コーフボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
屋外でのコーフボール風景(オランダ)

コーフボール: korfball: korfbal)は、バスケットボールを入れることを競うスポーツ競技バスケットボールと違ってバスケットの後ろに板が設置されていないポールを使用する。主に、このスポーツが発明されたオランダで行われている。男女それぞれ4人ずつ計8人が1チームとして、同じコートに入って競技する。

コーフボールの特徴[編集]

とくにバスケットボールと比較して、以下のような特徴がある。

  1. ドリブルが禁止されていること。
  2. 男女混合スポーツであること。
  3. ゴールの周り360°どこからでもシュートできること。

歴史[編集]

コーフボールは、1902年、オランダ人ニッコ・ブロークフィセによって考案された比較的新しいスポーツである。学校の教師であったブロークフィセはバスケットボールをもとに、屋外で少年少女が混合で楽しむスポーツとしてコーフボールを発案し、競技ルールの工夫を重ねた。

コーフボールの国際大会[編集]

コーフボールのコーフ(バスケット)とボール

1920年アントワープオリンピック及び1928年アムステルダムオリンピック公開競技として行われた。 世界選手権は、1978年より4年ごとに開催されている。ワールドゲームズでは、第2回大会(1985年)から実施されている。

日本コーフボール協会[編集]

日本でのコーフボールの普及・統括を目的とした団体で、国際コーフボール連盟、日本ワールドゲームズ協会日本レクリエーション協会に加盟している。

沿革
  • 1991年 - 設立
  • 1994年 - 日本レクリエーション協会に加盟
大会
  • コーフボールジャパンオープン
  • コーフボール日本選手権

外部リンク[編集]