タモリ倶楽部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タモリ倶楽部
FOR THE SOPHISTICATED PEOPLE
ジャンル バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
田辺エージェンシー
ハウフルス(制作協力)
企画 空耳アワー」ほか(企画を参照)
製作総指揮 栗井淳(GP、テレビ朝日)
演出 菅原正豊・山田謙司(ハウフルス)
プロデューサー 山本たかお・舘智有里(テレ朝)
富樫孝行(田辺エージェンシー)
岩崎晃恵(ハウフルス)
出演者 タモリ
安斎肇ソラミミスト
他 ゲスト(3 - 4組)
ナレーター 武田広
音声 モノステレオ放送[1]
オープニング The Royal Teens「Short Shorts」
エンディング 同上
外部リンク 公式サイト
1982年10月から1984年3月まで
放送時間 金曜日 24:10 - 24:40(30分)
放送期間 1982年10月8日 - 1984年3月
1984年4月から1985年10月まで(第1期)
放送時間 金曜日 24:15 - 24:45(30分)
放送期間 1984年4月 - 1985年10月4日
1985年10月から2000年3月まで
放送時間 金曜日 24:00 - 24:30(30分)
放送期間 1985年10月11日 - 2000年3月31日
2000年4月から2001年9月まで
放送時間 金曜日 24:09 - 24:39(30分)
放送期間 2000年4月7日 - 2001年9月
2001年10月から2009年9月まで(第2期)
放送時間 金曜日 24:15 - 24:45(30分)
放送期間 2001年10月 - 2009年9月25日
2009年10月から現在
放送時間 金曜日 24:20 - 24:50(30分)
放送期間 2009年10月2日 - 現在(1300回)

特記事項:
・上記の放送時間は(関東地区)の放送曜日と放送時間を記載。
・他の地域の曜日と放送時間はネット局と放送時間を参照のこと。
・放送回数は2009年平成21年)9月11日放送分まで。
・上記のスタッフは2013年(平成25年)3月1日以降を記載。
テンプレートを表示
夕刊タモリ!こちらデス
ジャンル バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
企画 田辺エージェンシー(企画協力)
製作総指揮 皇達也(企画制作)
演出 斉藤由雄(テレビ朝日)
プロデューサー 塚本康二(テレビ朝日)
出演者 タモリ
迫文代
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
オープニング クニ河内(テーマ音楽
エンディング 同上
1981年10月から1982年3月まで
放送時間 日曜日 18:30 - 19:00(30分)
放送期間 1981年10月4日 - 1982年3月28日
1982年4月から最終回まで
放送時間 日曜日 17:40 - 17:55(15分)
放送期間 1982年4月4日 - 同年9月26日(50回)

特記事項:
・『タモリ倶楽部』の前身番組。
・上記のスタッフは最終回時点を記載。
テンプレートを表示
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。
閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

タモリ倶楽部』(タモリくらぶ、英称:Tamori Club )とは、テレビ朝日系列にて1982年(昭和57年)10月8日から田辺エージェンシーハウフルスの共同制作で放送されている深夜バラエティ番組タモリ司会を務める冠番組モノステレオ放送[1]ハイビジョン制作が実施されている(2010年7月9日放送分より)。

番組サブタイトルとして、英称:「FOR THE SOPHISTICATED PEOPLE」が使用されている(番組タイトルの節も参照のこと)。

タモリが現在司会を務める番組の中では32年続く長寿番組である。

概説[編集]

1981年(昭和56年)10月4日から1982年(昭和57年)9月26日までの1年間、同局で放送されていた報道番組日曜夕刊!こちらデスク』のパロディ番組として、最初の半年は毎週日曜日の18:30 - 19:00、後半の半年は17:40-17:55[2]JST)に放送されていた、タモリ司会バラエティ番組夕刊タモリ!こちらデス』(ゆうかんタモリ!こちらデス)を原点とした番組であり、“元祖脱力系番組”をコンセプトとしている。

当番組の放送開始は、1982年(昭和57年)10月8日、毎週金曜日の24:10 - 24:40(JST)の深夜バラエティ番組として放送開始。同じく、タモリが司会を務めたフジテレビ系列のバラエティ番組『笑っていいとも!』の放送開始から4日後のことであった。

同時期放送開始には、司会のタモリが所属する芸能プロダクション田辺エージェンシー代表取締役社長:田邊昭知(田辺昭知)の並々ならぬ後押しがあったという(田辺はタモリ本来のシュールな芸風を気に入っており、『笑っていいとも!』(フジテレビ系列)の司会をすることでその才能が鈍化するのを嫌って、シュールさを全面に出した同番組を企画したといわれている)。その後、どちらのバラエティ番組もタモリの代表的な番組となり、長寿番組となった。

同局で放送されていたバラエティ番組『くりぃむナントカ』がテレビ朝日社員に行ったアンケートで、好きなテレビ番組に当番組が第1位に選ばれた。また、放送回によっては7 - 9%と深夜番組としては異例の高視聴率を記録することもあり、同時間帯では1位になることが多い。

