ムエタイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムエタイ
Muay Thai
プロのムエタイ
プロのムエタイ
別名 Thai boxing
発生国 タイ王国の旗 タイ
派生種目 キックボクシング
  

ムエタイタイ語: มวยไทย、英語: Muay Thai, Thai boxing)は、格闘技の一種で、発祥地・タイでは国技に指定されている。ムエタイの選手はナックモエという。

タイ語での発音的には「ムアイタイ」の方が近いが、日本では英語での発音に近い「ムエタイ」「ムエイタイ」の発音・表記で定着している。

直訳するとムアイはクメール語で1を起源とし、1対1の格闘のことであるため(たとえばプラーン(レスリング)のことをムアイプーランという)「タイ式の戦い」となる。元々は他国の侵攻に対抗するための古式ムエタイだった。ヨーロッパに知られタイボクシング(Thai boxing、タイ式ボクシングの意)と呼ばれることが多い。日本ではタイ式キックボクシングとも言われるケースがあるが、正しくはタイ式ボクシングである。キックボクシングは空手、ムエタイ、ボクシング等を元に日本で作られたものであり、厳密には違う競技である(理由は後述)。両手、両肘、両脚、両膝の八箇所を用いて相手と戦う。

タイにおけるムエタイ[編集]

アマチュアの試合でワイクルーを踊る選手。

タイの地方では一般的なスポーツで、日本人の子供が剣道柔道空手に通うのと同じ感覚で地元の講師の元に通う。また祭りなどの際に、人集めの催し物として行われることが多い。年齢、体格が似たもの同士が相手として選ばれる傾向がある。

国技である上、試合は賭けの対象でもあるため八百長に対しては非常に厳しい。八百長試合が発覚すれば、当事者はタイ国内法により罰せられる。実際に八百長を疑われる試合では観客からのブーイングにより試合が成立しないこともある。村の試合では、ときに日本の相撲の花相撲に演出が加えられた試合が行われることもある。

ムエタイのタイ国内での社会的ステータスは必ずしも高くない。これは競技が賭博の対象とされており、貧困層のスポーツと見なされているためである。貧富の差の激しいタイにおいて、貧しい家庭に生まれ、これといって手に職も学歴も無い子にとって、資本は自分の肉体のみであり、男の子ならナックモエ、女の子なら売春婦になるくらいしか生きていく術が無いといわれることすらある。

実際にバンコクの二大殿堂では、スポーツとしてではなく賭けの対象として観戦している観衆が大半を占める。そのため富裕層は、日本の親が礼儀を学ばせるために子弟に武道を学ばせるようには、ムエタイを学ぶことは滅多にない。しかし富裕層が海外留学した際、タイ出身と自己紹介するとたいていムエタイ経験を問われ、タイの文化として海外では高く評価されている事実に驚き、帰国した際にムエタイを学ぶ学生も多い。男性中心の競技で女性のプロ選手はまれだが、地方の人集めの試合なら女子児童・生徒の参加も比較的認められる。村対抗、学校対抗の試合は頻繁に行われ、賭けが少ないため、八百長が比較的少ない。さらに、国境の町などでも他国との親善試合がよく行われる。

ムエタイの文化[編集]

ナックモエは試合開始前にワイクルーと呼ばれる行為をする。より正確にはワイクルー・ラムムアイであり、ワイクルーは自分の師と両親に感謝を捧げ、神に勝利を願う意味があり、ラムムアイは戦いの前の舞のことで闘争心を高める効果があるとされる。また野外で戦っていた頃に、踊りながら地面のコンディションを確かめた。縦笛や太鼓、鉦の演奏の民族音楽の演奏で踊る。ちなみに、この演奏は、試合中もずっと続き、会場を独特の雰囲気に包む。

ムエタイの魅力[編集]

ムエタイは立ち技世界最強と名高い格闘技である。しかし、ボクシングのような打ち合いはあまり期待できない。ムエタイの試合は5ラウンドあるが1、2ラウンドは様子見に終始する。これは賭ける客がその様子を見て選手の調子を判断しどちらに賭けるか決めるという意味合いもある。そしてそれ以降のラウンドは延々と首相撲の攻防が繰り返される試合がほとんどであるから、派手な殴り合いを期待をして観戦すると、首相撲が頻繁に行われる馴れ合いの試合に見えることがある。

