日本武道館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本武道館
日本武道館
情報
通称 武道館
完成 1964年
開館 1964年10月3日
開館公演 東京オリンピック柔道競技
(1964年10月20日 - 23日)
収容人員 14,471人
客席数 固定席(1階: 3,199席)
固定席(2・3階: 7,846席)
立見席(3階: 480席)
仮設席・アリーナ(最大2,946席)
延床面積 21,133.3m²
用途 武道の試合、競技イベント全般
音楽コンサート
政党大会、集会等
運営 公益財団法人日本武道館
(会長: 松永光
所在地 東京都千代田区北の丸公園2番3号
北の丸公園
位置 北緯35度41分35.2秒
東経139度44分57.7秒
座標: 北緯35度41分35.2秒 東経139度44分57.7秒
アクセス 地下鉄九段下駅2番出口より徒歩5分

日本武道館(にっぽんぶどうかん、Nippon Budokan)は、東京都千代田区北の丸公園にある武道館日本伝統の武道を普及奨励し、心身錬磨の大道場としての役割を担うことを設立趣旨とする。日本武道協議会加盟。武道以外の屋内競技場多目的ホールとしても利用される。管理運営者は公益財団法人日本武道館。

概要[編集]

九段下側入口
擬宝珠(ぎぼし)
寸法は高さ3.35m、直径5.15m。

1964年開催の東京オリンピック柔道競技会場として建設され、同年10月3日に開館した。設計は山田守、施工は竹中工務店、総工費は約20億円(当時)。法隆寺夢殿をモデルにした八角形の意匠である。大屋根の稜線は富士山をイメージしている。

日本の武道柔道剣道弓道相撲空手道合気道少林寺拳法なぎなた銃剣道古武道)の稽古場競技場として使用されている。

また、ダンスマーチングバンドバトントワリングの競技会に使われるほか、民放各局が主催・放送していた、年末の賞取りレースと称される音楽祭(1988年まで)コンサート格闘技(プロボクシングプロレスリング総合格闘技)の興行会場、大学や企業などの大規模な入学式・卒業式・入社式の会場として等、幅広く使用される。

設立された頃は「日本武道の聖地」的な意味合いが現在以上に強かったため、1966年ビートルズのコンサートが行われた際には、細川隆元を始め「日本の武道文化を冒涜する」などとして異を唱える者も多かった。

沿革[編集]

前史[編集]

日本武道館のあたりは、元々太田道灌江戸城を築城した際に、関東の守護神でもあった築土神社(旧・田安明神)が遷座したところで、のち、徳川家康が入府した際に、関東代官であった内藤清成らの屋敷となったため、代官町と呼ばれていた。その後、徳川忠長徳川綱重らの屋敷を経て、江戸時代中期以降は徳川氏御三卿であった田安徳川家が屋敷を構えたが、明治維新後取り壊され近衛師団の兵営地となった。

建設までの経緯[編集]

1961年昭和36年)6月、柔道が1964年東京オリンピック正式種目に決定すると、柔道愛好者の国会議員は「国会議員柔道連盟」を結成した。日本テレビの野外スタジオで開かれた発足祝賀会の席上で、同連盟会長に就任した正力松太郎衆議院議員は、「世界に誇る武道の大殿堂を東京の中央に建設して、斯道の発展普及を図りたい」と表明。同年6月30日、「武道会館建設議員連盟」(会長 : 正力松太郎、副会長 : 水田三喜男松前重義佐藤洋之助赤城宗徳)を結成した。

この構想は多数の議員の賛同を得て、清瀬一郎衆議院議長松野鶴平参議院議長池田勇人内閣総理大臣河上丈太郎日本社会党委員長西尾末広民社党委員長野坂参三日本共産党議長をはじめとする超党派の議員525名の署名が集まった。

1962年(昭和37年)1月31日、文部大臣の認可を得て「財団法人日本武道館」(会長 : 正力松太郎、副会長 : 木村篤太郎、松前重義、理事長 : 赤城宗徳)が発足。建設地は二転三転した後北の丸に決定し、1964年(昭和39年)9月15日に日本武道館が落成した。同年10月3日、昭和天皇香淳皇后を迎え開館式を行った。

歴代会長[編集]

