ゼンリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社ゼンリン
Zenrin Company, Limited
ロゴ
Waterras.jpg
東京本社が入居するワテラス
種類 株式会社
市場情報
東証1部 9474 2006年3月1日上場
福証 9474 1994年9月21日上場
略称 ZENRIN
本社所在地 日本の旗 日本
804-0003
本社:福岡県北九州市戸畑区中原新町3番1号
東京本社:東京都千代田区神田淡路町二丁目101番
設立 1961年4月19日(創業 1948年)
業種 情報・通信業
事業内容 住宅地図・電子地図
代表者 代表取締役社長 高山善司
資本金 65億5764万円
売上高 連結535億円、単体362億円
(2014年3月期)
営業利益 連結31億円、単体7億円
(2014年3月31日現在)
純資産 連結379億円、単体306億円
(2014年3月31日現在)
総資産 連結579億円、単体448億円
(2014年3月31日現在)
従業員数 連結3,056名、単独2,022名
(2013年12月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 有限会社サンワ 9.74%
トヨタ自動車株式会社 7.89%
株式会社西日本シティ銀行 4.99%
(2014年3月31日現在)
関係する人物 大迫忍
外部リンク zenrin.co.jp
テンプレートを表示

株式会社ゼンリンは、日本最大手の地図制作会社である。

住宅地図を唯一全国展開する。紙媒体の地図やGISなど電子地図の製作・販売のほか、Google マップYahoo!ロコをはじめとする地図検索サービスにもデータを提供している。国内外のカーナビゲーションにもデータを提供し、日本国内市場の8割を占める。

歴史[編集]

創業[編集]

大分県宇佐市出身の大迫正冨(1921年6月16日 - 1980年5月23日)は、若くして中国大陸に渡り華北交通に勤務していたが、太平洋戦争の敗戦により、1946年2月、家族と共に故郷の宇佐市に引き揚げた。

1947年には別府市で様々な事業を手掛けるが失敗し、1948年4月に引揚者有志と共に「観光文化宣伝社」を創業。専務取締役として出版部門を担当した。同社は別府市内で宣伝や観光案内などの事業を行ったものの半年ほどで解散し、正冨は出版部門を引き継いで翌1949年「華交観光協会」を設立。観光客向けに名所旧跡を紹介する小冊子「年刊別府」(1949年6月16日発行)を制作する。正冨は調査や編集全般を自ら指揮し、巻頭には脇鉄一別府市長が序文を寄せた。

こうして販売された「年刊別府」であったが、利用者から好評を博したのは本編よりも巻末付録のカラー印刷の詳細な市街地図であり、市役所を始め、旅館や商店から地図への掲載要望が相次いだ。「年刊別府」に手応えを感じた正冨は、翌1950年に社名を「善隣出版社」と改め、2冊目となる「観光別府」(1950年4月15日発行)を制作する。「観光別府」では付録の地図情報が一層充実し、施設や店舗の記載が増えるなど、住宅地図に近いものとなった。

住宅地図の制作[編集]

これら2冊の成功や、江戸時代の古地図や戦前の町内案内図、さらには住民からの徴税に頭を悩ませていた学友で熊本国税局新保實生との交流から着想を得、正冨は一軒一軒の建物の情報が記載された地図の制作に思い至る。別府市内で調査を実施し、1952年6月に「別府市住宅案内図」として販売された。これが商店をはじめ官公庁など各方面で好評を博し、発行地域は別府市以外へと広がっていった。1954年3月には販路拡大を目指して福岡県小倉市下到津(現在の北九州市小倉北区)へ移転し、「住宅案内図」の名称も「住宅詳細図」へと改めた。

しかし、正確な測量なしの製図では信頼性が低いことが課題となった。大迫は幼馴染で建設省技官であった友人から国が撮った航空写真の存在を知り、これを活用することで地図の精度を向上させた。以後、九州から自社による拡大、同業他社の事業継承や合併などを経て、北方領土小笠原諸島以外の全国に調査エリアを拡大した。

街路基準や規則的パターンで住所が表記される例の多い諸外国と異なり、日本は住所表記を不規則な土地地番に依存する地域が多く、住所探索が難しい傾向にあり、正確な住宅地図には大きな潜在需要があった。ゼンリンはこの分野でいち早く地歩を築いたことで、日本の警察や企業や官公庁に大きく販路を広げた。

住宅地図調査の最大の難関は秋葉原の電気街の小口商店だったという。また広大な北海道は地元の消防団員が協力した。

沿革[編集]

事業所[編集]

地図の資料館が入居するリバーウォーク北九州
  • 本社 - 福岡県北九州市戸畑区中原新町3番1号 北九州テクノパーク
  • 第一事業本部など - 東京都千代田区西神田一丁目1番1号 オフィス21ビル
  • 第二事業本部など - 東京都千代田区神田淡路町2丁目101番地 ワテラスタワー
  • テクノセンター - 福岡県北九州市戸畑区中原新町3番1号
  • ゼンリン地図の資料館 - 福岡県北九州市小倉北区室町一丁目1番1号 リバーウォーク北九州

主な商品・サービス[編集]

電子地図サービス[編集]

電子地図サービスは連結子会社のゼンリンデータコムにより提供されており、GoogleYahoo! JAPANMSNNAVITIMEなど、主要ポータルサイトに電子地図サービスを提供している。

出版物[編集]

  • ゼンリン住宅地図
  • 道の駅 旅案内全国地図
  • 季刊『ラパン』(1997年創刊、現在休刊)

カーナビ向けソフトウェア[編集]

コンピュータ向けソフトウェア[編集]

ゲーム機用ソフト[編集]

ニンテンドーDS
PlayStation Portable

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • ゼンリン50年史(ゼンリン刊)

関連項目[編集]

人物[編集]

スポンサード[編集]

TeamUKYO
TeamUKYO

関連会社[編集]

外部リンク[編集]