嘉納治五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
嘉納 治五郎
Kano Jigoro.jpg
生年月日 1860年12月9日万延元年10月28日
出生地 摂津国菟原郡御影村
没年月日 1938年昭和13年)5月4日
出身校 東京大学文学部
称号 勲一等旭日大綬章
文学士
柔道範士
親族 嘉納履正(次男)
嘉納行光(孫)
柳宗悦(甥)

日本の旗 講道館館長
任期 1882年 - 1938年

任期 1893年6月19日 - 同9月20日

任期 1893年9月20日 - 1897年8月20日
任期 1897年11月19日 - 1898年6月20日
任期 1901年5月9日 - 1920年1月16日

その他の職歴
オリンピックの旗 国際オリンピック委員会委員
1909年 - 1938年
日本の旗 大日本体育協会会長
1911年 - 1921年
日本の旗 貴族院議員
1922年 - )
テンプレートを表示
20代の頃の治五郎
筑波大学附属小学校の占春園(元・東京高等師範学校附属小学校)にある嘉納治五郎像(東京都文京区

嘉納 治五郎(かのう じごろう、1860年12月9日万延元年10月28日) - 1938年昭和13年)5月4日)は、日本柔道家教育者である。兵庫県平民[1]

講道館柔道創始者であり柔道・スポーツ教育分野の発展や日本のオリンピック初参加に尽力するなど、明治から昭和にかけて日本に於けるスポーツの道を開いた。「柔道の父」と呼ばれ、また「日本の体育の父」とも呼ばれる。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

1860年12月9日(万延元年10月28日)、摂津国御影村(現・兵庫県神戸市東灘区御影町)で父・嘉納治朗作(希芝)と母・定子の三男として生まれる。

嘉納家は御影に於いて屈指の名家であり、祖父の治作は酒造廻船にて甚だ高名があった。その長女・定子に婿入りしたのが治五郎の父・治朗作である。初め治作は治朗作に家を継がせようとしていたが治朗作はこれを治作の実子である義弟に譲り、自らは廻船業を行って幕府の廻船方御用達を務め和田岬砲台の建造を請け負い勝海舟パトロンともなった。柳宗悦の義母は治五郎の姉である。ちなみに同じ嘉納家ではあるが嘉納三家と呼ばれる現在の菊正宗酒造白鶴酒造とは区別される。

1873年明治6年)、明治政府に招聘された父に付いて上京し、東京にて書道英語などを学んだ。

柔道創始[編集]

1874年(明治7年)、育英義塾に入塾。その後、官立東京開成学校(のちの東京大学)に進学。1877年(明治10年)に東京大学に入学した。しかし育英義塾・開成学校時代から自身の虚弱な体質から強力の者に負けていたことを悔しく思い非力な者でも強力なものに勝てるという柔術を学びたいと考えていたが、親の反対により許されなかった。当時は文明開化の時であり柔術は全く省みられなくなり、師匠を探すのにも苦労し柳生心眼流大島一学に短期間入門したりした後、天神真楊流柔術福田八之助に念願の柔術入門を果たす。この時期の話として、「先生(福田)から投げられた際に、『これはどうやって投げるのですか』と聞いたところ、先生は『数さえこなせば解るようになる』と答えられた」という話がある。窮理の徒である治五郎らしい話である。

1879年(明治12年)7月、渋沢栄一の依頼で渋沢の飛鳥山別荘にて7月3日から来日中のユリシーズ・グラントアメリカ合衆国大統領に柔術を演武した。8月、福田が52歳で死んだ後は天神真楊流の家元である磯正智に学ぶ。

1881年(明治14年)、東京大学文学部哲学政治学理財学科卒業。磯の死後、起倒流の飯久保恒年に学ぶようになる。柔術二流派の技術を取捨選択し、崩しの理論などを確立して独自の「柔道」を作る。

1882年(明治15年)、下谷北稲荷町16(現・台東区東上野5丁目)にある永昌寺の12畳の居間と7畳の書院を道場とし囲碁将棋から段位制を取り入れ講道館を設立した。

