ピックルボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピックルボール(Pickleball)は卓球テニスバドミントンを元に考えられた競技で、学校や公共施設などでプレーされるレクリエーション的な性格を持つスポーツ。ルールや戦略などはテニスに準ずる。

ピックルボールのコート

歴史[編集]

1965年アメリカシアトルで家族で楽しめるゲームとして考案された。ピックル(Pickle)の名前は飼い犬の名前に由来する。

主に北米でプレーされているが、日本においても中高齢の人でも楽しめる生涯スポーツとして自治体などの主導で普及が図られている。

コート[編集]

バドミントンと同じサイズのコートで行う(幅6.1m、長さ13.4m)。ネットは公式戦では両端で91.4cm(36インチ=3フィート)中央で86.4cm(34インチ)の高さになるように張るよう定められているが、一般的には90cmの高さにする。

用具[編集]

ボール[編集]

直径7.3cm以上7.62cm以内、重さ21グラムから29グラムの中空のプラスチック製のボールに穴があいたものを使う。屋外用の金属製のものもある。

ラケット[編集]

卓球のラケットに似たもので、一廻り大きくしたサイズである(幅20cm、長さ40cm程度)。ただし、表面にはラバー等は張ってはいけない。主に木製のものが用いられるが、より高い競技性を求めて繊維強化プラスチックなどの複合材料のものが用いられることもある。

ルール[編集]

テニスと同じと考えていいが、いくつか相違点がある。

  • サーブ
    • サーパーはベースラインの後ろに立ち、相手の対角側にあるサービスコートに打ち入れるが、必ずアンダーハンドで行わなければならない。サーブできるのは1回だけで、ネットインの場合は打ち直し。
    • レシーブ側は必ずサーブをワンバウンドさせてから打たなくてはいけない。また、サーブ側も最初のリターンボールはワンバウンドさせて打たなくてはいけない。つまり、テニスでいうサーブアンドボレーはできないことになる。
  • ノンボレーゾーン
    • ワンバウンドする前のボールを打つ場合、ネットから2.1mのノンボレーゾーンに入ってはいけない。打った後にラインを越えてもファールとなる。
  • 得点
    • 得点はサーブ権を持っている側のみに入る。ゲームは1セット11点で行うが、10対10になった場合は2点差がつくまで延長する。3ないし5セットマッチで行う場合が多い。
    • ボールを体(手を除く)で打ち返したり、着衣に触れた場合はファールである

関連項目[編集]

外部リンク[編集]