  1. 正力松太郎1962年1月31日 - 1969年10月9日
  2. 川島正次郎1970年4月9日 - 1970年11月9日
  3. 赤城宗徳1971年9月27日 - 1974年7月2日
  4. 松前重義1975年11月27日 - 1991年8月25日
  5. 江崎真澄(1991年9月18日 - 1996年5月21日
  6. 坂本三十次(1996年6月1日 - 1998年6月5日
  7. 塩川正十郎(1998年6月5日 - 2007年6月12日
  8. 松永光(2007年6月12日 - )

行事[編集]

例年以下のような行事が開催されている。

館内設備等[編集]

  • 大道場(アリーナ)の天井に掲揚してある日章旗は、いかなるイベントの場合でも降ろしてはいけないことになっている。
  • 大道場は板張りで、柔道の競技場として使用する時は畳を敷き、コンサートでは養生シートを敷き椅子を設置したりなどする。柔道の際に使用される数百枚の畳は、アリーナの地下に収納されている(建物レベルで言う地下3階)。
  • 1階固定席は3,199席、2 - 3階固定席は7,846席、立見席(3階)は480、アリーナには最大2,946席まで設置できる。
  • 2階スタンドには、カラー電光掲示板が東西スタンド前方の2ヶ所に設置されている。現在の電光掲示板は2005年2月に設置されたもので、小型のカラー液晶モニター(画面アスペクト比4:3)付である。
  • 大道場の他、小規模な柔道場と剣道場がある。
  • 各武道の学生連盟事務所や国際武道大学の事務所がある。
  • 擬宝珠の下の部分には12台の換気扇があり、館内の換気を行っている。
  • 武道の普及・振興の為、武道の競技場として使用する場合は利用料金の割引制度がある(コンサートの合間に演武を入れることでも適用)[1]

格闘技会場としての日本武道館[編集]

プロボクシング興行[編集]

日本武道館でプロボクシングの試合が初めて行われたのは1965年11月30日の世界バンタム級選手権試合:ファイティング原田笹崎)対アラン・ラドキンイギリス)戦である。原田はチャンピオンとしての5回の防衛戦のうち、4回を日本武道館で開催している[注 1]。また1966年3月1日には、高山勝義木村)とオラシオ・アカバリョアルゼンチン)との間で行われたWBAフライ級王座決定戦も日本武道館であった。

さらにモハメド・アリアメリカ)がマック・フォスター(アメリカ)を相手に、ノンタイトル10回戦を行ったのも、1972年4月1日の日本武道館である。

1973年9月1日、世界ヘビー級王者:ジョージ・フォアマン(アメリカ)がジョー・キング・ローマンプエルトリコ)を相手に、日本武道館で初防衛戦を行い、1ラウンドKOで勝利した。これが、日本に於ける初の世界ヘビー級選手権試合であった[2]。また、世界ヘビー級選手権試合と同日にはWBCジュニアライト級選手権試合(王者:リカルド・アルレドンドメキシコ)対柏葉守人野口))も開催されており、日本で初めての複数世界選手権試合開催興行でもあった。

その後も数々の世界選手権試合が日本武道館で開催されており、プロボクシングの聖地の一つともされている。武道館で初めて王座に就いた選手としてアレクサンデル・ムニョス長谷川穂積清水智信らがいる。ただし、昨今では、興行の開催が著しく減っており、現在のところ、2011年8月31日のWBA世界バンタム級・亀田興毅 vs ダビド・デラモラ、WBA世界スーパーフライ級・ウーゴ・カサレス vs 清水智信のダブル世界戦が最後の開催となっている。ちなみに、日本の歴史上初めてプロボクシング興行が開催された会場は、武道館に隣接した靖国神社相撲場であった。

プロレス興行[編集]

日本武道館へのプロレス興行の初進出はオープン2年後、1966年12月3日に行われた日本プロレスの大会で、メインイベントはジャイアント馬場VSフリッツ・フォン・エリックインターナショナル・ヘビー級選手権試合であった。

それ以降、力道山十三回忌追善特別大試合アントニオ猪木VSウィレム・ルスカモハメド・アリ異種格闘技戦プロレス夢のオールスター戦など数々のビッグイベントが開催された。1970年代後半は新日本プロレス、1980年代中期以降は全日本プロレスがビッグマッチ用の会場として使用した。中でも1990年代の四天王プロレス全盛期の全日本は、年間7試合ほど武道館大会を打っていたが、そのほとんどが満員札止めになる程の驚異的な集客力を誇った。

