1991年世界陸上競技選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第3回世界陸上競技選手権大会
第3回世界陸上競技選手権大会
開催地 日本東京
期間 8月23日 – 9月1日
メイン会場 国立霞ヶ丘陸上競技場
参加国 167か国
参加選手 1517人
種目数 43種目

第3回世界陸上競技選手権大会(だい3かいせかいりくじょうきょうぎせんしゅけんたいかい)は、日本東京国立霞ヶ丘陸上競技場をメイン会場とし、1991年8月23日から9月1日まで開催された。43種目(男子24・女子19種目)が実施され、167の国・地域から1517人の選手が参加した[1]。この大会では男子100m(9秒86・カール・ルイス)と男子4×100mリレー(37秒50・アメリカ合衆国)、男子走幅跳(8m95・マイク・パウエル)の世界新記録が誕生した。

解説[編集]

大会のハイライトは、男子走幅跳の決勝であった。

男子100mを当時の世界記録である9秒86で快勝したカール・ルイスが歴史に残る会心のジャンプを連発したが、マイク・パウエルはそれを更に上回る8m95を跳び、ボブ・ビーモン1968年メキシコオリンピックで樹立した世紀の世界記録を23年ぶりに更新した。尚、その記録は2012年8月(ロンドンオリンピックの種目終了時)時点においても更新されていない。

また山下佐知子が女子マラソンで銀メダルに輝き、日本人初の表彰台となった。男子マラソン表彰式では、当時の内閣総理大臣海部俊樹)により金メダルが授与された。

獲得メダル一覧[編集]

国別メダル受賞数[編集]

国・地域
1 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 10 8 8 26
2 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 9 9 11 29
3 ドイツの旗 ドイツ 5 4 8 17
4 ケニアの旗 ケニア 4 3 1 8
5 イギリスの旗 イギリス 2 2 3 7
6 中華人民共和国の旗 中国 2 1 1 4
7 アルジェリアの旗 アルジェリア 2 0 1 3
8 ジャマイカの旗 ジャマイカ 1 1 3 5
9 フィンランドの旗 フィンランド 1 1 1 3
10 フランスの旗 フランス 1 1 0 2
10 日本の旗 日本 1 1 0 2
12 ブルガリアの旗 ブルガリア 1 0 0 1
12 イタリアの旗 イタリア 1 0 0 1
12 ポーランドの旗 ポーランド 1 0 0 1
12 スイスの旗 スイス 1 0 0 1
12 ザンビアの旗 ザンビア 1 0 0 1
17 キューバの旗 キューバ 0 2 0 2
18 カナダの旗 カナダ 0 1 1 2
18 ハンガリーの旗 ハンガリー 0 1 1 2
18 ルーマニアの旗 ルーマニア 0 1 1 2
21 ブラジルの旗 ブラジル 0 1 0 1
21 ジブチの旗 ジブチ 0 1 0 1
21 エチオピアの旗 エチオピア 0 1 0 1
21 ナミビアの旗 ナミビア 0 1 0 1
21 オランダの旗 オランダ 0 1 0 1
21 ノルウェーの旗 ノルウェー 0 1 0 1
21 スウェーデンの旗 スウェーデン 0 1 0 1
28 モロッコの旗 モロッコ 0 0 2 2
29 スペインの旗 スペイン 0 0 1 1
Total 43 43 43 129

男子[編集]