1883年(明治16年)10月、起倒流皆伝。治五郎は柔術のみならず剣術棒術薙刀術などの他の古武道についても自らの柔道と同じように理論化することを企図し香取神道流(玉井済道、飯篠長盛、椎名市蔵、玉井滲道)や鹿島新当流の師範を招いて講道館の有段者を対象に「古武道研究会」を開き、剣術や棒術を学ばせた。また望月稔、村重有利、杉野嘉男などの弟子を選抜し大東流合気柔術(後に合気道を開く)の植芝盛平[2]神道夢想流杖術清水隆次、香取神道流の椎名市蔵などに入門させた。薙刀術は各流派を学んだ(雑誌『新武道』によるとこの薙刀術が1941年昭和16年) - 1942年(昭和17年)頃の国民学校の標準となったと記されているが国民学校令施行より以前に既に大日本武徳会式の薙刀術が学校教育に採用されているため、この記述の正確性には疑問が残る)。

1905年(明治38年)、大日本武徳会から柔道範士号を授与される[3]

教育者として[編集]

嘉納は教育者としても尽力し、1882年(明治15年)1月から学習院教頭、1893年(明治26年)より通算25年間ほど東京高等師範学校東京教育大学を経た現在の筑波大学なお、筑波大学キャンパス内にも立像が建っている。)校長ならびに東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)校長を務めた[4]ほか、旧制第五高等中学校(現・熊本大学)校長などを務め(部下の教授に、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)等がいた)、さらには、嘉納自身が柔道の精神として唱えた「精力善用」「自他共栄」を校是とした旧制灘中学校(現・灘中学校・高等学校)の設立にも関わるなど教育者としても尽力する。文部省参事官、普通学務局長、宮内省御用掛なども兼務した。


また中国人留学生の受け入れにも努め、牛込弘文学院(校長・松本亀次郎)を開いた。のちに文学革命の旗手となる魯迅もここで学び、治五郎に師事した。魯迅の留学については2007年平成19年)、中華人民共和国国務院総理温家宝が来日した際、温の国会演説でもとり挙げられた。また旧制第五高等学校の校長だった頃、旧熊本藩の体術師範だった星野九門四天流柔術)と交流している。

1887年(明治20年)、井上円了が開設した哲学館東洋大学の前身)で講師となる。棚橋一郎とともに倫理学科目を担当し、同科の『哲学館講義録』を共著で執筆。1898年(明治31年)、全国の旧制中学の必修科目として柔道が採用される。

スポーツ[編集]

日本のスポーツの道を開き、1909年(明治42年)には日本人初のIOC(国際オリンピック委員会)委員となる。

1911年(明治44年)に大日本体育協会(現・日本体育協会)を設立してその会長となる。1912年大正元年)、日本が初参加したストックホルムオリンピック於いては団長として参加した。

1936年(昭和11年)のIOC総会で、1940年(昭和15年)の東京オリンピック(後に戦争の激化により返上)招致に成功した。

死去[編集]

1938年(昭和13年)のカイロエジプト)でのIOC総会からの帰国途上の5月4日(横浜到着の2日前)、氷川丸の船内で肺炎により死去(遺体は氷詰にして持ち帰られた)。77歳没。生前の功績に対し勲一等旭日大綬章を賜る。墓所千葉県松戸市東京都立八柱霊園に在る。

エピソード[編集]

  • 1891年(明治24年)1月、欧米視察より帰国する船上でロシア人士官に挑まれこれを投げた。同年4月10日の讀賣新聞がこの記事を掲載した。

弟子[編集]

四天王[編集]

その他の主な弟子[編集]

他にもたくさんの弟子が居る。

モデルとしたフィクション[編集]

小説
映画
  • 柔道一代 - 嘉納をモデルにした香野が登場する

参考資料[編集]

  • 藤堂良明 :「嘉納治五郎の柔道論に関する研究 : 柔術の集大成との関係について」、博士論文書誌データベースより[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『人事興信録. 7版』(大正14年)か三四
  2. ^ 嘉納は自ら皇武館を訪れ、盛平の技を見て思わず「私の求めていた物はこれだ!!」と叫んだという。
  3. ^ 『武道範士教士錬士名鑑』163頁、大日本武徳会本部雑誌部
  4. ^ 治五郎が東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)の校長を務めたのは、1893年明治27年) - 1897年(明治30年)の4年間、1898年(明治31年)に半年間、1901年(明治34年) - 1920年大正9年)の20年間と通算では25年間近い。 同校の歴代校長の在任期間としては最長。
  5. ^ 博士論文書誌データベース

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
-
日本体育協会会長
初代:1911 - 1921
次代:
岸清一