女子プロレスも、度々日本武道館で興行を行なっていた。ビューティ・ペア全盛時代、ジャッキー佐藤マキ上田の「最初のBP対決」、ジャッキー佐藤と池下ユミの善悪ライバル対決、敗者引退ルールで行われた「最後のBP対決」が行なわれ、いずれも超満員であった。その後クラッシュギャルズのブームの時はジャガー横田ライオネス飛鳥WWWA選手権デビル雅美長与千種オールパシフィック選手権が同所で行なわれ、これまた超満員であった。さらに団体対抗戦時代にも、アジャ・コングダイナマイト関西のWWWA選手権をメインに据えたオールスター戦が行なわれ、やはり超満員となった。

1999年のジャイアント馬場の葬儀にも日本武道館が使用されている。2000年代に入ると、全日本プロレスから独立したプロレスリング・ノアが定期的に興行を行い、2002年2月には怪我、2007年12月には病気により長期欠場していた小橋建太の復帰戦が行われた。

2011年には東日本大震災チャリティー興行「ALL TOGETHER」が開催された。

2012年にはDDTプロレスリングの日本武道館大会「武道館ピーターパン」が開催された。

2013年には小橋建太引退興行が開催された。

東京ドームのオープン以降はオールスター戦級のビッグイベントはそちらに移ったが、今なお日本のプロレス界にとっては特別視される主要な大会場である。また日本のみならず、アメリカのプロレス界にとっても、武道館は国技である相撲を行う両国国技館以上に、日本の神聖な会場として認識されており、世界最大のプロレス団体「WWE」の日本公演にも使用された実績がある。また、国技館が「Sumo Hall」「Sumo Arena」と呼ばれるのに対し、武道館はそのままの「Nippon Budokan」や「Budokan Arena」と呼ばれる。

その他[編集]

キックボクシングも、その全盛期には日本武道館で興行を開催した実績がある。1969年6月28日に行われた「東洋チャンピオン・カーニバル」の会場に使用され、メインイベントでは沢村忠が東洋ライト級王座初防衛を成功させた。

K-1も、1994年に旗揚げ2度目となる興行を日本武道館で開催しており、2004年にもK-1 WORLD GP開幕戦で使用した。K-1 WORLD MAXにおいては、2002年に初代王者を決めるトーナメント決勝戦を開催しており、2007年から2009年までは主会場として使用している。このため日本武道館はK-1においても重要な会場のひとつに位置づけられている。

総合格闘技ではVALE TUDO JAPAN '95やPRIDE.3の会場となった他、パンクラスが1994年から2000年までほぼ年1回のペースで使用していた。2010年4月25日には、吉田秀彦引退興行「ASTRA」も開催された。ちなみに、吉田が柔道選手として出場した最後の公式試合も、2002年に日本武道館で開かれた全日本柔道選手権である。

使用条件[編集]

有料の興行・イベントに使用する場合に於いて、例えばプロレス興行の場合は次のような条件があり、これらを全て満たさなければ会場として当館を使用することができない。

  • 団体が1年以上経営・存続されていること
  • 決算書を公開していること
  • 興行での黒字収支が見込めること
  • 日本武道館側が負債を背負わない見解が出来ていること
  • 備品・設備の破損時には即時弁償ができること

プロレスリング・ノアが旗揚げから1年間会場として使えなかったり、武藤体制の全日本プロレスが日本武道館で興行を打たなかったのは、このような制約があったためである。他にも、一時期プロレス界で時代の寵児となりながらも武道館大会をついに開催できなかった団体はハッスルなど数多い。

コンサートホールとしての日本武道館[編集]

設営中のステージ

現在ではコンサートやライブなどの各種音楽イベントでの使用が日本武道館の使用目的と収益の大きな柱の1つになっており、大道場の使用スケジュールの少なからぬ割合を占めている。座席数は上記の通り合計最多14,471席であるが、コンサートホールとして使用する場合には舞台設営・観覧のしやすさなどのセット配置・レイアウト面の都合から、一般的には8,000席から10,000席程度のホールとして使用されており、こちらの分野でも東京における主要な大型会場の1つとなっている。

