1600メートルリレー走

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

1600メートルリレー走は、4人で400mずつリレーしながら走り、その時間を競う陸上競技である。

概要[編集]

1600メートルは約1マイルであることから、マイルリレーとも呼ばれる。また、4×400mR1600mRと表記されることも多い。ほとんどの大会ではマラソンなどを除いて最終種目として行われることが多く、大いに盛り上がる種目である。

第1走者のみがセパレートレーンで走り、第2走者が第2コーナーを回ってからはオープンレーンとなる。この為、選手同士の接触や接触によるバトンの落下、また競り合いによる激しい肉弾戦も展開される。走力も重要だが、リレーゾーンではコーナートップ制を取っていて、2走から3走、3走からアンカーへのバトンパスは、走り終えた選手がバトンを受けて走り出す選手の進路を妨げてしまう(走り終えた直後であり、後ろは見えない)危険もあり、ここでのタイムロスもまた勝負の行方を左右するのでバトンパスも重要である。

基本的には400mを得意にする選手で構成されることが多いが、持久力があり、ラストスパートの強さを生かせる800メートル走の選手や、障害走ながら同じ距離を走る400メートルハードルの選手が起用されることも多い。またスピードを武器とする100m、200mを本業とする選手がオリンピック世界陸上競技選手権大会の決勝で、メダル獲得や入賞への切り札として投入され、大きく貢献することもある(日本では伊東浩司、世界ではアリソン・フェリックスなどが該当する)。但しこれは多くの大会の場合、彼らの本職である4×100mRの決勝と本種目の予選が同一日(最終日の前日)に重なっており、たとえ2、3時間の間隔が開いていてもかけもちが難しい(スタッフも無理をさせたくないのが本音と思われる)という日程面の影響もある。

現在の競技状況[編集]

世界的に男子は、アメリカが400メートルのベストタイム43~44秒台の選手を多数擁する絶対の選手層で、実力が突出しているが、2~8位ぐらいまでは実力的にほとんど差がない状態である。1990年代後半~2000年代の初めには日本の実力は6位前後で、今後の強化次第では世界選手権オリンピックでのメダル獲得は決して夢ではないと思われていた時期もあった。現にアトランタオリンピックで初の5位入賞(現在もアジア記録として残る)を果たし、アテネオリンピックではこの種目としては世界大会過去最高の4位(3位とは100分の9秒差)に入っている。反面決勝の常連である4×100mRに比べると選手の層が若干薄く、また選手個人の故障などもあってベストな状態で挑めることが少なく、北京オリンピックではベストメンバーを組めず予選で敗退するなど、現在では決勝進出のボーダーライン上に位置している[1]世界陸上選手権は第1回からの連続出場を続けてきたが、2009年参加標準記録を切ることができず、連続出場が途切れた。[2]

女子はアメリカ、ジャマイカロシアなどが実力上位と考えられ、日本は世界選手権やオリンピックの出場枠の上位16位が当面の目標であったが、2008年の北京オリンピックで史上初めて出場枠を手に入れ、予選敗退ながらも日本記録に匹敵する走りを披露した。

男子[編集]

記録 タイム 名前 所属 日付
世界 2分54秒29 アンドリュー・バルモンクインシー・ワッツブッチ・レイノルズマイケル・ジョンソン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1993年8月22日
世界ジュニア 3分01秒09 ブランドン・ジョンソンラショーン・メリット、Jason Craig、カーロン・クレメント アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2004年7月18日
アジア・日本 3分00秒76 苅部俊二伊東浩司小坂田淳大森盛一 日本の旗 日本 1996年8月3日
学生 3分03秒71 小林稔、向井裕紀弘、中川亘、山村貴彦 日本大学 2000年5月21日
学生(混成) 3分03秒20 太田和憲、堀籠佳宏、山村貴彦成迫健児 日本の旗 日本 2005年8月20日
アジア・日本ジュニア 3分04秒11 ウォルシュ・ジュリアン、油井快晴、北川貴理、加藤修也 日本の旗 日本 2014年7月27日
高校 3分08秒32 笛木靖宏、山本真也、菅井純平、鈴木哲平 成田高等学校 2003年10月12日
中学 3分25秒5 尾崎宏文、井谷弘志、矢追孝、谷脇啓司 川西町三宅町組合立式下中学校 1987年6月28日

女子[編集]

記録 タイム 名前 所属 日付
世界 3分15秒17 タチアナ・レドフスカヤオルガ・ナザロワマリヤ・ピニギナオルガ・ブリズギナ ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 1988年10月1日
世界ジュニア 3分27秒60 アレクサンドリア・アンダーソン、Ashlee Kidd、ステファニー・スミス、Natasha Hasting アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2004年7月18日
アジア 3分24秒28 安小紅白暁雲曹春英馬玉芹 中華人民共和国の旗 中国河北省 1993年9月13日
日本 3分30秒17 青木沙弥佳丹野麻美久保倉里美木田真有 日本の旗 日本 2007年9月1日
学生 3分34秒70 渡辺なつみ、丹野麻美青木沙弥佳、金田一菜可 福島大学 2007年10月28日
日本ジュニア 3分34秒83 天野恵子、笠島里美、山形依希子、柿沼和恵 日本の旗 日本 1992年9月20日
高校 3分37秒86 筬島愛、新宮美歩、高橋満里、三木汐莉 東大阪大学敬愛高等学校 2009年8月2日
高校(混成) 3分35秒03 青山聖佳、杉浦はる香、大木彩夏、神保祐希 日本選抜U19 2013年11月2日
中学 3分54秒88 徳田由美子、松本恵、飯島直美、鈴木真紀 三芳町立藤久保中学校 1988年11月3日

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2000年シドニーオリンピックでは、順当に準決勝まで進出したが、バトンを落とすというミスもあり準決勝最下位に終わった。
  2. ^ 2009年は幾度か記録突破のチャンスがありながら、生かせなかった。まず可能性が高いIAAFグランプリ大阪大会で狙おうとしたが、国際陸上競技連盟がタイムテーブル上個人種目を優先すべきと難色を示した為、400メートルハードルを走って1時間弱しか経っていない成迫健児を使わざるを得なかった。次の機会を求めて5月下旬にかけてアジア各地のグランプリを転戦し、そこでの記録突破を目論んだが、ちょうど2009年新型インフルエンザが蔓延していた時期と重なり、連戦による選手間の感染、被害拡大は避けねばならず、マカオで行われたグランプリ1本に絞って調整したが、ここでも標準記録に届かなかった。日本陸連は最後のチャンスとして日本陸上競技選手権大会終了後にベオグラードで開かれるユニバーシアードを選び、既に世界陸上出場権を得ていた金丸祐三らを投入し、記録突破次第ではリレー要因としてこの種目のみ代表選手を追加派遣することにした。結果銅メダルは獲得したものの、バトンパスで前を塞がれるなどロスがあり記録を突破できず、この時点で世界陸上出場の可能性はなくなった。このように様々な要因が絡んだのも理由ではあるが、選手の層が薄い点を拭えなかったことが最も大きく影響している。