アナフィラトキシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アナフィラトキシン(en:Anaphylatoxin)とは、抗原抗体複合体が、進入した異物に対して連鎖反応を起こし、活性化したC3~C5補体(compliment)をさす[1] [2]IgEと反応し、アナフィラキシーを引き起こす原因物質である。


働き[編集]

C3a[編集]

抗原抗体複合体の周囲へ拡散し、ヒスタミンマスト細胞から遊離(脱顆粒)させ、毛細血管の透過性を高める。高められた毛細血管の透過性は、白血球の動員を助ける[2]

C5a[編集]

走化性因子(chemotratic factor)として、白血球を引き寄せ、食菌を助ける[2]平滑筋の収縮や、毛細血管の透過性を亢進する。

C4a[編集]

アナフィラトキシンとしての働きは上記の補体より少ない[3]

参考文献[編集]

  1. ^ Hugli TE (1986). “Biochemistry and biology of anaphylatoxins”. Complement 3 (3): 111–27. PMID 3542363. 
  2. ^ a b c 天児 和暢, 南嶋 洋一 『微生物学 第9版』 医学書院、2003年ISBN 4-260-35262-8
  3. ^ 翻訳元