特に日本を中心に活動するミュージシャンにとっては、日本武道館はコンサート会場として極めて重要な位置づけに置かれている。日本武道館の規模となると、会場としての大きさ故に興行を実現させその興行を収益・内容の両面で成功に至らせることは容易ではない。また、上述した格闘技と同様に音楽・芸能の有料興行に使用する場合の会場使用条件も大変に厳しく、大道場を借りるには費用面も含めて様々な条件をクリアしなければならない。そのため武道館公演の成功は、大規模会場での大型興行も充分に務め上げられるミュージシャンであるという「一流」の興行能力・集客力を持っていることを業界の内外に誇示する、一種のステイタスとしての意味を持っているのである。また、古くは1966年ザ・ビートルズ1968年のザ・ウォーカー・ブラザース、ザ・モンキーズ1972年ディープ・パープル1975年クイーンなど、海外の著名ミュージシャンの来日公演における使用例も数多い。

このことから、ロック演歌アイドル歌謡などのジャンルを問わず、新人やデビュー前のミュージシャンはもとよりプロの一線級のミュージシャンでさえ「武道館公演の実現」を憧れとし、これを目標に活動する者は数多い。特にバンド・グループ・アイドル歌手などでは、武道館公演が活動の事実上の1つの節目となったり、解散や引退の記念として1度きりの武道館公演を実施した者も多々見られている[注 2]。逆にこのような大規模会場を好まず、『NHK紅白歌合戦』への出場と同様に武道館級以上の規模の施設ではライブをしないことを公言しつつ活動するミュージシャンやバンドも、山下達郎[注 3]をはじめ少数ながら存在し、そのまま「大物ミュージシャン」と呼ばれる域にまで至るとむしろそれがステイタスとなりある種の商業的価値を持つ場合もある。2009年に初のアリーナ公演を開催したスピッツも、「(武道館で公演を行うことによって)アリーナ公演に意味を持たせたくない」として日本武道館の使用を意識的に避けている様(スピッツは2014年7月に武道館初ワンマンライブを決行)に、現在でも「武道館でコンサートを行う」ことには一定の影響力があり、またその影響力を避けるアーティストも存在する。

最近では、武道館の数倍の観客収容能力を持つ全国のドーム球場での単独公演、さらには、東京名古屋大阪福岡札幌の全国5大ドーム球場を巡回する“ドームツアー”が「ミュージシャンとして最大の到達点」「日本の音楽ステージの頂点」として見なされることも多く、絶対的な価値こそ薄れてきているものの、現在においても日本武道館規模での単独公演は大多数のミュージシャンにとって大きな挑戦かつ試練である。そのため、武道館公演に成功し高評価を受けることは、歌手としての集客力や興行力の証明として充分な価値を持っており、現在でも音楽業界・芸能界にとっては一種の聖地的な存在として格別の意味を持つ重要なコンサート会場であることに変わりは無い。また、時にドーム単独公演を目指すための重要な関門としても機能している一面があり、ドーム公演を目指すならば武道館公演では数日間・複数回にわたって開催される公演のチケットを概ね完売できる集客力が要求されることになる。一方で、セットや機材・スタッフ・警備なども遥かに大規模になり、施設利用料も高額になるドーム公演よりも各種コストが低く抑えられる武道館公演は、収益性を考えた場合には重要なイベントとなっている一面もある。

他方で、「日本武道館」の名の通り元来は音楽を主目的に建設した施設ではないため、コンサートホールとしての音響性能では音楽演奏を主用途に設計されている専門のコンサートホールに遠く及ばず、良好な音質で観客に聴かせるのは困難を極める欠点があり、舞台音響設備を持ち込むなど別途対処する必要がある。実際、ザ・ビートルズの来日公演では、ステージ上のギターアンプの生音と会場据付けのPA装置を通したボーカルだけで行われたことから、結果として演奏が全く聞こえない席が存在した(写真やビデオ映像で確認できるアンプ前とドラムキットのマイクはテレビ収録用)。その様な問題の改善のため、現在に至るまで様々なノウハウが開発されてきた。この武道館で培われたノウハウは、同様に音響面で難を抱える全国各地の多目的ホールや体育館などでのコンサートにも応用されている。

