プロゴルファー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プロゴルファー(Professional golfer)は、ゴルフ競技におけるプロフェッショナル(Professional)選手の呼称。

概要[編集]

一般にゴルフにおける「プロゴルファー」とは、下記の2つの意味を総称したものである。

  • ツアープロ(トーナメントプロ)
  • ティーチングプロ(レッスンプロ)

一般的なスポーツにおいては「プロフェッショナル=自らが競技することで報酬を得るスポーツ選手」と定義されることが多く、ゴルフにおけるティーチングプロのような存在は「プロインストラクター」などとして選手とは明確に区別されるのが普通だが(サッカーのように指導者限定のライセンス制度を設けている競技すらある)、ゴルフの場合は近年までツアープロとレッスンプロを明確に区別せず、双方をほぼ同じ基準で認定していた点が特異的である。

最近はツアープロとティーチングプロを区別し、プロ認定を行うためのテスト等を別々に実施するようになってきているが、現在も日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)ではトーナメントプロテストの合格者に対しインストラクター(レッスンプロ)資格を付与するなど、依然として双方が密接に関係している。

男子のプロゴルファーは、トーナメントに出場するツアープロは日本ゴルフツアー機構(JGTO)が、ティーチングプロに関しては日本プロゴルフ協会(JPGA)がそれぞれ管轄している。

プロゴルファーに対しては、一般のアマチュアゴルファーと比べて様々な規則変更や規制が前倒しで適用されるケースが多い。特に近年はゴルフクラブに対する各種の開発規制(詳しくはクラブ (ゴルフ用具)#規制を参照)が厳しくなっており、アマチュアでは使用が許容されるクラブでもプロのツアー競技では使用を禁止されるケースが増えている。

ティーチングプロ[編集]

「プロゴルファー」と呼ばれる者の大半は、他のゴルファーにゴルフの指導を行うことで報酬を得ており、そのような者を通常「ティーチングプロ」あるいは「レッスンプロ」などと呼ぶ。基本的には特定のゴルフ場やゴルフ練習場などに所属し、当該施設に来場したゴルファーの求めに応じて指導を行うのが一般的であるが、中にはたとえばタイガー・ウッズの歴代コーチであるブッチ・ハーモンハンク・ヘイニーショーン・ホーリー、また、キャロウェイと契約しているデビッド・レッドベター、日本では丸山茂樹らのコーチを務めた内藤雄士片山晋呉諸見里しのぶらのコーチとして知られる江連忠などのように、主にツアープロを相手に指導を行ったり、その知名度を活かしてDVDやレッスン書販売、テレビ出演などで収入を得ているものもいる。

ツアープロ[編集]

プロゴルファーの中でも、実際にプロのツアー競技に参加することで賞金を獲得する者を、前述の「レッスンプロ」と区別する意味で「ツアープロ」あるいは「トーナメントプロ」と呼ぶ。基本的にはツアー競技に参加することで得られる賞金や、特定の企業と所属契約を交わすことで得られる契約金、ゴルフ用品メーカーとの間で交わすアドバイザリー契約などが収入源となる。またツアープロの多くはプロテスト合格により合わせてレッスンプロの資格も取得するため、レッスンプロ同様にゴルフの指導により収入を得ている場合も多い。

その他[編集]

ゴルファーが「プロ宣言」を行ったからと言って、「プロゴルファー」になる訳ではない。そして後述する理由で「アマチュア資格」を失ったとしても、そのゴルファーは「アマチュア資格のないゴルファー」であって「プロゴルファー」ではない[1]

プロゴルファーとはPGAプロテストまたは、ティーチングテスト(各国でPGA以外のティーティングライセンスも複数存在する)。 もう一つJGTOのツアー資格(「サード」をクリアするとプロとして活動できる。JGTOの主宰する試合の予選に出る資格が与えられる) は、「サード」をクリアしてもその年シードが、取れなければ 再受験となる。その時はプロの称号は無いが、アマチュアの試合に出られない、アマチュア資格のないゴルファーとなる。 ※ゴルフ研修生などは、PGA、JGTOプロテストを受験して合格しなくても 一定の条件さえ満たしていれば、アマチュア資格を持ち続けることも出来る 

