体操競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

体操競技(たいそうきょうぎ)は、徒手または器械を用いた体操(器械体操)の演技について技の難易度・美しさ・安定性などを基準に採点を行い、その得点を競うスポーツである。

概要[編集]

「器械体操」「器械運動」の範囲は広く、学校体育で用いられる鉄棒・跳び箱・マット運動をはじめ、雲梯ジャングルジム・登り棒・滑り台ブランコ等も含めることができる。

競技スポーツとしては、男子は床運動(ゆか)・鞍馬(あん馬)・吊り輪(つり輪)・跳馬平行棒鉄棒の6種目、女子は跳馬・段違い平行棒平均台・床運動の4種目が行われている。女子の床運動では音楽が用いられる。体操器具は高価であり、日本国内では段違い平行棒等を所有していない学校でも競技に参加できるよう、代わりに低鉄棒を大会種目に設ける場合もある。

採点方法は、10点満点制が長年にわたり親しまれてきたが、高難度化にともない2006年に上限が廃止された(詳細は後述)。技の名前に、それを最初に成功させた選手の名前が付くことも特徴である。

男子は日本アメリカ合衆国中華人民共和国等が、女子はルーマニア・アメリカ合衆国・中華人民共和国等が強豪国として知られる。かつてはソビエト連邦ドイツ民主共和国(東ドイツ)も名を馳せた。

長身だと回転力が落ちるため、小柄な選手の方が総じて有利なスポーツである。そのため、男子は160cm台、女子は140cm台の選手も多い。主力選手が10代中心と低年齢化の進んだ女子においては、第二次性徴の発現とともに体格が大きく変わってしまい、選手としての能力面で旨みのある時期が終わってしまう等の理由から、身体が成長する前に年齢による出場資格の下限がある上位の国際大会に出場させるために年齢を詐称させるという問題が存在し、たびたび問題となっている[1]

一方、競技中・練習中に発生する事故により、死亡または頸椎脊椎の損傷(脊髄損傷)による重大な後遺症を受傷する事例も少なくない[2]、危険なスポーツでもある。このため年齢・性別による禁止技が設けられており、整った環境・補助の下で適切な指導を受けることが重要である。

歴史[編集]

1811年、ドイツのヤーンがベルリン郊外ハーゼンハイデというところで、若者を集めて小さな体育場を開設した。そこには、今の器械の原形となる、木・棒・あん馬・平行棒などがあり、若者達は熱気にあふれていたという。若者たちは、いろいろな器具を使い、技を沢山作り、競い合ったという。

日本における体操競技[編集]

概要[編集]

団体総合に強く、1960-70年代にかけ、オリンピック・世界選手権にて男子団体総合が10連勝するなど、"日本式体操"が世界の頂点に君臨し「体操ニッポン」「お家芸」と謳われるまでに至った。日本人選手の名前が付く技も多い。

伝統的に鉄棒を得意とする選手が多い。

歴史[編集]

日本に器械体操が最初に導入されたのは、1830年(天保元年)頃、高島秋帆による藩の新兵訓練とされている[3]。徴兵令施行により、日本軍の新兵訓練にも採用された。しかし入隊後の訓練期間が惜しいと、学校教育にも器械体操が採用されるようになった。

1932年(昭和7年)、ロサンゼルス五輪に初参加したが、参加5ヶ国中最下位であった[3]。しかし、これを機に国際大会への参加も相次ぎ、学生スポーツとして徐々に盛り上がりを見せた。

第二次世界大戦後数年は、国際的な連盟に加盟できず、オリンピック・世界選手権等には出場できなかった。しかし、この間に外国(アメリカ、ドイツ等)との交流試合を開催し、世界水準にまで成長した。1952年(昭和27年)のヘルシンキ五輪では団体5位はじめ種目別でもメダルを獲得。1960年(昭和35年)にはローマ五輪にて男子団体優勝。以後約20年間の長期にわたり連覇を続け、さらに個人総合・種目別金メダルも多数獲得。文字通り、この時期の日本の体操は無敵と言えるもので、日本の体操は20年にわたり世界の頂点に君臨した。

ボイコット不参加となったモスクワ五輪前後から選手の技能継承の失敗やエースの後継者育成の失敗などの要因で凋落。ロサンゼルス五輪以降は長らく世界選手権を含め金メダル獲得が無く、不振の時代を迎えた。特にアトランタ五輪シドニー五輪はメダル無しに終わった(注:この間、世界選手権での銀・銅メダルはあった)。2000年(平成12年)前後には不況の影響もあり、企業の部活が相次いで休部・廃部に追い込まれた。