しかし首相撲の攻防には高度な技術的駆け引きが行われており、レベルが高くなればなるほど、まずまともに攻撃を食らうことはない。その上タイ人は基本的に小柄であるため、ボクシングの重量級などで見られるような試合でのKOはほとんどなく、判定にもつれこむ(KOが頻発すると八百長が疑われてしまう)。判定試合がほとんどであるにもかかわらず、会場に熱気があるのは、興行が賭けによって成り立ち、またクリンチと見間違えてしまう首相撲が、実は高い技術のぶつかり合いだからである。

歴史[編集]

古代[編集]

近代ムエタイの完成[編集]

1921年に、第一次世界大戦への参戦のために武器を大量に購入することが必要となってきたため再開。その資金捻出のために国王ラーマ6世がムエタイのトーナメントを開催した。この大会の試合はボクシングのリング上で行われ、時間も測り、レフェリーも置かれた。これがスポーツとしてのムエタイの始まりといってよいだろう。1929年には、拳の保護のためにそれまで使われていた木綿のひもがグローブに、基本の立ち方が平行立ちに、拳構えが金剛拳(ヴァジュラムシュティ)のみに改められ、現在の形に近くなった。また、空手のように人体の急所を学ぶ。

1936年、国名がシャムからタイへ。以降ムエタイの名称ができる。

1941年、ラジャダムナン・スタジアムが建設された。初めは野外競技場だったが屋根は後に増築された。

1955年、競技ルール(投げ技関節技を禁止、体重制、ラウンド制)ができる。

1956年、ルンピニー・スタジアムが建設された。

ムエタイの国際的普及[編集]

1990年代末には、これまでリングに上がることを許されなかった女性にムエタイを行うことが認められ、少しずつ女子ムエタイが行われるようになっている。また、ボクシングに対するアマチュアボクシングに当たる存在としてアマチュアムエタイも行われるようになった。これらはムエタイのオリンピック種目化を目指すタイの国策だといわれている。

またムエタイの国際化の影響として、近年には本場タイで修行し活躍する外国人選手も目立ってきた(ジャン・スカボロスキーなど)。また、過去には日本人4人、フランス人2人(中東系1人、現地名1人)が本場タイの王座を獲得した。

の6人である。また、ノンタイトル戦ではあるが、猪狩元秀が3人のムエタイ現役王者をKOしている。特に、タイ人選手層の厚いライト級等では外国人選手が入り込む余地がないと言われる程壁が高く、外国人として王座を奪取した功績は大きい(タイ人は比較的小柄・軽量の選手が多く、そのためムエタイの階級はミドル級までしかない<数年前まではウェルター級までしかなかった>。最も選手層が厚いのはバンタム級からフェザー級にかけてであり、ライト級は必ずしもタイ人選手層が厚いとは言えない。ただし、諸外国の選手を含めると中量級に分類されるので、世界的に層が厚いとは言える)。

最近は日本のK-1キックボクシング興行に参戦するタイ人選手(ブアカーオ・ポー.プラムックガオグライ・ゲーンノラシンガオラン・カウイチットサゲッダーオ・ギャットプートンサムゴー・ギャットモンテープ等)が多い。

日本でも2004年4月に世界ムエタイ連盟W.M.F / The World Muay thai Federation)認定WMFジャパンが正式に発足。元来、アマチュアのムエタイには二つの団体、国際アマチュアムエタイ連盟(I.F.M.A.)と国際ムエタイ連盟(I.M.T.F.)が存在していたが、その為参加国90数カ国という大組織にもかかわらず様々な混乱が生まれていた。ムエタイのオリンピックの種目化を目指し統合され世界ムエタイ連盟(W.M.F.)が発足した。

試合形式[編集]

アマチュア[編集]

世界ムエタイ連盟の定める所によれば、試合は2分3ラウンド制である。勝敗はKOまたはポイント加点形式で争われる。選手の攻撃をジャッジが有効と判断した場合、コンピューター処理のボタンを押し、ジャッジ5名のうち3名がボタンを押せば、1ポイントが加算される。タイで普段行われるプロのムエタイ同様、パンチよりもミドルキック・ハイキック・膝蹴り・肘打ちの方が重視される。

プロ[編集]

