くる病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
くる病(2歳児の脚)

くる病(くるびょう、佝僂病、痀瘻病)とは、乳幼児の骨格異常。主な症状として脊椎四肢の湾曲や変形がおこる。ヒトだけでなくイヌネコネズミトカゲなど若年の脊椎動物でも起こりえる。

くる病(Rachitis)の語源はギリシャ語の背骨を意味するrhakhisから来た。戦前の日本では、背むしという別称もあった。

原因・予防[編集]

原因として、ビタミンDの代謝障害により、カルシウムリンの吸収が進まないことによる骨の石灰沈着障害がもっとも知られる。紫外線(日光)に当たることで体は7-デヒドロコレステロールより肝臓腎臓での代謝を経てビタミンDを合成する。このため、太陽に当たる量の少ない人、脂肪吸収障害、肝障害、腎障害などの基礎疾患のある人に発生しやすい。また、てんかんの患者もくる病になることがある。これは抗てんかん薬の長期投与により肝臓でビタミンDが不活性化されるためである。カルシウムの摂取が少ない一部の発展途上国でもくる病が発生しやすい。ヨーロッパ人の白い肌は欧州の少ない日照に適応した結果であり、肌の黒いインド系や黒人が日射量が少ない高緯度地域に移住した場合、乳幼児にくる病がしばしば発生する。

また、遺伝性のくる病が存在する。これは腎臓尿細管リン酸塩の再吸収が妨げられることにより発生する。

成人・成体の骨格に発生する、同質の疾患である骨軟化症も、くる病と同様の原因で発生するが症状は異なる。これは、くる病は成長軟骨板の閉鎖以前の石灰化障害、骨軟化症は以後の障害としているからである。

予防するためには、カルシウムビタミンDを不足させないこと、日光浴によるコレステロールの変質などが必要になる。

症状[編集]

  • 骨変形
  • 筋緊張低下
  • 低Ca血症
    • テタニー

その他に、低成長、蛙腹、不穏などの症状を引き起こす。

くる病の人物が登場する作品[編集]

関連項目[編集]