しかし、2003年(平成15年)に世界選手権種目別で金メダルを獲得、団体でも8年ぶりに表彰台に上がる等、復活の機運が見えはじめた。翌年のアテネ五輪で28年ぶりに男子団体優勝を果たし、再び世界のトップレベルに返り咲いた。以後、北京五輪ロンドン五輪でも団体銀メダルを獲得する等、種目別・個人総合での優勝含むメダル獲得が続いている。

年譜[編集]

主要な大会と競技種別[編集]

国際大会[編集]

地域大会[編集]

この他に、アジア競技大会などの国際総合大会において体操競技が設けられている。

国内大会[編集]

Category:日本の体操競技大会も参照

外国人選手を招聘する大会

この他に、ジュニア・学生・社会人向けの大会が行われている。

競技種別[編集]

団体総合
1チームから複数名が演技し、その合計得点を競う。演技者数・採用演技数等はルールによって変動する。
個人総合
男子は6種目・女子は4種目を1人の選手が演技し、その合計得点を競う。
種目別
1種目ごとの演技の得点を競う。


技と難度[編集]

難度[編集]

体操競技難度は技や運動の難しさの程度を言う。A~GまたはIまで、7または9段階に分類されそれぞれ0.1~0.7または0.9点が配点されている。そして10個の技の点の合計が演技価値点すなわちDスコアになる。これに演技のできばえを示すEスコアが加えられ得点が出される。本来難度はA~Cの3段階に分類されていたが、技術の進歩により1985年にはD難度、更に1993年にはE難度が導入された。しかしそれらをも上回るものが出てきたため、1998年から一時的にスーパーEが導入された後、2006年の規則改正に合わせてF難度、G難度が導入された。さらに2013年から採用される採点規則において、女子には新たにI難度が創設された。現在では難度が高い技ほど得点がのびやすいため難度の高い技を行う選手が増加している。

日常会話で使用され、「とっておきの大逆転技」という意味で用いられるウルトラCであるが、1964年東京オリンピックで体操競技の強化委員を務めた上迫忠夫が、五輪前年の強化合宿で取材に答えて発し、これをデイリースポーツが報じたのが初出とされる[4]。上記のように当時の難度はA,B,Cしかなく、当時の最高難度であったC難度よりもさらに難しい技という意味で使用されたとされるが、上迫の意図はむしろ「本来C以上のものもCに含まれていた」ため、そのようなものを区別するためにこの言葉で表現したという。

技と技名・新技[編集]

体操の技名は基本的に演技内容を粛々と述べただけのもの(例としてムーンサルト:鉄棒における後方2回宙返り1回ひねり下り)であるが、FIG(国際体操連盟)の定める国際大会で過去実施されたことのない新技を事前に申請した上で発表・成功すると、その技の通称として実施者の姓が技名として認定される。多くの技がこの名前で呼ばれ、ロサンゼルスオリンピック森末慎二が発表した平行棒での後方棒上かかえ込み二回宙返り腕支持はモリスエと呼ばれるなどしている。同一の人名の技が同名でその種目に存在する場合はそれぞれA,B,C...やII,III,IV...と語尾につけられる(例:シュテクリB・ゲイロードII)。

同一の人名が別々の種目につけられることもあり、山脇恭二が発表した技はあん馬での馬端から馬端への背面とび横移動、つり輪での前方かかえこみ二回宙返り懸垂があり、それぞれヤマワキと呼ばれる。

なお、塚原光男ミュンヘンオリンピックで発表した鉄棒での月面宙返り下り、いわゆるムーンサルトツカハラと名付けられている。ムーンサルトの命名は、恩師である竹本正男ローマ五輪金メダリスト・元日本体育大学副学長)である。

他に、田中光アトランタオリンピックに出場し平行棒においてオリジナル技「TANAKA」(懸垂前振りひねり前方かかえ込み2回宙返り腕支持:難度E)を発表し、認定されている。

新技を申請しFIGの定める国際大会で新技を成功させれば、コバチやトカチェフといった自らの姓がついた技を新技につけることができるのだが、もしも新技を失敗してしまうと、今後は誰がその同じ新技を国際試合で成功させようとも、その技に人の姓がつけられることはなく、その技には技の状態を表した長々とした名前だけが残る。ex:後方抱え込み3回宙返り3回ひねり下り(実在しない技)