プロライセンス ツアープロライセンスの無い「プロゴルファー」も一部に存在する。 日本ではあまりメジャーではないが、ドラコン選手である(ドライビングコンテスト。ドライバーで どの位遠くまでボールを飛ばせるかを競う)専門の選手で、LDA世界ドラコン選手権L-1グランプリなどといった「賞金」つきのドラコン大会も複数存在する、上位選手には南出仁寛などメディアに露出しゴルフ用品メーカーと契約を結ぶ者もいる。ただ2011年現在、ドラコン専門選手のプロテストは日本では行われていない。

また名誉あるゴルファーが、特例としてプロ宣言で宣言プロになる事が、出来る(プロ宣言の詳細は、JGAルール参照の事)

日本の場合[編集]

統括団体[編集]

日本で最も大きいプロゴルファーの統括団体は、男子は日本プロゴルフ協会(JPGA)、女子は日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)である。現在男子プロのみティーチングプロとツアープロの統括する団体が別組織で統括しており、主にティーチングプロを統括している団体が日本プロゴルフ協会(JPGA)でツアープロを統括している団体が日本ゴルフツアー機構(JGTO)である。以下の記述ではJPGA及びJLPGAの規定について記述する。

ティーチングプロ[編集]

ティーチングプロになるためには、JPGAもしくはJLPGAが実施する資格認定講習会に合格することが必要。

  • JPGAの場合、合格後は実技審査、筆記・面接試験の後、講習会(約1ヶ月間)を経てB級会員となり、その後1年間の研修期間・A級講習会を経てA級会員となる(なお経過措置として、「C級」が以前からのティーチングプロのためにのみ存在する。一般の人がC級会員になる事は出来ない)。なおA~C級の会員制度とは別に1~4級までの実技ランクも設けられている。
  • JLPGAの場合は、合格後まず「ティーチングアシスタント」として研修を積んだ上で、研修会での実技テストで一定以上の成績をクリアするとC級講習会の受講が認められ、以後B級→A級とステップアップする。

ツアープロ[編集]

日本でツアープロになるためには、自らが参加を希望するツアーの参加資格を得ることが必要となる。かつては参加資格取得には、レッスンプロと同様にJPGAもしくはJLPGAの主催するプロテストに合格する必要があったが、現在は以下のようになっている。

  • 男子のツアープロについては、日本ゴルフツアー機構(JGTO)が毎年実施するクオリファイングトーナメント(QT)に参加して成績上位順から順位付けが行われる。そのランキングにより来季ツアーへの参加資格を得ることができる。QTには、日本ゴルフ協会(JGA)のハンデキャップが3.0以内や、日本ゴルフ場支配人会連合会加盟ゴルフ場の所属責任者の署名捺印を受けた者、日本国内の高校ゴルフ部在籍経験者または大学ゴルフ部在籍経験者で所属責任者の捺印を受けた者、など一つでも条件を満たしていれば一般アマチュアゴルファーでも参加することが出来る。ただし、成績上位に入った場合のランキングは、プロ宣言を行った場合にのみ与えられる。JPGAでも「資格認定プロテスト」の名称でトーナメントプロテストを行っているが、同テストに合格して得られるのはJPGA主催大会(日本プロゴルフ選手権大会など)の予選会出場資格であり、JGTO管轄の大会に関しては別途QTで上位に入らなければツアー出場資格は原則として得られない(ただしJPGAのトーナメントプロについてはQTにおいてシード等が与えられる)。
  • 男子のシニアツアー(PGAシニアツアー)については、JPGAが実施する予選会に参加して合格した場合にツアーの参加資格を得ることができる。レギュラーツアーと異なり、予選会参加には原則としてJPGAのトーナメントプロであるか、ティーチングプロのうち選考会を通過していることが必要。
  • 女子については、JLPGAが実施するQTに合格した場合にツアーへの参加資格を得ることができる。QTにはJLPGA会員の推薦を受けるなど一定の条件を満たせば一般人も参加可能。JLPGAではQTとは別にトーナメントプロテストも実施している(合格者は男子レギュラーツアー同様、QTのシード権が与えられる)。なおプロテスト合格者のうち1位の者には同年のツアー後半の参加資格が与えられるほか、合格者全員にステップアップツアーの出場資格(1年間)が与えられるなど、プロテストの結果とツアー出場資格が一部連動している。