試合形式はラウンド制。1ラウンドを3分間とし、ラウンド間に2分間のインターバルをおく。通常5ラウンド行う。

選手の服装[編集]

アマチュア[編集]

アマチュアムエタイの選手は試合時にキックボクシング用のパンツをはき、ヘッドギア、肘サポーター、ボクシンググローブ、脛サポーター(レガース)そしてプロテクターボディーを身に付けなくてはならない。

プロ[編集]

選手はムエタイ用のトランクスを履きグローブを付けて試合を行う。女子選手は上着を着る。基本的に派手なものが多い。あるいは、企業のコマーシャルの入ったものもある(レッドブルなど)。また、負傷防止のためマウスピースとファウルカップを着用する。ボクシングシューズは履かず、裸足かサポーターをつけ、頭にモンコンと呼ばれる闘いのお守りであるヘッドリングを付ける(試合時は頭のモンコンは外す)。リングに上がる前に会長かトレーナーに被せて貰い、ワイクーが終わって試合直前に会長もしくはトレーナーに外してもらう(ムスリムの場合はモンコンの下に大きな布を被って入場する)。モンコンの色は選手のレベルによって変わり、初心者は白、最高位はピンク色である。モンコンはグローブを着用している選手自身ははずせないため、助手によってはずすことになるが、その際神聖とされる頭部にふれるため頭部に向かって合掌を行う。腕に付けている縄のようなものはお守りでパープラチアットと呼ばれ通常はお寺で僧侶に編んでもらう。

階級[編集]

基本的にはボクシングに準ずる。ルンピニーやラジャダムナンではミドル級まで(重い選手がいないため)。ただし、世界タイトルには団体によってプロボクシングにはない階級スーパーヘビー級が存在することもある。

アマチュア[編集]

世界ムエタイ連盟の定める基準は以下の通り。全21階級。

階級名称 体重
コットン級 38-40 kg
ペーパー級 40-42 kg
ピン級 42-45 kg
ミニフライ級 45-48 kg
ライトフライ級 48-49 kg
フライ級 49-51 kg
スーパーフライ級 51-52 kg
バンタム級 52-54 kg
スーパーバンタム級 54-55 kg
フェザー級 55-57 kg
スーパーフェザー級 57-59 kg
ライトウェルター級 61-64 kg
ウェルター級 64-67 kg
スーパーウェルター級 67-70 kg
ミドル級 70-72 kg
スーパーミドル級 72-76 kg
ライトヘビー級 76-79 kg
クルーザー級 79-86 kg
ヘビー級 86-91 kg
スーパーヘビー級 91 kg以上

プロ[編集]

世界ムエタイ評議会の定める基準は以下の通り。全18階級。

階級名称 キログラム/kg ポンド/lbs
ミニフライ級 47.727 kg 105 lbs
ジュニアフライ級 48.988 kg 108 lbs
フライ級 50.802 kg 112 lbs
ジュニアバンタム級 52.163 kg 115 lbs
バンタム級 53.524 kg 118 lbs
ジュニアフェザー級 55.338 kg 122 lbs
フェザー級 57.153 kg 126 lbs
ジュニアライト級 58.967 kg 130 lbs
ライト級 61.235 kg 135 lbs
ジュニアウェルター級 63.503 kg 140 lbs
ウェルター級 66.638 kg 147 lbs
ジュニアミドル級 69.853 kg 154 lbs
ミドル級 72.575 kg 160 lbs
スーパーミドル級 76.363 kg 168 lbs
ライトヘビー級 79.379 kg 175 lbs
クルーザー級 86.183 kg 190 lbs
ヘビー級 95 kg 209 lbs
スーパーヘビー級 95 kg以上 209 lbs以上

勝敗[編集]

アマチュア[編集]

世界ムエタイ連盟の定める勝敗の決し方は以下の通り。

  • 試合終了後の総ポイント数の優劣。
  • 20ポイント差が出た時点で、TKO(テクニカルノックアウト)が成立。(ダメージポイントやダウンポイントは特になく、すべて1ポイント扱いである)。
  • ダウンによる10カウントKO勝ち。

プロ[編集]

プロの勝敗の決し方は、以下の通り。

  • KO
  • TKO
  • レフェリーストップ
  • ギブアップ
  • 失格
  • 判定
  • 追放:明確な理由なく実績に不相応な試合をしている選手は、レフェリーによって追放されることがある。これは八百長防止措置で、選手はスタジアムから最高1年の出場停止を言い渡される。

