ゼンリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社ゼンリン
Zenrin Company, Limited
ロゴ
Zenrin head office.jpg
地図の資料館が入居するリバーウォーク北九州
種類 株式会社
市場情報
東証1部 9474 2006年3月1日上場
福証 9474 1994年9月21日上場
略称 ZENRIN
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:804-0003
本社:福岡県北九州市戸畑区中原新町3番1号
東京本社:東京都千代田区神田淡路町二丁目101番
設立 1961年4月19日(創業 1948年)
業種 情報・通信業
事業内容 住宅地図・電子地図
代表者 代表取締役社長 高山善司
資本金 65億5764万円
売上高 連結535億円、単体362億円
(2014年3月期)
営業利益 連結31億円、単体7億円
(2014年3月31日現在)
純資産 連結379億円、単体306億円
(2014年3月31日現在)
総資産 連結579億円、単体448億円
(2014年3月31日現在)
従業員数 連結3,056名、単独2,022名
(2013年12月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 有限会社サンワ 9.74%
トヨタ自動車株式会社 7.89%
株式会社西日本シティ銀行 4.99%
(2014年3月31日現在)
関係する人物 大迫忍
外部リンク zenrin.co.jp
テンプレートを表示

株式会社ゼンリンは、日本最大手の地図制作会社である。

住宅地図を唯一全国展開する。紙媒体の地図やGISなど電子地図の製作・販売のほか、Google マップYahoo!ロコ - 地図をはじめとする地図検索サービスにもデータを提供している。国内外のカーナビゲーションにもデータを提供し、日本国内市場の8割を占める。

住宅地図[編集]

ゼンリンの住宅地図には、一軒一軒の表札に記載された名称が載っている。年間延べ28万人の調査員が、一軒一軒の表札を直接踏査確認しながら作成しており、現在では日本全体の99.6%をカバーしている。

概要[編集]

大分県宇佐市出身の大迫正冨(1921年 - 1980年)は若くして中国大陸に渡り、南満州鉄道のグループ会社である華北交通に勤務していたが、太平洋戦争の敗戦により中国を離れて日本に引き揚げた。彼が1948年、当時の九州きっての観光・歓楽都市であった大分県別府市で「観光文化宣伝社」を立ち上げたのが、ゼンリンの起源である。 なお、ゼンリンの社名は正冨氏がかつて勤務していた華北交通の社訓四箇条内「善隣協和の大義を宣揚すべし」から引用している。隣人と仲良くしようという思いが込められた命名である。

ゼンリンの住宅地図の歴史は、別府市の観光ガイド(1949年)の発行より始まる。観光ガイドの「年刊別府」(1949年)、「観光別府」(1950年)を発行したところ、巻末につけたカラー刷りの市街地図が本編よりも好評であったため、別府市を詳細に記載した地図の出版を着想した。そこで1軒1軒の住宅を歩いて調べ、1952年、住宅地図の第1号として別府市の住宅地図を刊行する。

しかし、正確な測量なしの製図では信頼性が低いことが課題となった。大迫は幼馴染で建設省技官であった友人から国が撮った航空写真の存在を知り、これを活用することで地図の精度を向上させた。以後、九州から自社による拡大、同業他社の事業継承や合併などを経て、北方領土小笠原諸島以外の全国に調査エリアを拡大した。

街路基準や規則的パターンで住所が表記される例の多い諸外国と異なり、日本は住所表記を不規則な土地地番に依存する地域が多く、住所探索が難しい傾向にあり、正確な住宅地図には大きな潜在需要があった。ゼンリンはこの分野でいち早く地歩を築いたことで、日本の警察や企業や官公庁に大きく販路を広げた。

住宅地図調査の最大の難関は秋葉原の電気街の小口商店だったという。また広大な北海道は地元の消防団員が協力した。

沿革[編集]

事業所[編集]

東京本社が入居するワテラスタワー

なお営業などに関する本社機能は東京都に移っており、北九州市内に残っている部門は地図作りに関係するものが中心である。また北九州市中心部にはゼンリン地図の資料館が設置されている(リバーウォーク北九州・14階)。

主な商品・サービス[編集]

電子地図サービス[編集]

電子地図サービスは連結子会社のゼンリンデータコムにより提供されており、GoogleYahoo! JAPANMSNNAVITIMEなど、主要ポータルサイトに電子地図サービスを提供している。

出版物[編集]

  • ゼンリン住宅地図
  • 道の駅 旅案内全国地図
  • 季刊『ラパン』(1997年創刊、現在休刊)

カーナビ向けソフトウェア[編集]

コンピュータ向けソフトウェア[編集]

ゲーム機用ソフト[編集]

ニンテンドーDS
PlayStation Portable

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • ゼンリン50年史(ゼンリン刊)

関連項目[編集]

人物[編集]

スポンサード[編集]

関連会社[編集]

外部リンク[編集]