アナフィラキシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Anaphylaxis
分類及び外部参照情報
アナフィラキシー患者の背中にできた発疹
ICD-10 T78.2
DiseasesDB 29153
eMedicine med/128
MeSH D000707
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

アナフィラキシー(: anaphylaxis)とはヒトや他の哺乳類で認められる急性の全身性かつ重度なI型過敏症のアレルギー反応の一つ。この用語はギリシャ語であるανα ana(反抗して)とφύλαξις phylaxis(防御)を語源とする[1]。ほんの僅かなアレルゲンが生死に関わるアナフィラキシー反応を引き起こすことがある(アナフィラキシーショック)。アナフィラキシーは、アレルゲンの摂取、皮膚への接触、注射や時に吸入により惹起され得る[2]

症状[編集]

アナフィラキシーの症状は、IgEと他のアナフィラトキシンの反応が関与する。すなわち、これらの物質は肥満細胞からヒスタミンや他の媒介物質(メディエーター)を遊離(脱顆粒)させ、さらにヒスタミンは細動脈の血管拡張や肺の細気管支の収縮、気管支痙攣(気管の収縮)を引き起こす。

ヒスタミンや他のメディエーターは身体の別器官の組織で遊離されるが、これらが(血流等を介して他の部位に運ばれ)気管収縮とこれに伴う喘鳴や呼吸困難、そして胃腸症状(腹痛、さしこみ、嘔吐、下痢など)を引き起こす。ヒスタミンは血管拡張(これに伴う血圧低下)と血流から組織への体液漏出(これに伴う血流量低下)を引き起こし、これらが影響してショック症状を呈する。体液が肺胞に漏出することもあり、これが肺水腫を引き起こす。

アナフィラキシーで見られる症状には以下のようなものがある。

  • 多尿
  • 呼吸困難(呼吸促拍)
  • 低血圧
  • 脳炎
  • 失神
  • 意識不明
  • 蕁麻疹
  • 紅潮
  • 血管性の浮腫(口唇、顔面、首、咽喉の腫脹):生命の危機を呈することがある
  • 流涙(血管性浮腫やストレスによる)
  • 嘔吐
  • 掻痒
  • 下痢
  • 腹痛
  • 不安

アナフィラキシーへの対応[編集]

アナフィラキシーの症状が出た場合は、即座に119番通報し、救急車を呼ぶとともに、緊急の注射薬を打つ必要があり、文部科学省厚生労働省なども、この場合の注射は医師法には触れないとの通達を出している。また、学校においては、児童・生徒の保護者から、アナフィラキシー対応の自己注射薬を預かるケースが多くなっている。

しかしこれについて、小学校の給食でアナフィラキシーによるショック症状を訴えた児童に対し、学校側の通達への理解不足により、保護者から預かっていた自己注射薬を使用せず、救急搬送される直前になって、母親が注射していたことが判明しており、学校の危機管理のあり方が問題視されている。[要出典]

アナフィラキシーショック[編集]

アナフィラキシーショックはI型アレルギー反応の一つである。外来抗原に対する過剰な免疫応答が原因で、好塩基球表面のIgEがアレルゲンと結合して血小板凝固因子が全身に放出され、毛細血管拡張を引き起こす為にショックに陥る。ハチ毒Bee venom)・食物・薬物等が原因となることが多い。アナフィラキシーの症状としては全身性の蕁麻疹と以下のABCD(喉頭浮腫、喘鳴、ショック、下痢腹痛)のうちどれかがある。なお、アナフィラキシーショックは二峰性の経過をとるものがしばしばみられるので、院内で経過観察(約8時間、重症例では24時間)をしなければならない。アナフィラキシーはIgEを介して肥満細胞が脱顆粒しておこるが、IgEを介さず肥満細胞が脱顆粒を起こすアナフィラキトイド(類アナフィラキシー反応)と呼ばれる反応もある。類アナフィラキシー反応として造影剤アレルギーなどが有名である。その他、ラテックスアレルギー口腔アレルギー症候群食物依存性運動誘発性アナフィラキシーなど、特異的なアレルギーがあり、アナフィラキシーショックを起こす場合がある。

治療としてはエピネフリンの筋肉注射(商品名:エピペン[3])が有効である。エピネフリン(ボスミン0.3mg)筋注(皮下注では血管が収縮するので作用が遅くなる)はβ2作用で肥満細胞の脱顆粒を抑制する働きがある。エピネフリンは10分ほどで効果が出るはずなので、反応がなければ2~3回繰り返すことが必要な場合もある。また、高血圧でβブロッカー(まれにαブロッカーやACE阻害薬でも)を服用している患者ではエピネフリンが効かないことがあるので、この場合はグルカゴン1~5mgが効果があり使用される(交感神経を介さず、cAMPを増やすことで効果が出る)。ステロイドや抗ヒスタミン薬は4時間くらい効果がでるのにかかるので救急では使えないので注意が必要であるが、遷延性や二峰性の後半の反応を予防するためにステロイドを用いることはある。また、鯖を食べた場合にアナフィラキシーのような症状を示す場合もあるが、鯖の場合はヒスタミンを含んでおり肥満細胞を介するものではないので、抗ヒスタミン薬やステロイドで充分である。

エピネフリン

エピネフリン(ボスミン0.3mg)筋注を行い反応が悪ければ10~15分ごとに追加投与を行い最大1mgまで投与する。小児の場合は0.01mg/Kgずつ行い最大0.3mg/Kgである。数リットルに及ぶ十分な補液が必要なこともある。

抗ヒスタミン薬

全身性蕁麻疹、血管性浮腫の場合はH1ブロッカー特にジフェンヒドラミンを1~2mg/Kgを4~6時間ごとに点滴する。H2ブロッカーであるラニチジンを併用することも多い。

β作動薬

気管支痙縮に対しては気管支喘息と同様にβ刺激薬を投与する。サルブタノールで2~3パフの吸入を行う。

ステロイド

ヒドロコルチゾンを用いる場合が多い。6時間ごとに1~2mg/Kg投与する。またプレドニン30~40mg/Kgを3日程内服することもある。

グルカゴン

βブロッカーを内服している場合はエピネフリンの効果不十分のため用いることがある。1Aで1mgであるため生理食塩水に溶解し1mgのボーラスを行う。効果を見ながら5分ごとに1mgの追加投与を行っていく。次いで1~5mg/hで持続投与を行う。副作用としては吐き気やめまい、低K血症、血糖異常などが知られている。

脚注[編集]

  1. ^ "Anaphylaxis." Etymology. Oxford English Dictionary. http://dictionary.oed.com.
  2. ^ Anaphylaxis”. Health. AllRefer.com (2002年1月17日). 2007年1月29日閲覧。
  3. ^ エピペン注射液 マイラン製薬