フィールドアーチェリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フィールドアーチェリー(英語:field archery)は、森や林など自然の中で競技するアーチェリーの1種。ワールドゲームズの正式種目となっている。

概要[編集]

直径20cm、40cm、60cm、80cmの4種類の大きさのある、24の標的に対して3射ずつ射ち込み、その合計得点を競う。標的までの距離は5~60m。

ターゲットアーチェリーも同様に屋外で競技するが、フィールドアーチェリーには、標的までの距離が表示されているマークドコースだけではなく、標的までの距離が表示されていないアンマークドコースがあること、地形の変化がより大きくさまざまな角度に向かって競技するため、射ち上げ、射ち下ろしなど姿勢のバリエーションが多い、といった相違がある。

使用する弓の種類によって、ベアボウ、リカーブ、コンパウンドの3部門がある。

おもな競技会[編集]

フィールドアーチェリーの第1回世界選手権大会は1959年に開催された。主管は国際アーチェリー連盟で、現在は隔年で行なわれている。日本国内では全日本アーチェリー連盟1972年から全日本フィールドアーチェリー選手権を開催している。

参考文献[編集]