武道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

武道(ぶどう)とは、

  1. 江戸時代に用いられた武士道の異称。
  2. 日本の武芸武術の異称。古武道を参照。
  3. 近代から現代にかけて2.から発展した武道(現代武道)。本項で詳述。

定義と理念[編集]

武道とは、広義には古武道を含むが、狭義には明治維新以降に古武道から発展したもので[1]、人を殺傷・制圧する技術に、その技を磨く稽古を通じて人格の完成をめざす[2]、といったの理念が加わったもの。古武道と明確に区別する場合、現代武道と呼ぶ。道の追求という点については、残心(残身、残芯)などの共通する心構え所作などから茶道日本舞踊芸道ともかかわりを持つ。また、競技でもあることからスポーツ体育との共通点も多い。

武道の理念は時代あるいは組織や個人により様々であり、正反対の考え方さえ存在しているが、主要武道9連盟が加盟する日本武道協議会は「武道は、武士道の伝統に由来する我が国で体系化された武技の修錬による心技一如の運動文化で、柔道剣道弓道相撲空手道合気道少林寺拳法なぎなた銃剣道を修錬して心技体を一体として鍛え、人格を磨き、道徳心を高め、礼節を尊重する態度を養う、国家、社会の平和と繁栄に寄与する人間形成の道である。」と制定している[3]

歴史[編集]

「武道」という言葉は江戸時代には武士道のことを指したが、江戸時代後期頃から武術のことも指すようになった。

明治維新によって武士身分が廃止され、武術は廃れ、武術興行などを行いなんとか命脈を保つ状態となった。このような中、嘉納治五郎柔術を独自に理論化・合理化した講道館柔道を開き栄えた。教育者であった嘉納の思想は後の武道家に強い影響を与えた。

明治末から大正にかけて、武術はそれまでの戦闘技術が主となる内容ではなく、心身鍛錬や教育的効用を重んじる風潮となった[注釈 1]。武術から武道への名称変更の主唱者となったのが西久保弘道である[4]。西久保は大正時代に大日本武徳会の副会長に就任すると、武術専門学校を武道専門学校へ名称変更した。

その背景について、福島大学教授の中村民雄や筑波大学名誉教授の渡辺一郎らの研究によると、武術興行などを行い堕落した(とみなされた)武術と区別するために、教育的に有用である真剣な修行という意味で「武道」という名称を用いたのであるという。当時は古武道、現代武道の違いはあまり意識されていなかったが、現在では区別されることが多い。

主な武道(新興武道含む)[編集]

太字日本武道協議会に加盟している武道。掲載順は日本武道協議会に従う。※は天皇盃(皇后盃)武道。

段級位[編集]

第二次世界大戦前に大日本武徳会が柔道・剣道・弓道に段級位制を採用(段位制は講道館が、級位制は警視庁が先行して採用)して以降、他の武道にも採用され現在に至っている。ただしその区分けはそれぞれ歴史的経緯があり、武道によりまったく異なる。また、実力によらず寄付宣伝等の功績により与えられる名誉段位が存在する武道団体もある。

  • 級 - なお、飛び級することもある。
十級、九級、八級、七級、六級、五級、四級、三級、二級、一級
初段、二段、三段、四段、五段、六段、七段、八段、九段、十段

称号[編集]

明治期において、大日本武徳会が武術に精励した者に対して精錬証を授けたことが後の範士・教士・錬士の称号制定につながっている。現在も各武道の統括団体が称号を授与している。

競技化[編集]

試合競技を導入している武道も現在では多くみられるが、本来は、柔術の乱取り稽古や剣術の竹刀稽古に代表されるような武術の稽古方法である。

多くのスポーツは試合で勝利することが目的である。
しかし、武道は戦場の格闘術などから発展した歴史があるため、競技に勝つことが命題ではないと考える風潮は歴史的に強い。一方で柔道のオリンピック競技への導入以降、多くの武道で競技が重視されることになった。試合導入に関しては、前述の柔道のほか、剣術の明治以降の競技化(剣道)や、富木謙治による合気道への試合の導入などの歴史の中で試行錯誤が繰り返されている。

試合・組手の導入[編集]

利点[編集]

  • 乱取りの機会が増える。
  • 技の形骸化の防止。
  • 技の改良や誤った伝承の修正が行われ易い。
  • 試合用に過ぎないが正しい体裁きの感覚が早く身につく。
  • 緊張感を持つことによる、精神力や集中力の向上。
  • 体力が向上し易い。

欠点[編集]

  • その試合規則で有用な技術が重視され、それ以外の技術は疎かになり易い。また、どんな試合規則にしても(禁止技無しでさえ)一対一で合図と共に戦いが始まることが前提となり、不意打ちや隠し武器などを想定した技術まで包括することは難しい。
  • 技よりも筋力や速度重視に陥り易い。