競技種目
トラック競技
100m カール・ルイス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
9秒86
世界新
リロイ・バレル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
9秒88 デニス・ミッチェル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
9秒91
200m マイケル・ジョンソン
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
20秒01 フランク・フレデリクス
ナミビアの旗 ナミビア
20秒34 アトリー・マホーン
カナダの旗 カナダ
20秒49
400m アントニオ・ペティグルー
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
44秒57 ロジャー・ブラック
イギリスの旗 イギリス
44秒62 ダニー・エベレット
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
44秒63
800m ビリー・コンチェラー
ケニアの旗 ケニア
1分43秒99 ホセ・ルイス・バルボサ
 ブラジル
1分44秒24 マーク・エベレット
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
1分44秒67
1500m ヌールディン・モルセリ
アルジェリアの旗 アルジェリア
3分32秒84
大会新
ウィルフレッド・キロチ
ケニアの旗 ケニア
3分34秒84 ハウケ・フールブリュッゲ
ドイツの旗 ドイツ
3分35秒28
5000m ヨベス・オンディエキ
ケニアの旗 ケニア
13分14秒45
大会新
フィタ・バイッサ
 エチオピア
13分16秒64 ブラヒム・ブタイブ
モロッコの旗 モロッコ
13分22秒70
10000m モーゼス・タヌイ
ケニアの旗 ケニア
27分38秒74 リチャード・チェリモ
ケニアの旗 ケニア
27分39秒41 ハリド・スカー
モロッコの旗 モロッコ
27分41秒74
マラソン 谷口浩美
日本の旗 日本
2時間14分57秒 アーメド・サラ
ジブチの旗 ジブチ
2時間15分26秒 スティーブ・スペンス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
2時間15分36秒
110mハードル グレッグ・フォスター
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
13秒06 ジャック・ピアース
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
13秒06 トニー・ジャレット
イギリスの旗 イギリス
13秒25
400mハードル サミュエル・マテテ
ザンビアの旗 ザンビア
47秒64 ウィンスロップ・グラハム
ジャマイカの旗 ジャマイカ
47秒74 クリス・アカブシ
イギリスの旗 イギリス
47秒86
3000m障害 モーゼス・キプタヌイ
ケニアの旗 ケニア
8分12秒59 パトリック・サング
ケニアの旗 ケニア
8分13秒44 アゼディーン・ブラーミ
アルジェリアの旗 アルジェリア
8分15秒54
20km競歩 マウリツイオ・ダミラノ
イタリアの旗 イタリア
1時間19分37秒
大会新
ミハイル・シチェンニコフ
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
1時間19分46秒 エフゲニー・ミシュリア
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
1時間20分22秒
50km競歩 アレクサンドル・ポタショフ
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
3時間53分09秒 アンドレイ・ペルロフ
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
3時間53分09秒 ハートヴィッヒ・ガウダー
ドイツの旗 ドイツ
3時間55分14秒
4×100mリレー アンドレ・ケーソン
リロイ・バレル
デニス・ミッチェル
カール・ルイス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
37秒50
世界新
マクシ・モリニエール
ダニエル・サングーマ
ジャン=シャルレ・トルアバル
ブルーノ・マリーローズ
フランスの旗 フランス
37秒87 トニー・ジャレット
ジョン・レジス
ダレン・ブレイスウェイト
リンフォード・クリスティ
イギリスの旗 イギリス
38秒09
4×400mリレー ロジャー・ブラック
デレク・レドモンド
ジョン・レジス
クリス・アカブシ
イギリスの旗 イギリス
2分57秒53 アンドリュー・バルモン
クインシー・ワッツ
ダニー・エベレット
アントニオ・ペティグルー
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
2分57秒57 パトリック・オコナー
デヴォン・モリス
ウィンスロップ・グラハム
セイモア・フェーガン
ジャマイカの旗 ジャマイカ
3分00秒10
フィールド競技
走高跳 チャールズ・オースチン
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
2m38cm
大会タイ
ハビエル・ソトマヨル
キューバの旗 キューバ
2m36cm ホリス・コンウェイ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
2m36cm
棒高跳 セルゲイ・ブブカ
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
5m95cm
大会新
イシュトヴァン・バギュラ
ハンガリーの旗 ハンガリー
5m90cm マクシム・タラソフ
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
5m85cm
走幅跳 マイク・パウエル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
8m95cm
世界新
カール・ルイス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
8m91cm ラリー・マイリックス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
8m42cm
三段跳 ケニー・ハリソン
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
17m78cm レオニード・ボロシン
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
17m75cm マイク・コンリー
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
17m62cm
砲丸投 ウェルナー・ギュンター
スイスの旗 スイス
21m67cm ラース・ニルセン
ノルウェーの旗 ノルウェー
20m75cm アレクサンドル・クリメンコ
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
20m34cm
円盤投 ラルス・リーデル
ドイツの旗 ドイツ
66m20cm エリック・デブルーイン
オランダの旗 オランダ
65m82cm アッティラ・ホルバート
ハンガリーの旗 ハンガリー
65m32cm
ハンマー投 ユーリ・セディフ
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
81m70cm イゴール・アスタプコビッチ
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
80m94cm ハインツ・バイス
ドイツの旗 ドイツ
80m44cm
やり投 キモ・キンヌネン
フィンランドの旗 フィンランド
90m82cm セポ・ラテュ
フィンランドの旗 フィンランド
88m12cm ウラジミール・サシモビッチ
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
87m08cm
十種競技 ダン・オブライエン
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
8812点
大会新
マイク・スミス
カナダの旗 カナダ
8549点 クリスチャン・シェンク
ドイツの旗 ドイツ
8394点