2013年の白井健三が初めて成功した「後方伸身宙返り4回ひねり」が「シライ」となった。

採点方法[編集]

なお、ここの述べるルールはFIG(国際体操連盟)国際大会のルールであり、各地で開催される大会にはジュニアルールなど、多くのローカルルールも存在するが基本的には同じものである。

2009(2006)年以降[編集]

2006年から2008年までは技の難度、要求、加点によって決まるAスコア、実施された技の減点、不完全な技に対しては個々減点を行うなどの実施減点であるBスコアがそれぞれA審判、B審判により算出され、それぞれの合計が決定点となる。 また、2009年からはAがD、BがEと置き換えられている(difficulty、executionの頭文字) DスコアはD審判により次のように算出される。

特別要求(2.5(0.5×5))

グループがI~Vまであり(ゆかはI~IV)、それぞれのグループの技を一つでも実施すれば満たすことができる。
しかし終末技はD難度以上でなければいけない(C難度では0.3、A、Bでは0.0)
内容はたとえば鉄棒であれば、懸垂振動技、手放し技、鉄棒に近い技、背面・大逆手の技、終末技である
また、1つのグループにつき4技までしか実施してはいけない(実施しても価値は認められないが実施減点はある)

難度

技ごとにA~Gまでの難度が設定されており、A・B・C・D・E・F・Gの順に0.1~0.7の価値点があり、終末技の他に9技まで難度の高いほうから順に技を選ぶ(一つのグループで4技を超えて実施されていた場合は4技までしか取ることはできない)

組み合わせ加点

ゆかと鉄棒のみにある(つり輪は2009年に削除された)
床ではD難度以上の宙返り技と他の宙返り技を組み合わせることによって得られる。双方がD難度以上場合は0.2、片方の場合は0.1である。また、双方にまたがって加点を得ることはできない
前方2回ひねり→前宙(D+A)加点0.1
後方2・1/2ひねり→前方2回ひねり(D+D)加点0.2
テンポ宙返り→後方2・1/2ひねり→前方1/2ひねり(B+D+B)加点0.1
鉄棒の場合は離し技と離し技、離し技とその他の技の組み合わせによって得られる。

跳馬の場合

跳馬の場合は技ごとに価値点が決まっていて価値点が直接Dスコアとなる。
ちなみに2009年よりDスコアが7.0を越す技が出てきている。

2005年以前[編集]

2005年までの採点は、A審判による価値点の算出とB審判による減点から算出される。

価値点
A審判は、構成される演技構成から、10点満点で価値点を算出する。価値点の内訳は以下のとおり。ただし、跳馬種目においては以下の法則は適用されず、一つ実施される技そのものにより価値点が決定する。内訳は2005年度版
現在では採点により公平性を持たせるためといった理由により、10点満点制は廃止されているが、サーカスにはない体操にのみ備わる独特の美しさが損なわれ、難しい技を詰め込むだけの演技になるのではと危惧される一面もあり賛否両論である。
5.0 演技実施
演技を行うと与えられる。
2.8 難度要求
C難度以下の技を実施した場合、技の難度に応じて加えられる。最高でA,B,C難度それぞれ男子は4,3,3回(女子は2,3,3回)を実施する必要があることになるが、この項目は高い難度の技で低い難度を代用することが出来る。たとえば、A,B難度の技を一度も行わないとしてもC難度の技を10回実施すれば難度要求を満たすことになる。
0.6 特別要求
各種目により、実施が義務付けられているカテゴリの技を実施すると与えられる。たとえば男子の場合5種類あり、それぞれは0.1点だが終末技には0.2点が割り当てられている。内容はたとえば鉄棒であれば、懸垂振動技、手放し技、鉄棒に近い技、鉄棒に後ろ向きで行われる技、終末技が規則により設定されている。
1.6 難度加点
D難度以上の技を実施した場合、技の難度に応じて加えられる。技の個数に制限はなく、E難度を8回実施しても、D難度を16回実施しても満たすことが出来る。
技難度
体操競技で行われる技にはそれぞれ、A,B,C,D,E,スーパーEの難度が設定され、スーパーE難度の技が一番難しいとされる。A,B,C難度の技を実施することで、難度要求の部分に0.1,0.3,0.5の加点を、D,E,スーパーE難度の技を組み込むことにより、難度加点の部分に0.1,0.2,0.3点の加点をもらうことができる。ただし、ゆかのスーパーE難度技に対する加点は優遇され、0.4点が与えられる。
組み合わせ加点
技の組み合わせによって、たとえば、B難度とC難度の技を組み合わせることにより、一つ上のD難度にランクアップすることができる。また、C難度+D難度の実施は0.1、D+D,D+E,E+D,E+Eの組み合わせを実施すると0.2の加点が難度加点部分に与えられる。組み合わせ加点においてスーパーE難度の技はE難度と同等に計算される。
跳馬種目の価値点
技そのものに価値点があり、それぞれ7~10点の価値点が設定されている。10点の技は非常に難度が高く、たとえば前方3回宙返り半ひねり(ドラグレスク)など限られたものだけである。2004年アテネ五輪団体総合決勝で日本勢が実施した側転とび3/4ひねり後方伸身宙返り1回半ひねり(ドリッグス)は価値点9.9となり、この技では10点は獲得できない。
減点
B審判は、実施された技の減点を行う。不完全な技に対しては個々減点を行い、最終的に算出される点数はA審判の出した価値点からB審判の出した減点分を合算して算出される。不完全な技が、別の技になってしまった場合の減点ははA審判の裁量であり、B審判の採点はあくまでも実施された技(現実に見えた技)に対して行われる。また、女子競技の場合は芸術点の採点もB審判が行う。
禁止技・禁止行為
禁止技という物も規則により設定されており、たとえば、ゆかであれば片手倒立が禁止技とされている。この禁止技に指定されている技を行うと、減点されてしまう。また、あん馬の一部の技を除いた同一の技を3回以上繰り返す、つり輪で同じ技を3回以上演技に組み込む、ゆか種目でのラインオーバー・タイムオーバー、跳馬のラインオーバー、器具からの落下、なども減点対象となる。