また、当記述の通りの音楽ホールとしての「武道館」の知名度にあやかり、過去にはソニーが簡易ボディソニックシステム及び携帯音楽プレーヤーウォークマン派生の重低音システムとして、「武道館 BOODO KHAN」という商品を販売したことがある。

武道館公演の歴史[編集]

  • 武道館で最初にコンサートを行った外国人音楽家はレオポルド・ストコフスキーで、1965年7月に日本フィルハーモニー交響楽団を指揮している。ちなみに1960年代はアリーナに客を入れずにコンサートを行っていた。
  • 1966年 - ザ・ビートルズが来日公演。その際アリーナには騒乱防止のため機動隊が詰めていた。
  • 1968年1月 - 前年の5月に解散していたザ・ウォーカー・ブラザースが日本公演のために再結成。
  • 1968年10月 - ザ・モンキーズが来日公演。
  • 1971年1月24日 - ザ・タイガースが解散コンサートを行なった。
  • 1971年6月16日 - シカゴが初来日公演を行う。
  • 1971年9月 - レッド・ツェッペリンが初来日公演を行う。
  • 1972年1973年に、ディープ・パープルの日本公演が行われた。その1972年の武道館でのライブを元に、アルバム 『ライヴ・イン・ジャパン』 "Made in Japan" を製作した。また、1973年6月25日の公演ではアンコールを行わなかったことから、観客が暴徒化し、翌日の公演が中止になった。
  • 1975年4月19日 - クイーンが初来日公演を実施。あまりの興奮に失神する観客が続出した。
  • 1975年11月3日 - 西城秀樹が日本人ソロ・アーティストとして初のワンマン公演を行う。その後11年連続(12回)開催。
  • 1976年3月 - 南こうせつが日本人ソロ・シンガーソングライターとして初めてのワンマン公演を開催する。
  • 1977年8月26日 - 矢沢永吉が日本人ソロ・ロックアーティストとして初めてのコンサートを行う。
  • 1978年に初来日したボブ・ディランが2月から3月にかけて8回コンサートを行い、この当時におけるツアー最多公演を記録した。1979年、この時の音源を使用したライブ・アルバム 『武道館』 "Bob Dylan at Budokan"発表。
  • チープ・トリックは、1978年4月28日と30日の武道館公演を元に、ライブ・アルバム『チープ・トリックat武道館』 "Cheap Trick at Budokan"を発表した。当初、日本限定盤のこのアルバムが海外に輸出されて大ヒットし、本国より先行して日本では人気を得てヒットしていたバンドと共に一躍、武道館の名前が世界に広がり、海外アーティストにも憧れの会場となった。この、チープ・トリックのアルバムの大ヒットにより、他のアーティスト達が武道館公演のライブ・アルバムを続々と発売するようになる。
  • 1980年10月5日 - 山口百恵の引退コンサートが行われる。
  • 1980年12月3日 - イルカが女性ソロ・シンガーソングライターとして初めてのワンマン公演を行う。
  • 1980年 高中正義虹伝説コンサートが行われ、ギターインストが確立された。
  • 1981年2月12日 - 18日 - クイーンの4度目の来日公演は全てここで行われた。
  • 1981年6月25日 - 美空ひばりの芸能生活35周年記念リサイタルを開催(1日2回公演、1回公演で50曲熱唱)。
  • 1981年7月21日 - ザ・ぼんちが漫才師初の武道館単独ライブ。
  • 1982年1月12日 - 浜田省吾が初の武道館公演。また、その模様を収録したライブアルバム『ON THE ROAD』も発売。浜田の二度目の武道館公演は20年後の2002年になる。
  • 1982年6月15日 - 30日 - オフコースが10日間連続公演を実施。この公演終了後にオフコースは、約2年間活動を停止する。
  • 1982年12月25日 - 松田聖子が初公演「Christmas Queen」を催す(1日2回公演)
