大迫忍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大迫 忍(おおさこ しのぶ、1945年8月13日 - 2005年6月18日)は日本実業家地図会社ゼンリンの社長を務めた。

生涯[編集]

大分県出身。生後3日目に終戦を迎えた。

中央大学文学部卒業後、すぐに父・正冨が創業した善隣出版社(のちの株式会社ゼンリン)に入社。父が1980年に在職のまま亡くなり、同年に跡を継いで代表取締役社長に就任。実地調査を元に地図情報のデータベース化を推し進め、電子地図やカーナビゲーションなど時代を先取りした事業展開を行い住宅地図業界で売り上げ日本一を達成し、カーナビゲーションソフト業界の大手にも育てて国外進出も果たした。1994年福証、次いで1996年東証大証の各2部に株式上場を果たした。

「長期政権は弊害を生む。55歳で引退する」との言葉を残し、2001年に21年間務めた社長を退任。その後は北九州経済の浮揚に奔走し、小倉そごう跡に小倉伊勢丹を誘致。また北九州空港の運営会社、北九州エアターミナルの社長を引き受け、同空港就航を目指す新規航空会社スターフライヤーの立ち上げを支援するなど、北九州市内外の経済界でリーダーシップを発揮。多くの人望を集めた。

父同様に体が丈夫ではなく、新空港開港を見ることなく、肝臓の病により59歳で死去。地元では悼む声が相次いだ。

プライベートでは、1995年日本中央競馬会 (JRA) の馬主資格を取得。「ゼンノ」「ビコー」の冠名で知られ、ゼンノエルシドゼンノロブロイといったJRAGI優勝馬のオーナーとなった。ほかにGIは勝てなかったが、ダイヤモンドビコーJRA賞最優秀4歳以上牝馬に選出されている。また、南関東東海地方競馬でも競走馬を所有し、サプライズパワー[1]東京ダービーなどを制している。

死後、ゼンリンの筆頭株主の座および馬主としての勝負服の服色は妻・大迫久美子が引き継いでいる。なお、ゼンリンの経営自体は「同族経営は何れ弊害を生む」として、遺言により息子たちには継がせず、そのほかの社員の中から選ばれた人物により行われている。

脚注[編集]

  1. ^ 本馬は舛添要一との共同所有馬である。

関連項目[編集]