デキストラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デキストラン
識別情報
CAS登録番号 9004-54-0
KEGG C00372
特性
化学式 (C6H10O5)x
モル質量 Variable
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

デキストラン (dextran) はグルコースのみからなる多糖類の一種で、スクロースを原料として乳酸菌が生産する。グルコースを唯一の構成成分とし、α-1,6グリコシド結合を多く含むことが特徴。

産業上有用なデキストランはLeuconostoc mesenteroidesが生産する高分子デキストランを部分的に加水分解し、これを精製する。分岐構造が少なく、デンプンセルロースと異なり冷水への溶解度が高い。

デキストリンとは類似物質。

歯にできる歯垢(プラーク)にも含まれる。

利用[編集]

医薬品化粧品写真フィルムなど多様な用途がある。

例:血液増量剤(血漿増量剤)、増粘安定剤、保湿剤、ラッカー

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]