番組の公式ウェブサイトはテレビ朝日のサイト内にある簡単な解説のみで、独立した番組サイトは設置していない。ケータイサイトではタイトルロゴが表示される待ち受け動画や番組テーマソングのダウンロードができるが、いずれも次回予告や出演者紹介など番組内容に関するコンテンツは一切設けていない。

前述のウェブサイトの部分で次回予告の事に触れているが、2週連続で放送する企画などを除きほとんど次回予告はしない。年末年始で2〜3週間ほど放送しない場合も同様である。

2002年(平成14年)5月に放送された「プロジェクトSEX 性の挑戦者たち」(ダッチワイフの開発を特集)が第39回ギャラクシー賞の奨励賞を受賞した。受賞理由は「パロディの元となった番組では、テーマとして到底取り上げられない開発物語に着目し、開発者の技術開発の情熱や秘話を見事なパロディ精神と取材力で演出した」ことである[3]

2009年(平成21年)10月、テレビ朝日のの番組改編にともない、平日の午前0時以降の深夜バラエティ番組の大半を放送終了させたが、『さまぁ〜ず×さまぁ〜ず』と当番組は残ることとなった。

2010年(平成22年)7月9日放送分よりハイビジョン放送を実施。

2013年(平成25年)6月3日放送文化の向上に貢献した番組や個人・団体を表彰する「第50回ギャラクシー賞」の贈与式が開催され、当番組が特別賞として授与された[4]

出演者[編集]

司会[編集]

空耳アワー[編集]

ナレーター[編集]

主なゲスト(不定期出演)[編集]

以下は五十音順で記載。

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や - わ行

過去のミニコーナー出演者[編集]

以下の「」は出演していたミニコーナー名を記載。

番組の流れ[編集]

基本的な当番組の流れとしては毎回同じであり、以下の順番で放送されている。

パターン1
  1. オープニング(番組タイトルロゴ表示 & お尻映像) / 提供クレジット[11]
  2. CM(1回目)
  3. 本日の企画導入(オープニング)
  4. 企画の本筋
  5. ミニコーナー「空耳アワー
  6. CM(2回目)[12]
  7. 本編の締め(エンディング、エンディングロールが流れる)
  8. CM(3回目)
  9. エンディング(お尻映像 & 番組タイトルロゴ表示) / 提供クレジット
パターン2
  1. オープニング(番組タイトルロゴ表示 & お尻映像) / 提供クレジット
  2. CM(1回目)
  3. 本日の企画導入(オープニング)
  4. 企画の本筋
  5. CM(2回目)
  6. ミニコーナー「空耳アワー」
  7. 本編の締め(エンディング、エンディングロールが流れる)
  8. CM(3回目)
  9. エンディング(お尻映像 & 番組タイトルロゴ表示) / 提供クレジット

と言った当番組のタイムテーブルである。

オープニング映像[編集]

オープニング映像は、最初に口笛に導かれて番組タイトル名が画面上から現れると、The Royal Teens[13](ロイヤル・ティーンズ)の楽曲「Short Shorts」(ショートショーツ)(一時期除く)に合わせ、ショーツのみ着用したお尻、ショーツ姿の女性(数名)が様々な下着(TバックOバックも含む)を着用して、背後でお尻を振る映像(CGの物も増えてきている))が流れる。「Short Shorts」は、ボーカル無しで、主旋律をピアノまたは電子楽器で演奏するアレンジされたものを使用した時期もあった。

女性(初期には男性も)が何人か入れ替わりで登場する映像で始まる[14]。お尻を振る女性は当番組の出演者やスタッフ間の中では「お尻ギャル」と呼ばれ、番組内で不定期に募集がかけられ企画の一環として選考会が行われることがある。その際、顔や氏名はプライバシー及び個人情報等の関係で一切公開されず尻のみで選定が行われ、タモリらゲストらが「これは和尻だね!」などと論評する。

一時期、諸事情により生身の女性が一切出ないCGによるお尻のみでのオープニングが放送された。HD化する前は本物の人間の映像に加え、一部CGの映像が混入する形式がとられていた。また、ワンシーンだが尻をショーツではなく手や番組のロゴで隠している映像がある。ハイビジョン化した現在は安斎肇のイラスト付きで、CGは使用されていない。

過去には、オープニング映像がプールに飛び込む水着女性を後ろから撮影したものに変わったり、テーマ音楽(ミュージカル『キャバレー』中の"Willkommen, Bienvenue, Welcome!")なども刷新されたことがあったが、程なくして全て元に戻った。また、キリン・シーグラムが単独スポンサー(一社提供)だった頃、同社のウィスキー「NEWS」のロゴが入ったTシャツをノーブラで着て踊る女性に水をかけ乳首を透けさせるというオープニングも存在したが、これも程なく元に戻った。

オープニング[編集]

毎回、CMを挟み、本編(オープニング)がスタート。当番組の司会を務める、タモリが灰色のタモリ司会専用のハンドマイクを持ち[15]、お決まりの言葉である「毎度おなじみ流浪の番組、タモリ倶楽部でございます[16]と毎回のあいさつして撮影・番組開始、左上に収録・撮影・ロケ地が四角で囲まれて表示される[17]

