リバーウォーク北九州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リバーウォーク北九州
リバーウォーク北九州と小倉D.C.タワー
リバーウォーク北九州と小倉D.C.タワー
店舗概要
所在地 802-0972
福岡県北九州市小倉北区室町1丁目1番地1号40番
北緯33度53分8.9秒 東経130度52分31.7秒 / 北緯33.885806度 東経130.875472度 / 33.885806; 130.875472座標: 北緯33度53分8.9秒 東経130度52分31.7秒 / 北緯33.885806度 東経130.875472度 / 33.885806; 130.875472
開業日 2003年平成15年)4月19日
施設所有者 北九州紫川開発株式会社
株式会社ダイエー
福岡地所株式会社[1]
敷地面積 約24,600m2
延床面積 約178,000m2
テンプレートを表示
八坂神社側から見たリバーウォーク北九州
ゼンリン・朝日新聞が入居する業務棟
NHKが入居する棟と紫川
大学棟(西日本工業大学西部ガスショールームが入居)

リバーウォーク北九州(リバーウォークきたきゅうしゅう)は、福岡県北九州市小倉北区にある大型複合商業施設である。2003年平成15年)4月19日オープン。

概要[編集]

北九州市ルネッサンス構想の事業の一つである、紫川マイタウンマイリバー整備事業と連動して行なわれた室町一丁目地区第一種市街地再開発事業による複合施設である。周辺には小倉城紫川などがある。

かつてこの場所には百貨店の小倉玉屋ダイエー小倉店(同社の九州一号店)、小倉北区役所(1954年竣工、旧小倉市役所庁舎)などがあったが、小倉玉屋は小倉駅前の小倉そごうビルに移転[2]、ダイエーは、食品スーパーに特化した業態であるグルメシティリバーウォーク店として地下1階に新たにオープンした(2012年6月30日に閉店)。

第一期事業としてジョン・ジャーディ (en:Jon Jerde) のデザインにより、サービス・商業ゾーン(ショッピングセンターデコシティ、シネマコンプレックス)、各種文化的イベントを実施できる文化施設(北九州芸術劇場北九州市立美術館分館)、放送局や朝日新聞社を併設した情報発信ゾーンからなる地下2階地上15階の複合ビルとして完成した。第二期事業としてマイケル・グレイヴス (en:Michael Graves) のデザインによる西日本工業大学デザイン学部等の入居する大学棟(地下1階地上11階)と、レクサス販売店・レクサス小倉(地上4階)がオープンした。

各ゾーンが独立した建物群の集合体のような外観になっており、それぞれの建物に用いられている色は、日本の伝統的色彩美の融合を表し、「茶色」は大地、「黒」は日本瓦、「白」は漆喰壁、「赤」は、「黄色」は収穫前の稲穂を表現[3]したものである。

リバーウォーク南側に小倉城が隣接していることを意識した設計になっており、リバーウォーク内には南側に向かって外が見える場所が数ヶ所ある。施設内通路や展望デッキ・1階外側のオープンテラス等から小倉城を見ることができる。ただ、(小倉城の)すぐそばに「さまざまな色彩の建築物」を建てたことにより、小倉城を南側から見たときに背景にリバーウォークの赤や黄色の建物がすぐ後ろに見え、それらは(小倉城と)対照的な色彩となってしまっている、という一面もある。

主要施設・テナント[編集]

キャナルシティ博多マリノアシティ福岡などの管理運営実績のある福岡地所(旧エフ・ジェイ都市開発)が商業施設の運営・企画・管理を行っている。ただし、文化施設、放送局、新聞社などはそれぞれ独自に運営されている。

商業・飲食施設[編集]

文化・娯楽施設[編集]

マスメディア[編集]

NHKの真下で、RKBが『今日感テレビ』の中継を行うことがある。FBSめんたいワイド』はNHK下ではなく、西側の噴水広場を利用することが多い。また西側にある西日本工業大学とは『24時間テレビ』などで連携することがある。この両社は親会社の新聞社と同じ建物に北九州支社を入居させており、KBCもリバーウォーク開業を機に小倉駅前の京阪神興業小倉ビルディングから朝日新聞の一角に支社を移転させた。

一般企業・その他[編集]

かつて存在したテナント[編集]

  • グルメシティ(地下1階、旧ダイエー小倉店より移行、店番号は0711
2012年6月30日閉店。グルメシティおよび下記店舗は、旧店舗相当分の地権者として全床権利をダイエーが有しているため、グルメシティと同時に閉店した[4]。閉店後は地下1階全体がSAKODAホームファニシングス北九州1号店となり、2012年10月26日にオープンした[5]
  • ダイソー(地下1階)
  • フードパオ(飲食店・スイーツショップ、地下1階)
    • 小倉五つ星らーめん街など。閉鎖後は地上階の一部飲食店などと統合の上、4階に新たなフードコート「タベリバガーデン」が開業、一部テナントが移行[5]

会員カード[編集]

リバーウォーク北九州では、会員カードとして「f-JOYカード(旧・デコクラブカード)」を発行しており、100円の利用(対象外テナント有)で1ポイントが貯まり、500ポイントで500円のお買物券と交換というシステムとなっている。発行手数料100円、期限は最終利用日から1年間有効となっている。従来発行された「デコクラブカード」も、有効期限内であれば引き続き利用が可能。また、この「f-JOYカード」は、「キャナルシティ博多」、「マリノアシティ福岡」、「木の葉モール橋本」の3施設との共通ポイントカードとなっている。また、別途特典の付いたクレジット機能付きのf-JOY VISAカード(九州カード発行)も発行している。

交通[編集]

バス[編集]

リバーウォークは、ほぼ東西方向に広がっている施設であるため、どのテナントを利用するかによって最寄りバス停が変わる。(ただし、”最寄り”でないとされる(若干距離のある)バス停であっても、十分歩いて対応できる程度の距離であり、さほど問題はない)

  • 「室町・リバーウォーク」バス停(東側)
西鉄バス北九州北九州市営バス(魚町方面行のみ)の一般路線が停車。また、NHKに用がある場合は魚町方面行のみであるが「勝山橋」バス停で降りて橋を渡る方法もある。
  • 「西小倉駅前」バス停(西側)
西鉄バス北九州に加え、ここを起終点に宇部市方面へ向かうサンデン交通の高速バスも停車。主に二期事業でオープンした大学・西部ガスショールーム方面はここが近い。なお北九州市営バスは止まらない。

鉄道[編集]

リバーウォーク開業を機に、これまで普通しか止まらなかった鹿児島本線の快速も止まるようになった。

脚注[編集]

  1. ^ 北九州市広報第1430号 - 2012年7月17日閲覧
  2. ^ その後閉店し、小倉伊勢丹を経て現在旧そごうビルはコレット井筒屋)となっている。
  3. ^ 北九州芸術劇場施設概要
  4. ^ リバーウォーク北九州、ダイエー・グルメシティ撤退(読売新聞) - 2011年12月24日閲覧
  5. ^ a b “リバーウォーク北九州 2012年リニューアル計画” (PDF) (プレスリリース), 福岡地所, (2012年5月28日), http://www.fukuokajisho.com/pdf/news/topics120528.pdf 2012年6月17日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]