  • 1983年8月24日 - THE ALFEEが初の武道館公演、当時ヒット曲無しでの武道館公演と話題になる。
  • 1983年12月6日 - エイジアの武道館公演を、MTVが世界に衛星生中継した。後に、これは 『エイジア・イン・エイジア』 "Asia in Asia" と題して、ビデオ化されている。
  • 1983年12月22日 - YMOが散開ライブを行う。
  • 1985年5月8日・9日 - クイーンが実質上最後の来日公演を行う。
  • 1985年12月13日 - 爆風スランプが初の武道館公演。これに際して『大きな玉ねぎの下で』という曲を作った。この歌のタイトルの「玉ねぎ」とは、日本武道館の屋根の擬宝珠(ぎぼし)の事を意味している。
  • 1986年 - 甲斐バンドがファイナル・コンサート・ツアー「PARTY」にて、5日連続公演。
  • 1986年1月17日 - EARTHSHAKERが日本のヘヴィメタルバンド初の単独武道館公演。3月にはライブビデオ『LIVE IN 武道館』4月にも同タイトルのライブアルバムが発売される。
  • 1986年7月2日 - BOØWYが初の武道館単独ライブ。ボーカルの氷室京介が放った「ライブハウス武道館へようこそ!」のMCが後に多くのアーティストに受け継がれていくこととなる。この日のライブの模様は『“GIGS”JUST A HERO TOUR 1986』として発売された。
  • 1986年 - 1987年 - 長渕剛が当時としては斬新なセンターステージ方式でライブを行う。
  • 1989年1月23日 - プリンセス・プリンセスが女性のみのグループで初の武道館公演を行う(この回から1996年まで39回、2012年に5回の計44回)。この頃から続々と女性グループの武道館公演が行われるようにもなっていった。
  • 1992年6月16・17日 - 尾崎豊が初の武道館公演を行う予定であったが、92年4月に急死したことで幻に終わった。既に完売していたチケットは払い戻しとなったが、幻のライブチケットとして記念に手元に残したファンが多くいた。尾崎は武道大会で日本武道館を訪れた際に、「ここでライブをやる」と壁に書き残していたという逸話が残っている。
  • 1997年2月22日・23日 - 椎名へきる声優初の武道館ライブを行う。
  • 1998年 - フォークデュオあのねのねが「武道館内の会議室」でライブを実施。使用料はラジオのリスナーからの募金。会議室でライブを行ったのはあのねのねが初。
  • 1998年11月2日 - DIR EN GREYがインディーズ初の武道館公演を行う。また、結成からわずか一年9ヶ月、結成からの史上最速武道館記録でもある。
  • 1999年12月31日 - 藤井フミヤが初めてカウントダウンライブを開催。フミヤは1995年から毎年大晦日公演を行っており、カウントダウンライブも2008年まで10年連続。
  • 2002年7月25日 - RIP SLYMEが日本のヒップホップアーティストとして初めて日本武道館でライブを成功させた。ヒップホップをメジャーシーンに浸透させ色々なメディアに取り上げられた。
  • 2003年3月10日 - ザ・ローリング・ストーンズが初の武道館公演を行う。ザ・ローリング・ストーンズは1973年1月に、初来日公演を日本武道館で行う予定だったが、直前に来日が中止になってしまう事態を起こしており、このいわゆる「幻の武道館」から、30年の年月を経てようやく実現したもの。
  • 2004年2月 - 宇多田ヒカルが初の武道館公演を開催。5日間の公演、合計約5万人の客席数に対して、ハガキ応募による抽選では応募総数115万通にのぼり、宇多田ライブ史上最大の競争率となった。
  • 2004年7月 - ZARDがデビューから13年経って、初の武道館公演を開催。しかし、これはボーカリスト・坂井泉水の生前最後のライブともなった。