女子[編集]

競技種目
トラック競技
100m カトリン・クラッベ
ドイツの旗 ドイツ
10秒99 グウェン・トーレンス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
11秒03 マリーン・オッティ
ジャマイカの旗 ジャマイカ
11秒06
200m カトリン・クラッベ
ドイツの旗 ドイツ
22秒09 グウェン・トーレンス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
22秒16 マリーン・オッティ
ジャマイカの旗 ジャマイカ
22秒21
400m マリー=ジョゼ・ペレク
フランスの旗 フランス
49秒13 グリット・ブロイアー
ドイツの旗 ドイツ
49秒42 サンドラ・ミエルス
スペインの旗 スペイン
49秒78
800m リリヤ・ヌルトディノワ
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
1分57秒50 アナ・フィデリア・キロット
キューバの旗 キューバ
1分57秒55 エラ・コバクス
ルーマニアの旗 ルーマニア
1分57秒58
1500m ハシバ・ブールメルカ
アルジェリアの旗 アルジェリア
4分02秒21 タチアナ・ドロフスキフ
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
4分02秒58 リュドミラ・ロガチョワ
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
4分02秒72
3000m タチアナ・ドロフスキフ
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
8分35秒82 エレーナ・ロマノワ
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
8分36秒06 スーザン・シルマ
ケニアの旗 ケニア
8分39秒41
10000m リズ・マッコルガン
イギリスの旗 イギリス
31分14秒31 鐘煥娣
中華人民共和国の旗 中国
31分35秒08 王秀婷
中華人民共和国の旗 中国
31分35秒99
マラソン ワンダ・パンフィル
ポーランドの旗 ポーランド
2時間29分53秒 山下佐知子
日本の旗 日本
2時間29分57秒 カトリン・ドーレ
ドイツの旗 ドイツ
2時間30分10秒
100mハードル リュドミラ・ナロジレンコ
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
12秒59 ゲイル・ディバース
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
12秒63 ナタリア・グリゴリエワ
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
12秒69
400mハードル タチアナ・レドフスカヤ
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
53秒11
大会新
サリー・ガネル
イギリスの旗 イギリス
53秒16 ジャニーン・ヴィッカース
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
53秒47
10km競歩 アリーナ・イワノワ
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
42分57秒
大会新
マデリーン・スベンソン
スウェーデンの旗 スウェーデン
43分13秒 サリ・エサヤ
フィンランドの旗 フィンランド
43分13秒
4×100mリレー ダリア・ディアニー
ジュリエット・カスバート
ビバリー・マクドナルド
マリーン・オッティ
ジャマイカの旗 ジャマイカ
41秒94 ナタリヤ・コフツン
ガリーナ・マルチュギナ
エレーナ・ビノグラドワ
イリーナ・プリワロワ
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
42秒20 グリット・ブロイアー
カトリン・クラッベ
ザビーネ・リヒター
ハイケ・ドレクスラー
ドイツの旗 ドイツ
42秒33
4×400mリレー タチアナ・レドフスカヤ
リュドミラ・ジガロワ
オルガ・ナザロワ
オルガ・ブリズギナ
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
3分18秒43 ロシェル・スティーブンス
ダイアン・ディクソン
ジール・マイルス
Lillie Leatherwood
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
3分20秒15 ユタ・ローレンダー
カトリン・クラッベ
クリスティン・バヒテル
グリット・ブロイアー
ドイツの旗 ドイツ
3分21秒25
フィールド競技
走高跳 ハイケ・ヘンケル
ドイツの旗 ドイツ
2m05cm エレーナ・エレシナ
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
1m98cm インガ・ババコワ
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
1m96cm
走幅跳 ジャッキー・ジョイナー=カーシー
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
7m32cm ハイケ・ドレクスラー
ドイツの旗 ドイツ
7m29cm ラリサ・ベレズナヤ
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
7m11cm
砲丸投 黄志紅
中華人民共和国の旗 中国
20m83cm ナタリア・リソフスカヤ
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
20m29cm スベトラーナ・クリベリョワ
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
20m16cm
円盤投 ツベタンカ・フリストワ
ブルガリアの旗 ブルガリア
71m02cm イルケ・ヴィルダ
ドイツの旗 ドイツ
69m12cm ラリサ・ミハルチェンコ
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
68m26cm
やり投 徐徳妹
中華人民共和国の旗 中国
68m78cm ペトラ・マイアー
ドイツの旗 ドイツ
68m68cm シルケ・レンク
ドイツの旗 ドイツ
66m80cm
七種競技 ザビーネ・ブラウン
ドイツの旗 ドイツ
6672点 リリアナ・ナスタゼ
ルーマニアの旗 ルーマニア
6493点 イリーナ・ベロワ
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
6448点