またアマチュア選手としてツアー競技に参加し優勝した場合にも、その後にプロ宣言を行えば優勝した競技に応じてシード権等が有効となる(過去には宮里藍石川遼松山英樹などがこの形でツアープロに転向している)。ツアープロの中でも、ツアー競技においてシード権を獲得しているものは当該ツアーの「ツアーメンバー」と称される。

2005年まではPGAシニアツアーにおいて、50歳以上のアマチュアゴルファーの中で規定の予選会を突破するなど成績優秀な者に対しシニアツアーへの出場資格を与える「シニア認定プロ」制度を設けていた(過去には霍本謙一古市忠夫徳永雅洋辺土名求などの例がある)。

アマチュア資格[編集]

統括団体[編集]

一団体である日本ゴルフ協会(JGA)がアマチュア資格を統括している。以下の記述はJGA内の規則に基づいて書かれた物である。

JGAの定めるアマチュア資格[編集]

ゴルフにおいては歴史的経緯から、アマチュア資格を極めて厳格に管理していることも特徴的である。現在、プロテストに合格する・プロ宣言を行うなど自らの意思でプロに転向する以外にも、以下の行為を行ったゴルファーは、アマチュア資格を即時に喪失するとされている。

  • ゴルフをプレーして75,000円(ジュニア競技の場合50,000円)を超える賞品を受け取ること
  • ゴルフ技術の指導をして報酬(金額を問わない)を得ること
    • 学校の教員などは例外(高校・大学のゴルフ部顧問までプロ扱いになってしまう)。但し指導時間が勤務時間の50%以下である必要がある。
  • 賞金(金額を問わない)のある競技でプレーする(実際に賞金を獲得できたかどうかは問わない)
    • あらかじめ賞金を放棄することを宣言した上でプレーした場合、またホールインワン賞として金銭を受け取ることは除く[1]
  • 個人競技(ジュニア競技を除く)でプレーするための費用を家族や法律上の保護者以外のものから受け取ること
    • ただしゴルフの手腕と関係のない招待(著名人としての招待、企業の接待など)は含まれない。
  • ゴルファーとしてプロフェッショナルエージェント(マネージメント会社、代理店、芸能事務所など)と契約すること(文書、口頭を問わない)

ゴルフの手腕や名声(Golf Skill or Reputation)  あるアマチュアゴルファーが「ゴルフの手腕や名声」を有しているかどうかの判断は、統轄団体の決定事項である。  一般的に次の場合にのみアマチュアゴルファーはゴルフの手腕を有していると一応考えられる。

アマチュアゴルファーが国、地区レベルの競技に優勝するか、あるいは国や地区、都道府県のゴルフ協会や連盟の代表に選ばれた場合。 エリートレベルで競技をした場合。 ゴルフの名声はゴルフの手腕を通じてのみ得られるものであり、そのような名声は、プレーヤーのゴルフの手腕が統轄団体によって決められた基準に該当して以後5年間は継続するものとみなされる。

アマチュア復帰手続き[編集]

アマチュア規則に違反しアマチュア資格を喪失した者のうち希望するものは、統括団体(日本の場合JGA)に申請を行うことでアマチュア資格の復帰を行うことができる。ただし復帰の回数は生涯を通じて最大2回までに制限される。

また復帰を希望する者は、復帰申請後一定期間(アマチュア規定に反した期間が5年未満であれば1年間、5年以上6年未満の場合は2年間)の待機期間を経る必要がある。待機期間中はアマチュア規則の厳格な遵守が要求されるだけでなく、アマチュアゴルファーに対象を限定した賞を受け取ることができないなど、通常のアマチュアよりもさらに厳しい制限下に置かれる。

6年以上アマチュア規定に反した著名なプレーヤーはアマチュアへの復帰はできない。

脚注[編集]

  1. ^ a b c アマチュア資格規則 よくある質問 (PDF) 日本ゴルフ協会、2014年3月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]