰部の安定性と柔軟性の改善、腰痛改善、骨盤底筋群の機能不全の改善に有効である。[3]

適切なフォームで動きができるよう、ピラティスティーチャーが指導をしている様子

ピラティスの種類[編集]

ピラティスは、マットを使用して行なうマットピラティスと、ピラティス独自の専門器具を使用して行なうマシンピラティスがある[4]

マットピラティス[編集]

マットを使用してのグループエクササイズ、プライベートエクササイズがある。

グループエクササイズにおいては、コアを中心とした全身を満遍なく鍛えるプログラムが組まれいる。 フロー(流れ)を重視したプログラム設計をされているクラスでは、身体への集中が途切れることが無くクラスが進められていくことにより無心の状態が持続していくことで、精神的な開放感を味合うことができることも特徴のひとつ。

マシンピラティス[編集]

ジョセフ・ピラティスの開発した独自のピラティス専門機械を使用して行なうピラティスエクササイズである。

代表的なピラティス専門機械は以下の4種類。

  • リフォーマー
  • キャデラック
  • バレル
  • チェアー

これらの機械を使用することで多様なエクササイズが可能となり、身体に掛ける負荷を自由に変更することができる。

高齢者や怪我をされている人など向けに、負荷を小さくサポートするように使用することもでき、筋力の強いアスリートなどに対して負荷を強く掛けるトレーニングを行うことが可能となる。 また、負荷の調節だけではなく、普段使用しないインナーマッスルやへの意識を容易にするためのサポートとしても大きな意味を持っている。

身体の正しい動かし方を覚えるためにこれらのピラティスマシンは様々なサポートをしながら理解を促進させる。


マシンピラティスによる集団指導の様子

ヨーゼフ・ピラテスの経歴、及び ピラティスの歴史[編集]

1880年 - ドイツデュッセルドルフ近郊の小さな町、メンヒェングラートバッハで生まれる。 四人兄弟であった彼はくる病喘息リウマチ熱などに苦しむ幼年時代であったが、病を克服するためにいくつもの身体訓練法やスポーツ(ボディビルディング体操スキーダイビングなど)を行い、14才になるころには解剖図のモデルになるほどの健康体になる。父は体操選手、母は自然療法師であったことが、その後の彼の人生における運動と健康という分野の研究に影響したようである。東洋と西洋両方の身体訓練法を研究し、とくに身体と心を完成させそれを維持するという、古代ギリシャローマ哲学に大いに触発させた。

1912年 - 弟とともにイギリスに仕事をしに行く。(仕事の内容は定かではないが、ボクシングを追求するためとも、サーカスの一員としてともいわれている。)

1914年 - 第一次世界大戦勃発。イギリス捕虜になり収容所に抑留される。当初はランカスター、そして後にマン島へ移る。 この期間に仲間の捕虜の体力と全般的な健康の回復を手助けすることを始める。これが後にコントロロジーと名付けられる身体調節法(現在のピラティス・メソッド)の始まりである。また、ベッドからスプリングを取り出して、寝たきりの患者の為に運動用の器具を作り上げた。これは彼が最初に発明した器具である。

1918年 - 世界的な規模でインフルエンザが流行。数万人のイギリス人を含む何百人もの命が奪われる中、彼の同朋たちは一人もこの病気に倒れなかったという。戦後、ドイツへ帰りハンブルグの軍警察を訓練し始める。また個人の顧客も教え始める。 このころのことはあまり記録されていないが、ホリスティック・メディスン、瞑想モダンダンス、ホメオパシー、トリガー・ポイントセラピー、呼吸法などの東ヨーロッパのホリスティック・セラピーに興味を持ち始めた時期であるといわれる。 また、ムーブメント・アナリストとして有名なルドルフ・フォン・ラバン(ハンガリー)はピラティスと出会い、自分のメソッドにピラティスの理論と運動を取り入れたとされる。ダンサーとして、また振り付け師としても有名なマリー・ウィグマン(ドイツ)は、ピラテス氏の生徒であり、自分のダンスクラスのウオーミング・アップにピラティスの運動を取り入れたとされる。