その日の企画の内容に合わせて、司会のタモリが世間話(トーク)を話していると、わざとらしく、その日のゲスト約3-4名が現れる、というコント風のやりとりがなされる。中には上記のセリフを喋る前からゲストが出る企画もある。ゲストとのトークで本日の企画の内容が明らかにされ、企画の場所へ移動する。

企画の本筋[編集]

司会のタモリとその日のゲスト約3-4名と軽いオープニングトークの後、武田広のナレーションによって、その日の企画内容(後述)が進められる。企画が始まるとたいていは、代表をして、テレビ朝日アナウンサーやゲスト1名が進行役となり、台本・手札・フリップなど使用して、本編(企画)を進めていく。

司会のタモリは聞き役に回る。番組開始当初は企画の本筋へ入っても、司会のタモリ1人で司会進行を努め、ゲストが居た際にも行っていた。近年では、タモリは自ら進行役はイヤだと言う。『タモリ倶楽部』の番組タイトルに対して、タモリは「名義貸しで番組をやっている」と語る。また、ハンドマイクはその後の企画の本編では使わない。

2回目のCMが明けると、タモリが「今日は○○(企画内容)について(学んで、勉強して)まいりました」と司会者らしく、まとめて締めくくる。

本編(企画)では毎回、斬新な切り口でさまざまな社会現象を取り上げている。

番組構成[編集]

撮影・ロケーション[編集]

「低予算番組で番組スタジオセットが組めない」という触れ込みのため、ほぼ毎回ロケーションスタイルで制作されている。局内での収録の場合も大抵はテレビ朝日社屋・ロビー、あるいは制作会社であるハウフルスの会議室・仕事場、収録場所の廊下などを使用し、最低限の番組スタジオセットを組んで収録している[18]

ハイビジョン化[編集]

2010年(平成22年)7月2日放送分まで、画面アスペクト比4:3の標準画質 (SD) で放送していた。番組内でも過去2回にわたり、『タモリ倶楽部』のHD化について企画を取り上げたことがあるが、「番組制作上の予算の都合」や「SDテープに在庫があるのでこれを使い切らないといけない」ことを理由にSDでの制作を続けた。

2011年(平成23年)7月24日地上アナログ放送が停波するのに伴い、2010年(平成22年)7月5日から地上デジタル放送への完全移行を前提に、地上アナログ放送の全番組が画角16:9のレターボックス放送に移行するため、本番組も7月9日放送分「RCカーマニア高山善廣、聖地タミヤで電流バトルIN新橋」からハイビジョン化(同時にオープニングを新装)。特に番組内で言及することはなかった。

テレビ朝日系列のバラエティー番組として最後に残ったハイビジョン (HD) 未対応番組であった。

適当さ・ゆるさが特徴[編集]

司会のタモリのシュールな芸風を尊重しているため、タモリらゲスト出演者のやる気のなさや収録の適当さを前面に出しているのも特徴のひとつである。あまりのやる気のなさ(主にオープニング場面)にときおり、「やる気を出せ〜」とツッコむ進行役のお笑い芸人もいるが、タモリの「俺は名前を貸しているだけだ」「名義貸しだよ」という姿勢には誰もツッコめず、結局何もなかったように番組が進行して行く。

番組タイトル[編集]

サブタイトルは「FOR THE SOPHISTICATED PEOPLE(「洗練された人々のために」の意味)」である。現在のタイトルロゴは3代目で、1991年(平成3年)10月に番組10年目突入を記念して制作。デザインはMASA - TOYOが担当(ハウフルス社長菅原正豊)。なお、その年の9月まで使用していた初代タイトルロゴはタモリ自身が書いたもので当時のサブタイトルは「CONVENIENCE CABARET(「便利なキャバレー」の意)」だった。その後、サブタイトルが「FOR THE SPONTANEOUS(「自発的な」の意) PEOPLE」になった時期もある。

空耳アワー』のミニコーナーで最高の評価商品には、ジャンパーの背後に『TAMORI KUBU』と描かれている。

新聞などの番組表では、1行あたりの文字数(10文字程度。Gコード併記の場合5文字程度)の都合により「タモリ」とだけ掲載されることが多い。

スポンサー[編集]

基本的には、ノンスポンサー[19]だが、過去には、キリン・シーグラム一社提供だったこともある(#オープニング映像参照)。また、テレビ朝日の場合時々単発で映画やCDなどのスポンサーがつく場合がある。

2009年(平成21年)4月から2010年(平成22年)9月までは、司会のタモリがCMに出演している関係からほぼ全国区でアコムがスポンサー(クレジット表記なし)につくようになった(30秒CM)[20]。2010年(平成22年)10月以降は週替で1社スポンサーがつくようになった(おなじく30秒CM)。

企画[編集]

長年に渡り、放送されてきた企画は数え切れないほど多い。年に1度(3月後半から4月前半に掛けて)は、通常放送の後半のミニコーナーである「空耳アワー」の特別編である「空耳アワード」が前編・後編の2週に分けて放送される。

