富木謙治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

富木 謙治(とみき けんじ、1900年3月15日 - 1979年12月25日)は日本武道合気道柔道)家。日本合気道協会 昭道館(しょうどうかん)の設立者。秋田県角館町(現:仙北市)出身。

講道館柔道創始者・嘉納治五郎柔術を柔道に昇華させたように、合気道をより昇華させることを目指し、合気道の乱取り稽古を考案し導入した。富木の合気道は乱取り稽古を行うなど、他の会派と異なる点も多いため、区別するため、「富木流合気道」、「富木合気道」と呼ばれる。(ただし、富木自身はこの呼称を用いていない)早稲田大学日本体育大学等の教員をし、合気道の普及発展に貢献した第一人者と云われる。

年譜[編集]

弟子[編集]

著作[編集]

  • 柔道体操(1954年)
  • 合気道入門(1958年)
  • 新合気道テキスト(1964年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]