採点方法[編集]

アマチュア[編集]

基本的にプロと同じルールで、加点方式である。各ラウンドの総トータル取得ポイントで判定する(ジャッジが効果的と思われる打撃が入った場合を1ポイントとしてのそのポイントの3ラウンドトータル数で勝敗を決める)。

プロ[編集]

ジャッジの採点においてキックボクシングと大きく異なるのは膝蹴りや蹴りの評価が高いことである。逆にパンチや肘打ちはほとんど評価されない。もっとも評価が高いのは首相撲からの膝蹴りである(後述)。

相手の蹴り足を自分の脛を上げて防御し、その足でそのまま相手を蹴るような攻撃や、ハイキックなど見た目も美しく相手に当てることが困難な攻撃は評価が高くなる。同様の理由で相手の脚を狙うローキックは容易な攻撃であるとみなされているので評価が低い。

キックは相手の腕に防御されても評価の対象となる。これはキックを腕で受けた場合はガードしたとみなされず、「腕を蹴られた」とみなされるからである。実際にパンチが得意な選手を封じるために腕を狙って蹴るということは戦略の初歩として行われており、稀にではあるが腕の骨を蹴り折られて勝敗が決することもある。

ムエタイで高く評価される攻撃方法に「首相撲」がある。これは相手の首を両手で捕まえて胴体に膝蹴りを叩き込んだり、投げ捨ててしまうような攻撃で、「相手を完全にコントロールしている」「相手に何もさせないでいる」という意味から高く評価される。

ただしムエタイにおいても投げ行為〜具体的には足をからめての投げ(柔道の内掛けや外掛けにあたる動作)〜は禁止とされている。したがって腕の力と体重移動とタイミングのみで投げを打つということになり、たやすい所作ではない。それが故に目の肥えた観客は首相撲を見ることを好み、タイのスタジアムでは試合中に最も盛り上がる瞬間となる。

また表情も採点の対象にされており、苦しい状況でも笑顔を絶やさないようにしている選手もいる。逆に苦しい表情を見せることはまずない。これはマイナス評価を受ける他に、八百長を疑われる可能性があるからである。

また、足払いで相手をスリップさせる行為(通称「コカす」)もムエタイでは有効で、これが綺麗に決まると会場から歓声が沸く。

タイトルについて[編集]

タイでは、試合の行われるスタジアムごとにランキングやタイトルが存在する。その中でも特に、ラジャダムナン・スタジアムルンピニー・スタジアムの両スタジアムのタイトルが権威があるとされている。また、近年ではタイ国プロムエタイ協会の認定するタイ国ナショナルタイトルが重視される傾向にある。しかし、これらの王座はミドル量級以上のランキングの制定や王座の認定を行っていないため、重量級の選手は王座に挑戦することができない。これは、こうした王座はタイ国内の王座であり、そのタイ国内において、70kgを超える重量級のタイ人ムエタイ選手がほとんどいないからである。

その他の世界王座については、1995年に設立された世界ムエタイ評議会(WMC、旧WMTC)や2004年に設立された世界プロムエタイ連盟(WPMF)等がタイに本部がある。特にWMCに関しては、タイ国スポーツ局の認定を受けており、現存するムエタイの世界王座としては高い価値がある。しかし、両者共にまだ歴史が浅い。2005年には、プロボクシングの王座認定団体である世界ボクシング評議会(WBC)が、タイ国の関係者の要請を受け、ムエタイの王座を認定するWBCムエタイを設立。しかし、2008年にタイ国プロムエタイ協会の総裁のソムチャート・ジャルンワチャラウィットが、WBCムエタイを「個人タイトル」と呼び、その権威がタイ国政府によって保障されていないことを暴露した。

また、世界キックボクシング協会(WKA)や国際競技空手協会(ISKA)といった元来プロ空手キックボクシングの団体でありながらムエタイの王座を設けているところがある。これは複数の種類の王座を認定することで、団体の主な収入源である認定料を稼ぐことが目的である。

日本の国内王座としてはWPMF日本王座とWBCムエタイ日本統一王座が存在する。

近年のムエタイ、国際式(ボクシング)との関係[編集]