当番組の記念すべき第1回目の企画は「オールナイトニッポンを終えたタモリ氏のその素顔を追跡?」とドキュメンタリー番組に似せた企画「ドキュメンタリー劇場 現代の顔」と司会のタモリの謎に包まれた怪しい私生活を暴く内容であった。

第2回目は「潜入!ザ・テレビジョン編集部」、第3回目は「女性ボディービルダーを紹介」と進行して行き、現在まで続く長寿番組となった。

タモリ電車クラブ(TAMORI TRAIN CLUB)[編集]

数多くの鉄道企画を行ってきた当番組では、2006年(平成18年)2月17日放送分(関東地区)において、鉄道紳士の社交場である「タモリ電車クラブ」(TAMORI TRAIN CLUB)が発足した。

2011年(平成23年)12月現在、以下の20名程度が会員に名を連ねている。

会員No. クラス 会員名 入会日 備考
No.0001 森田一義
No.0002 原田芳雄 2011年7月19日死去
No.0003 向谷実 元・カシオペアキーボーディスト
No.0004 南田裕介ホリプロマネージャー 元・豊岡真澄担当マネージャー
No.0005 東出有輝東京地下鉄(東京メトロ)社員) サンズエンタテイメントマネージャー
No.0006 勝田和宏テレビ朝日報道局社会部記者) 元・テレビ朝日アナウンサー
No.0007 ほんこん130R
No.0008 芦沢教授 2006年2月17日
「タモリ電車クラブ 入部審査会」
No.0009 吉川正洋(ダーリンハニー
No.0010 岡安章介(ななめ45°
No.0011 岸田繁くるり 2007年1月19日
赤い電車に乗って京急車両工場へ行こう」
(当時の京急CFソングも制作)
No.0012 松尾貴史
No.0013 田中要次 2007年12月7日
「メトロに乗って綾瀬検車区に行こう!!」
東海旅客鉄道(JR東海)社員
No.0014 豊岡真澄 結婚・妊娠により芸能界引退
引退後はブログのみ活動継続中
No.0015 土屋礼央RAG FAIRズボンドズボン
No.0016 原田喧太 原田芳雄の息子
No.0017 長嶋智彦(ダーリンハニー 2008年6月20日
「新渋谷駅&東急東横線に潜入!!」
No.0018 堀部圭亮 元パワーズ、元K2
No.0019 真田喜延(オスカープロモーションマネージャー) 2007年8月10日
「地上で地下鉄の音を聴く!?東京聴き鉄MAP」
No.0020 六角精児 2011年12月10日
「夢の大型鉄道企画 京急タモリ線を敷こう!」
No.0021 越中詩郎
  • - ゴールド会員、 - シルバー会員、 - メタリックピンク会員(女性用)
  • クラブ発足のために行われた「タモリ電車クラブ審査会」では他にやまもとまさみ星野卓也も審査会に臨んだが入会を認められず。
  • なお、このゴールド会員特典として「首都圏の鉄道が乗り放題」、「50万円までのキャッシング」があり、申請時には住民票がいる(もちろん、タモリのジョーク)。
  • 鉄道博物館では入館時にSuica(もしくはPASMOICOCAKitaca・専用ICカード)が必要だが、取材時にゴールド会員カードで入館しようとした(当然自動改札では受け付けられなかった)。この時、松尾が持参してきたSuicaはオープン前だったのかエラーで入れなかった。また、開業前の副都心線の取材に関しても改札をわざわざゴールド会員カードを用いて通っていた。
  • 鉄道関係の企画のオープニングでは、会員同士でこの会員証を見せ合うことが恒例となっている。

スターダスト電車クラブ(STARDUST TRAIN CLUB)[編集]

2012年(平成24年)11月23日放送分(関東地区)に「タモリ電車クラブにライバル出現!?スターダスト電車クラブ出発進行!!」と題して、ヒャダインを筆頭に事務所の有志を結集させ、社内で鉄道ファンを集めて、鉄道同好会を始めたという「スターダスト電車クラブ」(STARDUST TRAIN CLUB)を発足。「タモリ電車クラブ」(TAMORI TRAIN CLUB)に対抗する企画が行われた。

2012年(平成24年)11月現在、以下の4名程度が会員に名を連ねている。

会員No. クラス 会員名 入会日 備考
No.0001 ヒャダイン 2012年11月23日
「タモリ電車クラブにライバル出現!?スターダスト電車クラブ出発進行!!」
総合車両製作所の見学企画に参加
No.0002 指田郁也 夜行列車好きの乗り鉄
No.0003 肘井美佳 九州ローカル線好き
No.0004 廣田あいか私立恵比寿中学 中学2年生(13歳)の鉄子
  • - ゴールド会員
  • 鉄道関係の企画のオープニングでは、会員同士でこの会員証を見せ合うことが恒例となっている。

鉄人予備校[編集]

