志々田文明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

志々田 文明(ししだ ふみあき、1949年 - )は、日本スポーツ科学者(早稲田大学スポーツ科学学術院教授、日本武道学会監事)、合気道家(日本合気道協会師範、警察大学校講師)。

経歴[編集]

著作[編集]

論文[編集]

  • 「武道の特性と合気道競技の特性に関する一考察」
  • 「日本武道の基本構造論 -その必要性と有効性」
  • 「武道論とその課題」
  • 「1965年前後の「武道の現代化」論について」
  • 「建国大学における武道・課外活動」
  • 「建国大学の教育と石原莞爾」
  • 「「民族協和」と建国大学の教育」
  • 「武道家福島清三郎と石原莞爾」
  • 「「国際化」と武道の変容」
  • 「「満洲国」建国大学に於ける銃剣道教育」
  • 「合気道競技史の研究 -合気乱取り法の創案過程を中心に」
  • 「「満州国」建国大学に於ける騎道教育」
  • 「The Japanese Budo Theory of Kenji Tomiki Before World War II and the Germ of Aikido」
  • 「武術・武道の「国際化」と文化変容に伴う諸問題」
  • 「The Process of Forming Aikido and Japanese Imperial Navy Admiral Isamu」

著書[編集]