前述したように、ムエタイは賭けの対象となるので八百長は厳禁である。だが最近では八百長が発覚し選手、プロモーターが追放されるケースがある。もっとも八百長自体は以前からあったとは思われるが、生活費を賭け、目の肥えた観客は「疑わしきは、選手・試合問わず罰せよ」の方針で厳しく追及してくる。裏を返せばムエタイに限らず賭けの対象になる競技で八百長をすると莫大な利益が生まれるという見本でもある。

ボクシング(ムエタイと比較して、国際式と表記される)王者を大勢輩出しているタイ国だが、国際式の前にムエタイを経験しているケースが以前はほとんどであったが、近年は最初から国際式のみのキャリアの選手も増えている。

ムエタイから国際式への転向で目立つのは、3戦目で世界王者になったセンサク・ムアンスリン、4戦目で世界王者になったウィラポン・ナコンルアンプロモーションを筆頭に、ムエタイの下地の強さを活かして短期間で世界王者になる選手が多いことである。サーマート・パヤクァルンのように、ムエタイと国際式を掛け持ちする選手もいる。また、国際式とムエタイが同じ興行で行われることも多い。

ムエタイから国際式に転向する長所は、国際式国内王者レベルだとムエタイの方がファイトマネーは高いが、世界王者になると国際式の方が格段に稼げる点が大きい。ナックモエの体格、階級から見ると、ラスベガスでの大興行が行われるアメリカに呼ばれるケースは少なく、日本での世界戦が現実的で稼げる場所といえる。また、体格の点で転向するケースもあり、カオサイ・ギャラクシーは強いパンチと脚が短いので国際式に勧められたと語っている。

また、転向が裏目に出るケースもある。首相撲からの膝蹴りでムエタイでは飛び抜けた存在であったディーゼルノイ・チョータナスカンはムエタイでは強すぎて賭けが成立しなくなってしまい、仕方なく国際式に転向するがパンチは不得意で戦歴は芳しくなかった。

タイの田舎の貧困から抜け出すには、男はムエタイ選手、女は娼婦になるしかないというのが昔のタイの姿であった。だが近代化が進み、日本よりも大卒の価値が高いタイでは、特に男子を無理してでも大卒にして高給取りを狙うケースが増えており、ムエタイに良い人材が流れない傾向がある。またムエタイで学費を稼ぐガオラン・カウイチットK-1MAX準優勝)の様なケースもある。一方で女子ムエタイも盛んに行われるようになった。2大聖地では試合はおろか女性がリングに上がることすら許されないが、他の競技会場ではほとんどが女子の試合が可能となっており(中には、リングが穢れないように白いシーツを強いてからという前近代的な村もある)、中でもランシット・スタジアムでは1990年代より開かれている。中には、アリー選手のように美少女拳士として名を上げ、アイドルになる例もある。

ムエタイ選手は、賭けの対象となるため、選手というよりは競走馬の様な扱いに近く、憧れや尊敬の対象にはなりづらい。K-1MAX優勝者ブアカーオ・ポー.プラムックが「日本で若い女性に声をかけられて驚いた。タイでは考えられないことだ」と発言していたのは、タイでのムエタイ選手の扱いが低いことを裏付けている。

アマチュア団体[編集]

世界タイトル[編集]

その他のキックボクシングの団体も、ムエタイの王座を認定しているところもある。それらについては下記の一覧表を参照。

ムエタイを扱った作品[編集]

書籍[編集]

  • 「闘う女。そんな私のこんな生きかた」 下関崇子著 徳間書店 ISBN 4198920753 (2004年6月)
  • 「天使がくれた戦う心(チャイ)」 会津泰成著 情報センター出版局 ISBN 4795840628 (2003年8月)
  • 「5RKO! 青春は痛い」 林英司著 産心社 ISBN 4879203343(2005年7月)
  • 「バンコク・自分探しのリング—ムエタイを選んだ五人の若者」吉川秀樹著 めこん ISBN 4839601232 (1999年3月)
  • 「ムエタイの世界 ギャンブル化変容の体験的考察」菱田慶文著 めこん ISBN 978-4-8396-0277-2 (2014年4月)

映画[編集]

漫画[編集]

対戦型格闘ゲーム[編集]

()内はムエタイを格闘スタイルとするキャラクター。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]