学校では教えてくれない鉄道の知識、感動の乗り方、素晴らしさを教えてくれる。新宿高田馬場にあるようである。「北斗星に乗った時の正しい行動の仕方講座」が開設されている。

講師は、旅行作家の野田隆氏が勤めたが、他の講師がいるかどうかは目下不明である。受講資格は都内もしくは、その周辺の大学の鉄道研究会会員、あるいは鉄道ファンの芸能人である。

タモ江地形クラブ(TAMOE GEOMORPHOLOGY CLUB)[編集]

地理企画も数多く行ってきたため、三田用水の跡をめぐる回(2009年(平成21年)5月15日放送分(関東地区))において「都内歩いているだけ企画」と江川持ち込み企画がシリーズ化。江川が「タモ江地形クラブ」(TAMOE GEOMORPHOLOGY CLUB)を発足させた。この企画でゲスト出演していた石田靖ビビる大木は、タモリから「1日だけじゃ三田用水の跡について分かってない」と会員札は貰えなかった。

「凹んで楽しい 東京スリバチ学会による最新研究成果発表会」(2010年(平成22年)2月12日放送分(関東地区))ではマギーが裏ルートで会員札を取得し進行役を務めたが、その回の最後でタモリに没収された。

2009年(平成21年)5月現在、以下の4名程度が会員に名を連ねている。

会員No. クラス 会員名 入会日 備考
No.0001 森田一義 2009年5月15日
「好評!都内歩いているだけ企画 三田用水のこん跡を巡る!」
No.0002 江川達也
No.0003 芳賀啓(地図出版社「之潮」(コレジオ)代表) 元・柏書房代表取締役
No.0004 とよた真帆 2012年9月29日
「最新の微地形模型で味わう…高低差ファン待望!東京凹凸ショー」
  • - ゴールド会員
  • 地形関係の企画のオープニングでは、会員同士でこの会員証を見せ合うことが恒例となっている。

タモリ倶楽部女子部[編集]

2013年(平成25年)2月1日放送分(関東地区)において「タモリ倶楽部 女子部からのお願い!ピンマイクの送信機をオシャレにして!!」と当番組に女性ゲスト出演する機会の多い、乾貴美子光浦靖子オアシズ)らが結成した「タモリ倶楽部女子部」からの要望でおしゃれに対する意見が当番組に舞い込み「番組収録中に腰に付けているピンマイクの送信機のせいでオシャレな衣装が台無しになった」というもので、どうにか出来ないかと当企画が立ち上がった。当日は男性ゲストとして、六角精児も出演をした。

2013年(平成25年)2月現在、以下の3名程度が会員に名を連ねている。

会員No. 会員名 入会日
No.0001 乾貴美子 2013年2月1日
「タモリ倶楽部女子部からのお願い!ピンマイクの送信機をオシャレにして!!」
No.0002 光浦靖子オアシズ
No.0003 中川翔子

タモや相撲クラブ(TAMOYA SUMO CLUB)[編集]

2014年(平成26年)10月3日放送分(関東地区)に「今夜結成!?タモや相撲クラブ」と題して、やくみつるを筆頭に相撲を愛するファンを集めて、相撲同好会を始めたというやくみつるの持ち込み企画として、「タモや相撲クラブ」(TAMOYA SUMO CLUB)を発足。

2014年(平成26年)10月現在、以下の4名程度が会員に名を連ねている。

会員No. クラス 会員名 入会日
No.0001 森田一義 2014年10月3日
「今夜結成!?タモや相撲クラブ」
No.0002 やくみつる
No.0003 浦風親方(元敷島)
No.0004 能町みね子
  • - ゴールド会員
  • 相撲関係の企画のオープニングでは、会員同士でこの会員証を見せ合うことが恒例となっている。

備考[編集]

  • 2006年(平成18年)6月9日に放送予定だった「かしこく乗りこなせ!首都圏日帰りエレベーターガイド!!」がシンドラーエレベーター事故の影響を受けて「当番組ADから一生のお願い!? 溶接技術をマスターしてリヤカーを作ってください」に放送差し替えとなった。放送予定の企画は、2007年(平成19年)11月3日に放送された。
  • 2011年(平成23年)3月11日に放送予定だった「「い」で犬は歩かない、誰も知らないかるた会」は放送休止して同年4月8日に放送されたが、同年4月1日放送予定だった「空耳アワード2011」を前後編として前編を同年3月25日に放送し、同年3月25日放送予定だった「花粉症対策緊急企画!最強マスクで完全防備!!」は一旦お蔵入りされた後の2012年(平成24年)1月27日に放送された。

ミニコーナー[編集]

番組の途中の後半部分には人気のミニコーナー「空耳アワー」が挟まれる(詳しくは後述)。なお、番組初期には「廃盤アワー」「懐シネマ」というミニコーナーや「愛のさざなみ」(共演:中村れい子)というミニドラマ(主題歌はミッシェル・ポルナレフの「哀しみの終るとき(Ca N'arrive Qu'aux Autres)」)。1988年(昭和63年)からの2年ほど、東京の奇妙で不思議な場所やものを久住昌之を迎えて辿る「東京トワイライトゾーン」があった。「空耳アワー」の前は「今週の五つ星り」だった。