1925年 - ドイツ政府から新しい軍隊の訓練を頼まれるが、当時のドイツの政治的傾向を好まず、アメリカに移民することを選ぶ。 ボクシング・マネージャーのナット・フライシャー(アメリカ)と、のちにヘビー級の世界王者となるマックス・シュメリングドイツ)に渡米をすすめられたこともピラティスの背中を押したといわれる。アメリカへの途上、未来の妻クラーラと出会う。

1926年 - ヨーゼフ・ピラテスとクラーラはニューヨークに到着。八番街の939番地の2階207号室にスタジオ(彼はジムと呼んでいた)を開設。 当初はボクシング・ジムの中に開業したが後にその権利を引き継ぐ。近くにはリンカーンセンターや、カーネギーホールブロードウェイがあり、同じビルの中には、ダンサーバレリーナが練習するためのダンス学校やリハーサル・スタジオがあった(現在でも当時のまま使用されている)。 ピラテス氏のうわさは口伝えに広まりその顧客はギンベル家やグッゲンハイム家などのニューヨークの上流階級の人々やビビアン・リーサー・ローレンス・オリビエ、そしてキャサリン・ヘップバーンやその他の映画スター、医者ビジネスマンダンサー音楽家サーカス芸人、体操選手職人学生など多岐にわたった。

1930年1940年 - アメリカン・バレエとモダンダンスの有名、無名のダンサーや振り付け師がピラテスの下で学んだ。 テッド・ショーン、ルース・セント・デニス、ハンヤ・ホルム、アレグラ・ケントなどもその中にいた。ジョージ・バランシンは自分の教え子のダンサーがけがをすると治すために”アンクル・ジョー”(ヨーゼフの英語読みジョセフから)のスタジオへ送ったという。 コントロロジーは多くのダンサーにとってなくてはならないものになった。 その中に、後にファースト・ジェネレーション・ティーチャー(ヨーゼフ・ピラテスに直接学んだ先生)とよばれるカローラ・トリエー、イブ・ジェントリー、ロマーナ・クリザノウスカ、ロン・フレッチャー、キャサリン・スタンフォード・グラント、ブルース・キング、ロリータ・サンミゲルもいた。多くの場合、彼らはスタジオでアシスタントをして、セッション費用の代わりとしていたという。ピラテス夫妻のアシスタントにはヨーゼフの姪、マリー・ピラテスもいた。

1934年 - 『ユア・ヘルス』を出版。1939年から1951年まで、ピラテス夫妻はバークシャー・マウンテンジェイコブス・ピローで毎年夏に行われる、ダンスキャンプで教えた。

1945年 - 『リターン・トゥ・ライフ・スルー・コントロロジー』を出版。このころ自分のメソッドを熱心に宣伝している。 医師たちに向けた実践講習を行ったり、ニューヨーク地域に配備された軍隊を指導したり、運動のパンフレットを作ったり、オリジナルの器具をメイシーズ(百貨店)で土曜日に販売していたりしたという。 親友であったレノックスヒル病院の整形外科局長ヘンリー・ジョーダン医師は、ピラティス・メソッドの熱心な支持者だった。ジョーダン医師は多くの患者をピラティスに紹介した。またピラテスの教え子の一人であるカローラ・トリエーをそばに置いた。彼の生徒の何人かは優秀な外科医になり、患者をピラテスやカローラ、その他の若手の教師の下へ送った。

1950年代 - 売り込みの甲斐なく、彼のメソッドは医療や教育制度の主流とならなかった。医学会の無理解に彼は深く悲しんだという。

1965年 - 百貨店のヘンリベンデルの中に、2番目のスタジオを開く。開設当初から1972年までは彼の教え子であるナヤ・コーリーが、その後1988年に閉めるまではやはり教え子の一人で現在もニューヨーク大学ティッシュ校で教えるキャサリン・S・グラントが指導した。

