110メートルハードル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

110メートルハードルは、陸上競技障害走の一種で、10台のハードルを跳び越えながら110メートルを走るタイムを競う競技。主に男子の競技であり、女子では100メートルハードルが行われる。略してトッパ(ー)とも呼ばれる。

概要[編集]

  • 最初のハードルまでの距離13.72メートル。
  • ハードル間の距離9.14メートル。
  • 最後のハードルからゴールまでの距離14.02メートル。
  • ハードルの高さ
区分 表記 高さ フィート(実寸)
一般 110mH
106.7cm
3.5(106.68cm)
少年B 110mJH
99.0cm
3.25(99.06cm)
中学 110mYH
91.4cm
3(91.44cm)

ハードル間の距離は「インターバル」と呼ばれる。

一般に99.1cmの高さのハードルをジュニアハードルと言い、日本では主に少年B(中学3年生と高校1年生)が対象で、国体ジュニアオリンピック等で採用されている。世界ジュニア選手権でも、2006年から採用されている。なお、99.06cmを切り下げて99.0と表記されることもある。また、91.4cmのハードルをミドルハードルと言うこともある(2008年から表記は110mMH→110mYHに変更)。ミドルハードルは男子400メートルハードルで用いられる高さである。

なお、ハードルの高さ・長さが、それぞれ半端な数字になるのは、もともとイギリスの一般的な単位であるインチフィートヤードからきているからである。 もともと、ハードルの高さは、3.5フィート(3フィート6インチ)であり、それをもとに現在のジュニアハードルの高さは3.25フィート(3フィート3インチ)、ミドルハードルは3フィートになった。

また、110mHのスタートから1台目のハードルの長さである13.72mは15ヤード(45フィート)、インターバルの9.14mは10ヤード(30フィート)が元になっている。110mHが110mというほかの競技と違いきりのいい数字ではない理由も、120ヤードがもとであり、その後メートル法になる際、120ヤードは109.7mと110mにほぼ同じなので、110mHとなったからである。

男子・世界歴代10傑[編集]

タイム 名前 所属 日付
1 12秒80 アリエス・メリット アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2012年9月7日
2 12秒87 ダイロン・ロブレス キューバの旗 キューバ 2008年6月12日
3 12秒88 劉翔 中華人民共和国の旗 中国 2006年7月11日
4 12秒89 デビッド・オリバー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2010年7月16日
5 12秒90 ドミニク・アーノルド アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2006年7月11日
6 12秒91 コリン・ジャクソン イギリスの旗 イギリス 1993年8月20日
7 12秒92 ロジャー・キングダム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1989年8月16日
7 12秒92 アレン・ジョンソン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1996年6月23日
9 12秒93 レナルド・ニアマイア アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1981年8月19日
10 12秒94 ジャック・ピアース アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1996年6月22日
10 12秒94 Hansle Parchment英語版 ジャマイカの旗 ジャマイカ 2014年7月5日

男子・エリア記録[編集]

エリア タイム 名前 所属 場所 日付
アフリカ 13秒24 Lehann Fourie 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国 Heusden 2012年9月7日
アジア 12秒88 劉翔 中華人民共和国の旗 中国 ローザンヌ 2006年7月11日
ヨーロッパ 12秒91 コリン・ジャクソン イギリスの旗 イギリス シュトゥットガルト 1993年8月20日
北アメリカ 12秒80 アリエス・メリット アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ブリュッセル 2012年9月7日
南アメリカ 13秒27 Paulo Villar コロンビアの旗 コロンビア グアダラハラ 2011年10月28日
オセアニア 13秒29 Kyle Vander Kuyp オーストラリアの旗 オーストラリア ヨーテボリ 1995年8月11日

男子・ジュニア世界歴代10傑[編集]

