ウィッフルボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウィッフルボール(Wiffleball)とは、野球を原型として考案されたスポーツである。

概要 [編集]

1953年、アメリカコネティカット州に住むデビッド・N・ムラニーによって考案される。もともとは、スペースの限られた自宅の庭で「息子と手軽かつ安全に野球をするためには、どうすればいいだろう?」という着想から生まれた。現在はアメリカやスペインなどで、主にレジャースポーツとして人気であるほか、シニアのリーグ戦も存在する。

ルール[編集]

野球と同様、2つのチームが攻撃と守備を交互に繰り返して勝敗を競う。

試合形式[編集]

攻撃側は、相手投手が投げた球を打って、所定のエリアまでワンバウンド以上の打球を飛ばすことによって得点を得る。野球とは異なり、必ずしも走塁は必要ない。守備側は、相手に得点を与えないように打者をアウトにする。3つアウトを取れば攻撃に移れる点、9イニングまで試合を行う点などは、野球と同様である。

チーム編成[編集]

正式なルールでは、1チームは5人の選手で構成される。投手、シングルエリア、ダブルエリア、トリプルエリア、ホームランエリアをそれぞれ守備する野手1名ずつで、打順も必ずこの順番で組まなければならない。またそれぞれの野手は、自分が担当するエリア以外を守備することはできない。

用具[編集]

ボールは中空のプラスチック製で、表面に穴の空いたものを使用する。これにより、変化球は野球におけるそれよりも複雑な空気抵抗を受け、非常に独特且つ大きな変化をする。バットもプラスチック製であり、全長は最大79㎝。重量は野球におけるそれよりも軽く、また細い。ウィッフルボールにおいては捕手がいないため、代用品としてストライクゾーンに見立てた長方形の的を使用する。ノーバウンドで当てた場合ストライク、それ以外の場合はボールとなる。

グラウンドの形状・サイズ[編集]

ウィッフルボールにおけるグラウンドは、扇型ではなく三角形である。それぞれ、打席に近い方からシングルエリア、ダブルエリア、トリプルエリア、ホームランエリアと区分される。グラウンドのサイズは、以下の通り規定されている。

  • ホームからピッチャーマウンドまで:7m30cm
  • ホームからダブルエリアまでの最終ライン:13m30cm
  • ホームからトリプルエリアまでの最終ライン:19m30cm
  • ホームからホームランラインまでの最終ライン:25m30cm

安打の数え方[編集]

前述のとおり、ウィッフルボールでは必ずしも走塁は求められない。フライの打球がシングルエリアに落ちた場合は安打、ダブルエリアに落ちた場合は二塁打となり、以降同様に三塁打・本塁打としてカウントする。

アウトになる場合[編集]

アウトとしてカウントされるのは、「空振り三振の場合」「ファウルライン、フェアラインでフライの打球を取った場合」「ゴロの打球を、直接フェアライン上で捕球した場合」の3つである。

国内ウィッフルボールサイト[編集]

http://www.fukumimi-sports.jp/