形(型)競技・演武競技の導入[編集]

利点[編集]

  • 競技として試合・組手だけを行っていると、形(型)演武は疎かにされ易くなるので、形(型)競技・演武競技も同時に行えばそれを防ぐことができる。

欠点[編集]

  • 形(型)・演武の実用面からの評価は流派、武道家などにより様々であり客観的評価が困難で、見た目の美しさや速度を重視した採点基準になってしまい、「本来の姿」から乖離してしまう(中国武術#伝統拳と制定拳空手道#型と組手参照)。しかし、「」は武道の三大要素「用・美・道」のひとつで大事なことだとの反論もある。

スポーツとの関係[編集]

第二次世界大戦前、武道は国策によって国民の戦意高揚や軍国主義に利用されたため、戦後は占領軍から民主的なスポーツとして実施するよう勧告された。そのため戦後の武道はスポーツ色が強い。

2000年代公益法人制度改革以前は、日本武道協議会に加盟している9連盟(柔道剣道弓道相撲空手道合気道少林寺拳法なぎなた銃剣道)はすべて文部科学省スポーツ・青少年局競技スポーツ課の所管に属し、行政上スポーツに分類されていた。

現在も事実上スポーツの一種として扱われているが、スポーツとの関係をどうとらえるかは、以下のように、組織や個人により様々である。「スポーツ」を「体育」や「格闘技」に置き換えても同じようなとらえ方がそれぞれ存在する。

  • スポーツと武道は対立概念でありスポーツ性が増せば武道性は減る。
  • スポーツと武道は対立概念ではなく、武道でありスポーツでもある事は可能。
  • 武道の一部にスポーツの部分があるだけで、いくらスポーツの部分が多くなっても全体としてはあくまでも武道に過ぎない。
  • ジョギングチェスヨガでさえ、スポーツなのだから、武道も当然、スポーツである。したがってどんな形をとろうが武道はスポーツである。
  • スポーツの定義は曖昧であり、武道の定義はさらにも増して曖昧である。だからこのようなことを考えるのは意味がない。

学校教育(体育)[編集]

学校教育(体育)において明治期には武術は教育困難でかつ有害であるとされていたが、講道館大日本武徳会による柔道(柔術)、剣術の統一の基本技制定や集団指導法など教授法改良により明治44年(1898年)に旧制中学校の課外授業に撃剣(剣術)と柔術が導入され、名称は武道、剣道、柔道とされ、必修の正課になった。

太平洋戦争敗戦後、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)により学校での武道教授は禁止され、撓競技などのスポーツが生み出された。昭和25年(1950年)に文部省の新制中学校の選択教材に柔道、昭和27年(1952年)に剣道が解禁された。昭和28年(1958年)の中学学習指導要領で、柔道、剣道、相撲などの武道が格技という名称で正課授業が行われた。格技の練習場は「格技場」であるが、地方自治体体育館などでは「挌技場」という表記も見られる。平成元年(1989年)の新学習指導要領で格技から武道に名称が戻された。

平成24年(2012年)4月から中学校の体育で男女共に武道とダンスが必修になった(中学校武道必修化)。武道は原則として柔道剣道相撲から選択する。柔道を実施する学校が多いが、地域によってはその他の武道も実施する場合もある。

武道と縁の深い神社[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 高野佐三郎剣道の目的について次のように述べている。

    剣道は元来敵を殺し、我身を護る所の戦闘法でありまして、戦国時代から徳川の時代に発達したものでありますが、明治御一新以来武士という階級は無くなり、帯刀も禁ぜられ、戦争をするにも昔とは戦争法が変わって、大砲、小銃、飛行機、鉄条網、毒瓦斯等が用いられ、剣道の戦争法としての実用的価値は余程範囲が狭くなったのであります。無論今日でも白兵戦や個人的格闘には最も有力なる戦闘術でありまして、軍人、警察官には常に実用の技術として練習されるであろうが、今日では右の外精神を修養し、身体を鍛錬するの方法として価値を認められて居るのであります。即ち、剣道の目的は一口に云えば心身鍛錬という事であります。就中、精神の鍛練に重きを置いて居ります。

    堂本昭彦『高野佐三郎剣道遺稿集』、スキージャーナル

出典[編集]

  1. ^ 「武道は、日本古来の尚武の精神に由来し、長い歴史と社会の変遷を経て、術から道に発展した伝統文化である。」(日本武道協議会 武道憲章)
  2. ^ 「武道は、武技による心身の鍛錬を通じて人格を磨き、識見を高め、有為の人物を育成することを目的とする。」(日本武道協議会 武道憲章 第1条)
  3. ^ 武道の理念(平成20年10月10日 日本武道協議会制定)
  4. ^ 西久保氏武道訓

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]