空耳アワー[編集]

元々は1992年(平成4年)4月3日に始まった「あなたにも音楽を」というコーナーであったが、同年7月3日放送分からこのコーナー名に変更された。

詳しくは空耳アワーを参照

過去に放送されていたミニコーナー[編集]

ミニコーナー司会もすべてタモリが担当。

1980年代[編集]

廃盤アワー
番組初回放送から放送されたミニコーナー。
既に廃盤になってしまったレコードの中から巷での人気度業界内での値段を総合評価し、レギュラー出演者の佐々木勝俊が毎週「ベスト5」を紹介していた。値段は、都内3件の中古レコード屋の平均の値段で発表をしていた。
懐かしものブームの先駆け的存在となった。
懐シネマ(なつかしねま)
「廃盤アワー」の後継として合計74回に渡り続いた、昔の映画の「ベスト5」をレギュラー出演者の佐々木勝俊が毎週、紹介するミニコーナー。
SOUB TRAIN
番組初回放送から1983年(昭和58年)3月18日まで続いた、ソウルミュージックのステップ(ダンス)を勉強するミニコーナー。
タイトル名はアメリカのテレビ番組『SOUL TRAIN』のパロディ(「ソウル」と「総武」)[21]
タモリは毎回、全身赤色のジャケット・パンツに赤色のネクタイ、アフロのカツラを着用していた。
○○区横断ウルトラクイズ
アメリカ横断ウルトラクイズ』(日本テレビ系列)のパロディとして数回放送される。
第1回目放送は、本家のアメリカに対抗して、「おしゃれな街」港区が舞台。その後は、渋谷区墨田区千代田区台東区新宿区などが舞台になっている。
新宿区横断では都電が第一チェックポイントに登場してもいた。基本はタモリが読み上げた問題に対し、わかった者が手持ちの小旗を上げ早く揚げたものが解答権をとる「早上げクイズ」であったが、新宿区横断の準決勝は舞台がのぞき部屋(解答者は覗く方で、タモリはのぞき部屋のお姉さんと共に覗かれる方から出題)で下記「クイズ テイクオフ」の様に早くティッシュを抜いた者に解答権が与えられており、同時に解答権を取った人の部屋に灯りが入りステージから(マジックミラー越しに)顔が見えるようになっていた。
余談だが、この時の罰ゲームはお姉さんと一緒にオナニーショー(もちろん着衣のまま、格好だけ。それもお姉さんのフリをマネしただけ)であった。また、このシリーズには本家の優勝者(第10回クイズ王の森田敬和。なお、森田が出場したのは第10回ウルトラクイズに参加する前である)、上位進出者も参加していた。
ドラマシリーズ 男と女のメロドラマ 愛のさざなみ
番組初回放送から1983年(昭和58年)3月25日まで放送されていたミニドラマシリーズ。
主人公が下心ありありの甘酸っぱい妄想を繰り広げる連続メロドラマ。
タモリ演じる「義一」(本名の「一義」を逆)と中村れい子演じる「波子」が織り成す愛の物語。
毎回、タモリ演じる「義一」と中村れい子演じる「波子」が出会った時には必ず、タモリが「波子さん」、中村が「義一さん」と必ず言うのがお約束。そしてそのシーンで「波子と義一、運命の再会であった」というナレーションが入る。
当番組ロケ(収録)の最中、唐突に「義一」と「波子」が出会い紆余曲折を経てエッチしかけると邪魔が入るというオチで終わる。
脚本は当番組の元構成作家景山民夫が担当。タモリの「波子さん!」、中村の「義一さん!」の掛け声が毎回あった。
ナレーションは武田広が担当。
その後、1998年(平成10年)元日放送の『タモリの昨日は去年だったスペシャル!』にて「番外編」として復活したことがある(その際、吉田美和が「浪子」役を演じた)。
勝ち抜き懐アワー(懐の字は○で囲まれている)
1985年(昭和60年)4月から放送された「懐シネマ」の後継ミニコーナー。
懐かしいものを持ってきた人が赤コーナーと白コーナーに分かれて見せ合い、上げられた旗の数で勝敗を決めた。
レッツゴー懐アワー(懐の字は○で囲まれている)
「勝ち抜き懐アワー」のミニコーナーの後継として、1985年(昭和60年)5月から7月まで放送。
懐かしいものをベスト5形式で紹介。
お世話になりましたアワー
1985年(昭和60年)8月から15回にわたり放送されていたミニコーナー。
