1954年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
千年紀: 2千年紀
世紀: 19世紀 - 20世紀 - 21世紀
10年紀: 1930年代 1940年代 1950年代 1960年代 1970年代
: 1951年 1952年 1953年 1954年 1955年 1956年 1957年

1954年(1954 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、金曜日から始まる平年

他の紀年法[編集]

※檀紀は、大韓民国1948年に法的根拠を与えられたが、1962年からは公式な場では使用されていない。
※主体暦は、朝鮮民主主義人民共和国1997年に制定された。

カレンダー[編集]

1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
3月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
4月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
5月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
6月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
7月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
9月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
11月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

できごと[編集]

二重橋事件(1月2日)
事件当日の二重橋
キャッスル作戦実施
水爆「ブラボー」のキノコ雲(3月1日)
ボーイング707の原型機ボーイング367-80初飛行(7月15日)
洞爺丸事故(9月26日)
転覆した洞爺丸

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

芸術・文化・ファッション[編集]

1954年のスポーツ[編集]

1954年の映画[編集]

1954年の文学[編集]

1954年のラジオ[編集]

誕生[編集]

元サッカー選手ソクラテス(2月19日)
アクション俳優・映画監督ジャッキー・チェン(4月7日)
元F1レーサーリカルド・パトレーゼ(4月17日)
ベラルーシ大統領アレクサンドル・ルカシェンコ(8月30日)
元日本国内閣総理大臣安倍晋三(9月21日)
ジョージ・リンチ(9月28日)
作家カズオ・イシグロ(11月8日)
元アメリカ国務長官コンドリーザ・ライス(11月14日)
タレント・画家片岡鶴太郎(12月21日)
画像は片岡鶴太郎美術館

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

不詳[編集]

死去[編集]

作曲家オスカー・シュトラウス(1月11日)
物理学者本多光太郎(2月12日)
ドイツ陸軍上級大将ハインツ・グデーリアン(5月14日)
国会議員当選回数・議員勤続年数・最高齢議員記録を持つ「憲政の神様」尾崎行雄(10月6日)
彼等は、玉座を以て胸壁と為し、詔勅を以て弾丸に代へて政敵を倒さんとするものではないか。 - 桂太郎に対する演説
画家アンリ・マティス(11月3日)
法律家アンドレイ・ヴィシンスキー(11月22日)
自白は、すべての証拠を上回るいわば、女王である。

ノーベル賞[編集]

フィクションのできごと[編集]

ゴジラが復活し、東京を襲撃する
画像は映画ポスター