タイム 名前 所属 日付
1 13秒12 劉翔 中華人民共和国の旗 中国 2002年7月2日
2 13秒23 レナルド・ニアマイア アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1978年8月16日
3 13秒40 史冬鵬 中華人民共和国の旗 中国 2003年9月14日
4 13秒44 コリン・ジャクソン イギリスの旗 イギリス 1986年7月19日
5 13秒46 ジョナサン・リジオン イギリスの旗 イギリス 1985年8月23日
5 13秒46 ダイロン・ロブレス キューバの旗 キューバ 2005年7月29日
7 13秒47 ホルガー・ポーランドドイツ語版 東ドイツの旗 東ドイツ 1982年7月10日
7 13秒47 アリエス・メリット アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2004年6月11日
7 13秒47 谢文骏 中華人民共和国の旗 中国 2008年9月20日
10 13秒49 Staņislavs Olijars英語版 ラトビアの旗 ラトビア 1988年7月11日
10 13秒49 Booker Nunley アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2009年5月17日

男子・アジア歴代10傑[編集]

タイム 名前 所属 日付
1 12秒88 劉翔 中華人民共和国の旗 中国 2006年7月11日
2 13秒19 史冬鵬 中華人民共和国の旗 中国 2007年8月31日
3 13秒23 谢文骏 中華人民共和国の旗 中国 2014年5月18日
3 13秒25 李彤 中華人民共和国の旗 中国 1994年7月4日
4 13秒27 Sergey Usov ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン 1988年6月11日*
6 13秒37 陳雁浩 中華人民共和国の旗 中国 2001年5月6日
7 13秒38 尹靖 中華人民共和国の旗 中国 2009年7月11日
8 13秒39 谷川聡 日本の旗 日本 2004年8月24日
9 13秒40 纪伟 中華人民共和国の旗 中国 2007年9月20日
10 13秒43 内藤真人 日本の旗 日本 2007年5月19日

*記録を出した当時はソビエト連邦

男子・日本歴代10傑[編集]

タイム 名前 所属 日付
1 13秒39 谷川聡 ミズノ 2004年8月24日
2 13秒43 内藤真人 ミズノ 2007年5月19日
3 13秒54 大室秀樹 筑波大学 2012年6月23日
4 13秒55 田野中輔 富士通 2006年4月15日
4 13秒55 大橋祐二 ミズノ 2007年7月15日
6 13秒58 岩崎利彦 富士通 1991年8月27日
6 13秒58 八幡賢司 モンテローザ 2007年5月19日
6 13秒58 増野元太 国際武道大学 2014年6月8日
9 13秒59 矢澤航 法政大学 2013年6月9日
10 13秒60 浅見公博 佐川急便 2001年6月23日

男子・日本ジュニア歴代10傑[編集]

  • 樹立年の12月31日時点で年齢が20歳未満であるジュニア選手のみが対象となる。
タイム 名前 所属 日付
1 13秒83 古谷拓夢 相洋高等学校 2014年10月3日
2 13秒88 中村兼希 日本体育大学 2004年11月3日
3 13秒91 大室秀樹 筑波大学 2009年9月5日
4 13秒92 小苗久信 順天堂大学 1991年6月2日
4 13秒92 増野元太 国際武道大学 2012年10月8日
6 13秒97 矢澤航 法政大学 2010年10月15日
7 13秒98 大橋祐二 埼玉県立浦和高等学校 2001年8月6日
7 13秒98 矢田弦 東京学芸大学 2013年10月18日
9 13秒99 岩船陽一 東海大学付属第四高等学校 2003年8月2日
9 13秒99 中村仁 筑波大学 2008年9月14日
9 13秒99 川村直也 東海大学付属仰星高等学校 2014年6月22日

男子・高校歴代10傑[編集]

  • 一般規格(高さ106.7cm)で実施された記録に限る。
タイム 名前 所属 日付
1 13秒83 古谷拓夢 相洋高等学校 2014年10月3日
2 13秒98 大橋祐二 埼玉県立浦和高等学校 2001年8月6日
3 13秒99 岩船陽一 東海大学付属第四高等学校 2003年8月2日
3 13秒99 川村直也 東海大学付属仰星高等学校 2014年6月22日
5 14秒01 大室秀樹 埼玉県立松山高等学校 2008年10月17日
6 14秒02 中村仁 洛南高等学校 2007年8月6日
7 14秒03 岡崎正樹 岡山県立岡山工業高等学校 2012年10月8日
8 14秒05 矢田弦 島根県立松江北高等学校 2012年10月8日
9 14秒08 小苗久信 大阪府立市岡高等学校 1990年7月1日
9 14秒08 海老根恵太 東海大学付属浦安高等学校 1995年9月15日