男なら誰でもお世話になった女優を「ベスト5」形式で発表。
ドラマシリーズ 愛のたゆたい
1985年(昭和60年)11月13日放送分からスタートした連続恋愛ミニドラマ。
田守義一(タモリ):39歳・既婚・子供あり・職業は中間管理職・浮気の経験なしと菊池恵子(菊地奈々子)と恋愛関係にあり、義一は女性に対して昔から空想(妄想)の世界に入りやすい性格である。
原作は大久保林清(景山民夫)、ナレーションは武田広が担当。
なんてったって MIBOUJIN
1986年(昭和61年)4月に放送されたミニコーナー。
ゲストは山本晋也。我こそは理想の未亡人であるもしくは未亡人になれるという女性にハガキを出してもらい、タモリと電話で会話をするミニコーナー。
たった3回で消え、当時の最短ミニコーナーとなった。
夜の英会話
1986年(昭和61年)4月にスタート。その後1年半71回続いたミニコーナー。
「ゲイに誘われたときにやんわりと断る」など、夜に役立つフレーズを学ぶミニコーナー。レギュラー出演者は窪田ひろ子。
怖いですねアワー
1986年(昭和61年)7月から翌年の4月まで34回続いた、ホラー映画の怖いシーンを紹介するミニコーナー。レギュラー出演者は渡辺祐
連続セーラー服ドラマシリーズ 愛の山嵐
1986年(昭和61年)11月7日放送分からスタートした連続ミニドラマ。
登場人物は、セーラー服好きの音楽教師の田守義一(タモリ)と「義一」に好意を寄せる生徒の田辺美佐子、そしてその「義一」を誘惑する生徒の麻生澪
毎回、「義一」が麻生に誘惑されて興奮している現場に田辺が偶然現れ「不潔です!」と言い残して去って行く。その後、麻生も何らかの理由で「不潔よ!」と言って去っていくというオチであった。脚本はロイジェームス・三木。ナレーションは武田広が担当。
クイズテイクオフ
1987年(昭和62年)4月から約20回に渡って放送された、男女のカップル同士の対決型クイズミニコーナー。
アナウンサーが読み上げる問題に対して男性が答える。「早押し」形式だがボタンではなく男性解答者が手に持っているティッシュ箱からティッシュを1枚取り出し高く放り上げ、床に早く落下した方に解答権が与えられる。
正解すると相手チームの女性は着ている衣服を1枚脱がなければならない(=テイクオフ)。不正解の時はパートナーの女性が服を脱ぐ。女性がギブアップを宣言した時点で相手チームが勝ちとなりゲーム終了。3週勝ち抜けばハワイ旅行を獲得できる(離陸=テイクオフ)。
ヒューマン・ドキュメント・シリーズ THE青春
1987年(昭和62年)10月9日から放送されたコーナー。(全16回)
AD宇梶(当時23歳)の生活をモチーフにした自虐ドラマ。
東京トワイライトゾーン
1988年(昭和63年)3月4日から1990年(平成2年)5月25日まで放送されたミニコーナー。
東京近郊の不思議なもの・おかしなものを実際に見て回るコーナー。
タモリが冒頭に「世の中にある不思議な物、常識では考えられない物、それらを白日のもとにさらし、その原因を追究するこのコーナー」と挨拶するのが恒例であった。
例えば、入り口のないらせん階段、階段もないのに2階の壁面に扉がある家、壁にアワビや植木鉢が埋め込まれている家、マンホール銀座、モアイ像のいるマンション、クイズの家、空き缶のなる木など。
これらを纏めた単行本も出版されている。
レギュラー出演者は「トワイライトなもの評論家」の久住昌之と「トワイライトなもの専門カメラマン」の滝本淳助。
当ミニコーナーの元ネタはよく宝島社VOWではないかと思われているが、久住が学生時代に師事していた赤瀬川原平により提唱された超芸術トマソンが元である。
行ってみよう、やってみよう、なんでも知ってピンピンピン♪
1989年(平成元年)から1990年(平成2年)初頭の短期間に数回放送されたミニコーナー。
アシスタントに当時何かと話題だったAV女優のアニータ・カステロを迎え、子供向け教育番組のような体裁でタモリと共に「大人の社会科見学」をしに街に出るというコーナー。
第1回目の企画は当時三軒茶屋に在った「電動こけし」の工場見学だった。