その他[編集]

  • アトランタオリンピック田中光がこの時点で新技であるベーレ1/2ひねりを発表した際、彼がファンであるX JAPANからもじって、FIGに「ヒカルX」という名前を付けて貰うよう申請したが、却下されていたと本人が告白した話は有名である。
  • 体操競技で使用している鉄棒は、学校・公園にある鉄棒とは違い、良くしなる。
  • TBSが放送している番組である、芸能人によるスポーツマンNo.1決定戦内でのモンスターボックス種目(20段を超える跳び箱競技)では世界的な体操選手によるオープン戦も行われており、過去にはアレクセイ・ネモフや跳馬世界一であり、前転跳び2回宙返り半ひねりの技名にもなっているマリアン・ドラグレスクなど錚々たるメンバーも参加している。
  • ルーマニアの体操選手、白い妖精と呼ばれたナディア・コマネチ(nadia-comaneci)は体操史上初めて10点満点を出した選手として有名。初めて彼女が10点満点を出した演技が終了したときには、審判団は長い協議の末「1.00」というスコアボードを掲げたのだが、これは10点という点数を想定していなかったため、スコアボードで10点を表示できず仕方なく1.00点と表示したためだった。勿論、このスコアボードと共に点数が10点満点であることを伝えるアナウンスが会場に流れた。ちなみに、現在はルール自体が変更された為、満点という意味での10点満点は存在しなくなった。

脚注[編集]

  1. ^ 1980年代に活躍したダニエラ・シリバシュ(ルーマニア)が、2002年になって現役時代の年齢詐称を告白。近年では、シドニー五輪中華人民共和国女子選手の詐称が認定された[1]他、北京五輪でも同国の女子選手に詐称疑惑が起きた。
  2. ^ 日本国内の調査では、1972年1月〜1974年1月の2年間に10名が事故死・13名が頸椎骨折などの重傷を負ったことが判明した(1974年7月30日読売新聞「事故防止で禁止ワザを通達」より)。国内では後に画家として知られる星野富弘が、国外では世界選手権優勝のエレナ・ムヒナ(ソ連)が、それぞれ練習中の事故で身体障害を負ったことが特に有名である。
  3. ^ a b 1960年9月11日 読売新聞「日本体操の歩み」
  4. ^ 『デイリースポーツ三十年史』デイリースポーツ社、1978年、P49。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


体操競技種目

男子 : ゆか - あん馬 - つり輪 - 跳馬 - 平行棒 - 鉄棒 - 個人総合 - 団体総合
女子 : 跳馬 - 段違い平行棒 - 平均台 - ゆか - 個人総合 - 団体総合

新体操競技種目

ロープ - フープ - ボール - クラブ - リボン - 個人 - 団体

トランポリン競技