男子・学年別歴代記録[編集]

男子・高校1年歴代5傑
タイム 名前 所属 日付
1 14秒50 古谷拓夢 相洋高等学校 2012年10月27日
2 14秒59 金井直 川崎市立橘高等学校 2013年8月3日
3 14秒60 白田耕平 東京高等学校 2009年11月3日
4 14秒64 矢澤航 法政大学第二高等学校 2007年10月27日
4 14秒64 江口悠貴 九里学園高等学校 2010年8月2日
男子・高校2年歴代5傑
タイム 名前 所属 日付
1 13秒92 古谷拓夢 相洋高等学校 2013年8月3日
2 14秒12 川村直也 東海大学付属仰星高等学校 2013年10月7日
3 14秒14 矢澤航 法政大学第二高等学校 2008年5月25日
4 14秒18 安部孝駿 岡山県立玉野光南高等学校 2008年11月3日
5 14秒20 渡部信人 新潟県立阿賀黎明高等学校 1993年10月25日
男子・高校3年歴代5傑
タイム 名前 所属 日付
1 13秒83 古谷拓夢 相洋高等学校 2014年10月3日
2 13秒98 大橋祐二 埼玉県立浦和高等学校 2001年8月6日
3 13秒99 岩船陽一 東海大学付属第四高等学校 2003年8月2日
4 13秒99 川村直也 東海大学付属仰星高等学校 2014年6月22日
5 14秒01 大室秀樹 埼玉県立松山高等学校 2008年10月17日

男子・中学歴代10傑[編集]

  • 中学規格(高さ91.4cm)で実施された記録に限る。
タイム 名前 所属 日付
1 13秒84 矢澤航 横浜市立岩崎中学校 2006年8月21日
2 13秒85 芳賀智文 江東区立東陽中学校 2003年7月12日
3 13秒92 樋口陸人 奈良市立平城東中学校 2014年8月20日
4 13秒95 田辺将大良 江東区立第三亀戸中学校 2009年7月25日
5 13秒99 倉林和宏 高崎市立高南中学校 2000年8月23日
6 14秒01 中村仁 播磨町立播磨南中学校 2004年7月29日
6 14秒01 岡雄大 香川県立高松北中学校 2008年8月21日
6 14秒01 上村竜司 岡山市立芳泉中学校 2011年8月22日
9 14秒02 宮内文哉 鹿児島市立西紫原中学校 2006年8月21日
9 14秒02 仲田祥平 西脇市立西脇中学校 2007年9月29日
9 14秒02 佐久間翔太郎 播磨町立播磨南中学校 2009年8月24日

男子・学年別歴代記録[編集]

男子・中学1年歴代5傑
タイム 名前 所属 日付
1 15秒57 中村仁 播磨町立播磨南中学校 2003年3月27日
男子・中学2年歴代5傑
タイム 名前 所属 日付
1 14秒50 成瀬元気 横浜市立田奈中学校 2007年10月6日
2 14秒54 渡辺直人 横浜市立潮田中学校 2006年10月28日
3 14秒56 山根雅斗 西宮市立学文中学校 2007年3月25日
4 14秒57 中村仁 播磨町立播磨南中学校 2003年7月5日
4 14秒57 宮内文哉 鹿児島市立西紫原中学校 2005年10月29日
4 14秒57 仲田祥平 西脇市立西脇中学校 2006年7月9日
男子・中学3年歴代5傑
タイム 名前 所属 日付
1 13秒84 矢澤航 横浜市立岩崎中学校 2006年8月21日
2 13秒85 芳賀智文 江東区立東陽中学校 2003年7月12日
3 13秒92 樋口陸人 奈良市立平城東中学校 2014年8月20日
4 13秒95 田辺将大良 江東区立第三亀戸中学校 2009年7月25日
5 13秒99 倉林和宏 高崎市立高南中学校 2000年8月23日

関連項目[編集]