  • 2005年9月6日・7日 - さだまさしが自身の持つソロ・コンサート日本最多回数の記録を塗り替える、3333回目のコンサートを行う。
  • 2007年12月16日 - 矢沢永吉が初の武道館公演100回を達成。
  • 2008年2月10日 - 当時喉頭癌で活動を中断していた忌野清志郎が「大復活祭* 」と銘打ったコンサートを開催。当時の武道館最大動員数を更新した。オープニングでは、抗がん剤治療による頭髪の変化から今日までを映したスライドが流れ、途中RCサクセションの事実上の再結成を含む3時間以上の内容で、日本中のガン患者に希望を届けた。
  • 2008年3月31日、4月1日 - 女性ロックバンド・チャットモンチーが初の武道館単独公演を開催。メジャーデビューから2年4か月での武道館単独公演開催は、女性ロックバンドとしては今回のチャットモンチーが史上最速である。また1996年5月に開催されたプリンセス・プリンセスの解散公演以来12年ぶりとなる女性バンドによる日本武道館2DAYS公演ともなった[3]
  • 2010年5月3日 - 男性声優の谷山紀章(KISHOW)がボーカルを務めるロックユニット・GRANRODEOが結成5周年を記念し、初の武道館ライブを開催した。男性声優が歌手として武道館で単独ライブを開催したのは今回のKISHOW(谷山)が初である。
  • 2010年11月23日 - 女性声優ユニットスフィアが声優ユニットとしては初となる武道館単独ライブを開催。また、メジャーデビューから1年7か月での武道館単独ライブ開催は、声優アーティストとしては今回のスフィアが史上最速である[4]
  • 2012年10月5日 - ももいろクローバーZが女性客限定で1万人規模のライブを開催。全国19カ所の映画館でも「ライブビューイング」として同時生中継された。
  • 2012年11月2日 - 宮崎奈穂子が初の武道館公演を行い、約6000人を動員した[5]。無名に近い路上シンガーによる武道館単独公演という前代未聞の挑戦であった。
  • 2012年12月22日 - 東京女子流が初の武道館公演を行う。東京女子流はそれまでメンバーの年齢を非公開としていたが、この武道館公演をもって解禁され、同時に女性グループの初武道館公演実施の記録を平均年齢15歳で塗り替えたことが発表された[6]
  • 2013年4月27日 - HKT48が女性アイドルグループ史上最短となるメジャーデビューから39日での単独公演実施(『AKB48グループ臨時総会〜白黒つけようじゃないか!〜』の単独公演)。
  • 2013年7月7日 - 松田聖子が女性アーティスト初の武道館公演100回を達成。
  • 2013年7月17日・18日 - さだまさしが自身の持つソロ・コンサート日本最多回数の記録を塗り替える、4000、4001回目のコンサートを行う。
  • 2013年10月4日 - 宮野真守が男性声優のソロ公演としては初となる武道館公演を開催。ただしソロではないが、男性声優が歌手として初めて武道館で単独ライブを開催したのは、上述のGRANRODEOのボーカルとしての谷山紀章(KISYOW)である。
  • 2014年3月1日・2日 - BABYMETALが2日間のワンマンライブを行い、平均年齢14.7歳で女性グループの最年少記録を更新した[7]
  • 2014年5月21日 - ポール・マッカートニーが、ビートルズ公演以来48年ぶり(氏単独は初)の日本武道館公演を開催[8]すると発表するが、5月17日の国立競技場公演直前に発症したウィルス性炎症が完治せず、治療専念を医師から言い渡されたため、武道館公演も断念した[9]。過去ポールはウイングスとして1975年・1980年に武道館公演を予定していたが、いずれも大麻・覚醒剤不正所持による逮捕などのため中止となっていた。
  • 2014年8月25日 - THE ALFEEがデビュー40周年の記念公演を開催。結成10年の1983年8月24日に初公演を行って以来84回、32年連続で武道館公演を継続中。中でも12月23日は1984年以来30年連続の公演日である。