その他[編集]

  • 本大会を独占中継した日本テレビ系列は平日・昼間の時間帯にも関わらず、予選からの完全中継をあえて実施し、注目種目以外の種目まで放送したことが本大会への関心をよび、当初予想した以上の視聴率を獲得したことで、日本テレビでは全職員に異例の社長賞として臨時ボーナスを出すに至った。また、国内映像と国際映像の製作を同時に行い、「箱根駅伝」の完全生中継に成功したスタッフが作成した国際映像は、各国から高い評価を受けた。
  • 更に、競歩種目の完全生中継はこの時が日本初であった。しかしこのあと日本における世界陸上で競歩種目の完全生中継は16年後の2007年大阪大会まで行われなかった。
  • また毎年8月に放送している「24時間テレビ」を7月27日7月28日に移行した。ただ、この年は6.6%の最低視聴率だった。
  • 男子砲丸投では2位にゲオルグ・アンデルセン(ノルウェー)が入ったが、後のドーピング検査で陽性となり失格。3位以降が繰り上がる結果となった。

文化的影響[編集]

テレビ中継では元プロ野球監督の長嶋茂雄やタレントの宮沢りえが特別レポーターを務めた[2]。長嶋は男子100m走決勝戦でカール・ルイスが優勝した際に競技を終えて控え室へと引き上げていくルイスに対して「ヘイ、カール!」と呼びかけてインタビューを試みた[2]が、その模様は長嶋が常に日本語で語りかけるのに対し、ルイスは英語で返答するというものだった[2]

両者のちぐはぐな構図はテレビ番組制作者の関心を集め[2]、「長嶋のルイスに対するインタビュー」の場面は日本国内のテレビメディアでしばしば取り上げられた[2]1980年代からはプロ野球を「笑い」の対象とした『プロ野球珍プレー・好プレー大賞』という番組がすでに放送されていたが、この大会後に芸能人とスポーツ選手を隔てていた垣根は急速に取り除かれ[2]、「視聴率を獲得する為の工夫」の一環としてスポーツ選手や競技を「笑い」の対象と見做した番組作りが行われるようになった[2]。スポーツ選手を「笑い」の対象とした番組作りについてスポーツ関係者や研究者は「スポーツ認識の浅薄さの表れ」と指摘している[2]

脚注[編集]

  1. ^ 読売新聞大阪本社編 『IAAF世界陸上2007大阪大会報告書』 IAAF世界陸上2007大阪大会組織委員会 2008年、10ページ
  2. ^ a b c d e f g h 中村敏雄著、吉田文久編 『中村敏雄著作集 第8巻 フットボールの文化論』 創文企画、2009年、306-310頁。ISBN 978-4921164836

関連項目[編集]

外部リンク[編集]