リウマチ熱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リウマチ熱(リウマチねつ)とは、A群溶連菌に感染して後1~3週間に生じる全身性の非化膿性疾患の一つである。特徴として結合織の炎症が関節、心臓、血管、神経等を冒すとされる。特に心臓では弁膜、心内外膜、心筋が好発部位であり、5~15歳が好発年齢である。

原因[編集]

A群溶連菌感染に基づく免疫的機序が原因とされる(膠原病)。

症状[編集]

大症状として心内外膜、心筋の全ての層が炎症を起こす。関節炎は移動性・多発性で疼痛発赤腫脹圧痛を生じる。また小舞踏病(四肢、体幹、顔筋に起こる不随意運動)や無痛性の皮下小結節を小児において多く発症し、体幹・四肢近位の皮膚に移動性の輪状紅斑も見られる。共通症状としては発熱前胸痛腹痛頭痛倦怠感食欲不振などを起こす。

診断[編集]

Jones基準による診断が可能。

検査[編集]

  • 赤沈促進、CRP試験陽性、白血球数増加などの炎症症状を示す。
  • ASO値が上昇し、溶連菌感染を示す。
  • PR時間(心電図)の延長。
  • 胸部X線検査により心陰影の左右拡大が見られる。また、心膜の臓側葉と壁側葉との間に心エコーでエコー・フリー・スペースが見られる(心膜腔への滲出液の貯留)。

治療[編集]

また、再発防止には長期のペニシリン投与が必要である。

関連項目[編集]