武道館公演に関する記録[編集]

その他の使用例[編集]

イベント[編集]

演芸・お笑い関連[編集]

アニメ関連[編集]

その他[編集]

1970年代から1990年代にかけての時期には、日本テレビ音楽祭日本レコード大賞FNS歌謡祭全日本歌謡音楽祭日本歌謡大賞といった音楽賞授賞イベントや、世界歌謡祭東京音楽祭日本民謡大賞日本寮歌祭といった音楽発表会が当館に於いて開催されていた。

近年では、超大作洋画のジャパンプレミア(試写会)の会場として使用[注 4]されたりしているほか、2010年12月には一般参加型の「TOKYO FM 夢の第九コンサート」第1回公演も当館にて開催している。

また、日本郷土民謡協会が主催する「郷土民謡民舞全国大会」も、当館を使って開催されてきている[注 5]

テレビ番組[編集]

学校[編集]

入学式シーズンにに囲まれる日本武道館

入学式や卒業式等で使用。

企業[編集]

著名人の葬儀[編集]

内閣総理大臣経験者の本葬は、日本武道館で行われる場合が少なくない。

スポーツ(格闘技以外)[編集]

出版事業[編集]

月刊武道』を毎月28日に発行している。

交通[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 原田の3回目の防衛戦となったジョー・メデルメキシコ)戦のみ愛知県体育館であった。
  2. ^ 例として、ザ・タイガース山口百恵YMOなど。
  3. ^ 妻・竹内まりやの武道館公演のサポート・ギタリストとして出演したことがあるほか、2010年にワーナーミュージック・ジャパンが開催した創立40周年記念イベント『100年 MUSIC FESTIVAL』の際、自身も『SPARKLE』『希望という名の光』の2曲を歌っている。
  4. ^ 一例として、2002年11月23日日本公開作品『ハリー・ポッターと秘密の部屋[10]、2004年5月22日日本公開作品『トロイ[11]の両ジャパン・プレミア試写会を当館に於いて開いた
  5. ^ 2014年(平成26年)6月現在、日本郷土民謡協会Webサイト内『主な催し』ページの中程より下のところで、何れも当館を会場に、2013年(平成25年)10月18~20日の3日間「第53回郷土民謡民舞全国大会」が開催され、更に2014年10月24日~26日の3日間「第54回郷土民謡民舞全国大会」が開催予定と掲載されている[12]
  6. ^ 1991年は日本武道館の改修期間と重なったため(日本テレビが第3回世界陸上競技選手権大会を放送する関係で同番組が7月下旬に放送された影響もあるとされる)。2009年は同番組放送日が第45回衆議院議員総選挙の投開票日と重なり、撤収のための人材の確保が難しい状態を考慮し、日本武道館の使用を避けたとされる。ちなみに1991年はこの年に現在地へ移転した東京都庁舎前、2009年は東京国際展示場をメイン会場とした。
  7. ^ 関東・信越地区各校の専門課程在籍の生徒・教職員や大原学園高等学校生徒(観覧のみ)などを参加対象にした体育祭で毎年10月上・中旬頃開催。

出典[編集]

  1. ^ 春風亭小朝『言葉の嵐』
  2. ^ ボクシング・マガジン編集部 『日本プロボクシング史 世界タイトルマッチで見る50年』 ベースボール・マガジン社、2002年
  3. ^ excite (2007年11月21日). “チャットモンチー武道館2DAYS決定!”. 2010年6月24日閲覧。
  4. ^ 声優「スフィア」初武道館1万2000人24曲 - 日刊スポーツ・2010年11月24日付け掲載記事。2014年4月23日閲覧
  5. ^ 中村真理 (2012年11月4日). “路上ライブ原点 宮崎奈穂子さん 武道館で夢の舞台”. 朝日新聞東京版: p. 37. http://www.asahi.com/national/intro/TKY201211020646.html 2012年11月4日閲覧。 
  6. ^ 東京女子流、初武道館で年齢初公開&新記録樹立明らかに - ナタリー(2012年12月23日)2013年9月3日閲覧。
  7. ^ “BABYMETAL 武道館最年少記録”. デイリースポーツ online (神戸新聞社). (2014年3月2日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/03/02/0006747525.shtml 2014年3月2日閲覧。 
  8. ^ ポール・マッカートニー日本武道館公演オフィシャルサイト→アーカイブ》 - 開催告知時点で立ち上げられていたサイト《2014年6月13日閲覧》
  9. ^ ポール・マッカートニー日本武道館公演オフィシャルサイト→アーカイブ》 - 当該サイトでは現在、公演中止に関する一連の告知が掲載されている《2014年6月13日閲覧》
  10. ^ フォルティ大滝 (2002年11月11日). ““フォルティめはプレミア試写に行って参りました。””. ハリー・ポッターと秘密の部屋. ぴあ映画生活. 2014年6月13日閲覧。→アーカイブ
  11. ^ 『トロイ』ジャパン・プレミア”. 映画『トロイ』. シネマトゥデイ (2004年5月). 2014年6月13日閲覧。→アーカイブ
  12. ^ 主な催し』《→2014年6月13日時点でのアーカイブ》 - 日本郷土民謡協会Webサイトより《2014年6月14日閲覧》

外部リンク[編集]