1966年1月 - 8番街のスタジオのあるビルで火災が発生。できるだけのものを持ち出そうとしたピラテスは、焼けた床板を踏み抜き落下。消防士に救出される。

1967年 - 80代のほとんどを研究と指導に費やしたヨーゼフ・ピラテスは86歳でこの世を去る。

1968年 - イブ・ジェントリー(1901年1994年)がニューメキシコ州サンタフェにイブ・ジェントリー・スタジオを開設。

1971年 - ロマーナ・クリザノウスカがピラテス・スタジオを引き継ぐ。 同年、ロン・フレッチャーがロスアンゼルスのビバリーヒルズにロン・フレッチャー・スタジオ・フォー・ボディ・コントロロジーを開設。 多くのハリウッドのセレブリティーをはじめとする顧客を集め人気となる。

1976年 - クラーラ・ピラテス、この世を去る。彼女は1970年までスタジオを続けた。

1983年 - サンフランシスコのセント・フランシス・ホスピタルの著名な外科医であり、スポーツ医療とダンスリハビリテーション部門の長であったジェームス・ゲーリック医師は、初めてのダンス・メディスン・クリニック(ダンサー専門外来)を作った。彼はロン・フレッチャーに協力を求め、初めての医療的なピラティスのプログラムを作り、病院にピラティスの設備を設けた。

1989年 - ロマーナ・クリザノウスカは2度目の引っ越しの後、ピラテス・スタジオを閉める。彼女はやはりニューヨークにあるドラゴ・ジム(体操のトレーニング・ジム)の中に自分のスタジオスペースを作る。

1990年代 - コントロロジーは”ピラティス”としてさまざまなメディア等で取り上げられ、次第にアメリカ各地に浸透して行く。また海外へも広がり始める。

1996年1月 - ”ピラティス”という言葉を商標登録するか否かで集団訴訟がおきる。

2000年10月 - 裁判所の判決により商標登録はキャンセルとなり、”ピラティス”は『普通名詞』となる。その後もコントロロジーはピラティスという名前で知られるようになり、たくさんのピラティススタジオができ、ヘルスクラブも競って採用し、さまざまなバージョンの器具が作られ、ピラティスのインストラクターを養成するコースが各地で開催される。

2009年 - 世界中の主要国で教えられており、ピラティス人口は1200万人を超える。 ニューヨークの八番街、939番地の2階207号室にあるスタジオは、ピラティスのメッカとして今でも運営されている。

※ヨーゼフ・ピラテスの出生については、1883年12月9日生まれという説もある[5]

ピラティス・メソッド・アライアンス[編集]

2001年に設立された、ピラティス指導者のための非営利団体であり、認定資格を発行している。略してPMAと呼ばれる。

数十年にわたって、世界中のピラティス指導者が様々な流派を立ち上げたが,知識や情報を共有し、指導のプロの質を保つことが目的として設立された。

PMAの認定資格試験に合格すると、PMA-CPTとして認定される[6]

ピラティスの指導を受けている有名人[編集]

アメリカ海軍でもコアアラインというピラティスマシンでエクササイズをしている様子がウィキメディア・コモンズで紹介されている。

海軍兵のコアアラインエクササイズ

出典[編集]

  1. ^ [1] Wikipedia、2013年8月9日閲覧。
  2. ^ [2] Wikipedia、2013年8月9日閲覧。
  3. ^ [3] Wikipedia、2013年8月9日閲覧。
  4. ^ [4] ピラティスの種類、2013年8月9日閲覧。
  5. ^ [5] ヨーゼフ・ピラテスの誕生から現在まで、2013年8月9日閲覧。
  6. ^ http://www.pilatesmethodalliance.org/i4a/pages/index.cfm?pageid=3278 About PMA、2013年8月9日閲覧。
  7. ^ [6] USATODY.com、2013年8月9日閲覧。