口腔アレルギー症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

口腔アレルギー症候群(こうくうアレルギーしょうこうぐん、OAS:oral allergy syndrome)とは、果物野菜などの植物食品が、口腔粘膜へ接触することよりアレルギー反応を起こす病態である。リンゴメロンサクランボモモキウイフルーツの頻度が高く、北日本東日本ではシラカンバ花粉症を、西日本ではヤシャブシ花粉症を合併していることが多い。抗原タンパク質ではなく糖鎖である点が特徴である。なお、スギ花粉との関連性もありトマトと交差反応することが知られる。また、ラテックスアレルギーとの関連性がある場合もある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]