1990年代[編集]

瞑想アワー
1990年(平成2年)11月23日から1991年(平成3年)4月26日まで放送されていたミニコーナー。
タモリが冒頭に「現代人の誰もが避けて通れないストレスの闇を優しくそして前向きにヒーリングしていただく瞑想アワーのお時間がやって参りました」と挨拶するのが恒例であった。
「瞑想アワー」のタイトルコールは武田広が担当。
現代人のストレス(悩み)を悟りのダンスで癒すコーナー。レギュラー出演者は「踊る潜在意識」こと、麿赤児と弟子2-3名。
瞑想刑事(デカ)
「瞑想アワー」の続編。
刑事役の麿赤児が事件を捜査中にアルファ波を出して、瞑想に陥るという内容だった。
サインはポイ!ふたたび
1990年(平成2年)に放送されていたミニコーナー。
サイン色紙評論家ぴりっときたろうと共に都内に出向き、歴史を感じられる著名人らのサイン色紙をメインに素人2人ずつで対決を行っていく。より歴史を感じられる著名人からのサイン色紙をぴりっときたろうが判定していく。勝ち抜き選で優勝者には商品が贈呈される。
今週の五ツ星り
1990年(平成2年)11月23日から1992年(平成4年)9月25日まで放送されていたミニコーナー。
「おっぱいフェチ」を自称するタモリだが、山田五郎(当初は赤井英和)をコメンテーターに迎えて、毎回さまざまな素人女性のお尻(外国人も)を品評していた。
ジ・イントロナシニナル
前奏に歌詞をつけるというもので、「インターナショナル」と「イントロなしになる」を掛けている。
視聴者からイントロに合った歌詞を募集していた。進行は渡辺祐、解説は曽根幸明
ニュージ・ステーション
タモリが山田五郎と共に乳児を品評するミニコーナー。
タイトル名は、同局の報道番組『ニュースステーション』のパロディ。
コーナー終了時には毎回タモリが色紙にコメントを書いていた。
女児の性器には必ずモザイクをかけていたが、男児は丸出しだった。出演した男児が放尿や勃起をするなど、ハプニングも続出だった。
クイズDEATH
デスメタルバンドに童謡や歌謡曲などを歌わせ原曲を当てるミニコーナー。「学ぶデス」という企画から派生。
「空耳アワー」の後継ミニコーナーとして始まったが人気がなく、結局「空耳アワー」復活となった。
ナレーションには、必ず語尾に丁寧語の「です」とかけて「DEATH」が付けられ、アシスタントの女性(エミ・エレオノーラ)は「ホスDEATH」(ホステス)と呼ばれていた。演奏は「エバデス」「ネクロフィリア」による。
美しき愛の輪廻
渡辺正行原作のミニ恋愛ドラマ。
あなたにも音楽を
1992年(平成4年)4月3日から同年6月26日まで放送されていたミニコーナーで、第1回の進行は、当時構成作家を担当していた町山広美が担当。第2回から町山と入れ替わる形で安齋肇が加入。
コーナー開始当初は邦楽曲からの投稿が圧倒的に多かったが、次第に洋楽の歌詞が日本語に聞こえるといった「こじつけ」の投稿が多くなった結果、「当初とは趣旨が変わってしまった」という理由で、同年7月より「空耳アワー」に引き継がれた。
My勝負パンツ
1998年(平成10年)1 - 2月に放送されていたミニコーナー。
さまざまなタレントの勝負下着を鑑賞するコーナー。
コーナー進行は春菜愛(現:はるな愛)が担当した。

番組史[編集]

放送時間の変遷[編集]

放送期間 放送時間
1982年10月 - 1984年03月 24:10 - 24:40
1984年04月 - 1985年10月 24:15 - 24:45
1985年10月 - 2000年03月 24:00 - 24:30
2000年04月 - 2001年09月 24:09 - 24:39
2001年10月 - 2009年09月 24:15 - 24:45
2009年10月 - 現在 24:20 - 24:50

記念回[編集]

放送日 記念回 節目記念回の主な企画内容
1982年10月8日 第1回 オールナイトニッポンを終えたタモリ氏のその素顔を追跡?
1984年10月5日 第100回
1986年11月7日 第200回 ロケバスを借り切って宴会
1988年6月12日 第300回
1991年3月7日 第400回
1993年2月26日 第500回
1995年3月3日 第600回 祝600回放送記念! 各界の頭脳結集 番組宣伝会議
1997年3月14日 第700回 祝700回放送記念!「全日本排便下半身むきだし連盟
1999年3月26日 第800回 祝800回放送記念! 移動立体感謝広告出没す!
2001年4月6日 第900回 祝900回放送記念緊急企画!「2代目ソラミミストオーディション大会
2003年4月25日 第1000回 『タモリ倶楽部1000回放送記念飲み会』
〜於 高橋かつみ QUIZ!業務用居酒屋グッズのお値段〜
2005年5月20日 第1100回 超ピンポイント!マニアックな図鑑の世界!!
2007年7月27日 第1200回 縛った古新聞はなぜ解けるのか!?身近な疑問からはじめるロープワーク
2009年9月11日 第1300回 リマスターがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! ビートルズ47年目の真実!
2011年10月14日 第1400回 東京23区で唯一の自然妙見島”でリゾート気分を満喫!
2013年11月15日 第1500回 OA機器メーカーが新商品を発表「城ラマ」を攻める!

関連商品[編集]

書籍[編集]

VHS[編集]

特別番組[編集]

スペシャル放送[編集]

放送日 放送時間 番組タイトル 主な出演者 視聴率
1996年11月2日 タモリ倶楽部
〜FOR THE SOPHISTICATED PEOPLE〜
生放送 空耳アワースペシャル
タモリ、安斎肇(ソラミミスト)、内村光良ウッチャンナンチャン
2001年12月30日 23:00 - 24:54
(114分)
タモリ倶楽部
〜FOR THE SOPHISTICATED PEOPLE〜
空耳アワード2001
タモリ、安斎肇(ソラミミスト)、矢口真里石川梨華CHAGE
キャイ〜ン天野ひろゆきウド鈴木)、坂下千里子佐野史郎
PUFFY大貫亜美吉村由美)、セイン・カミュ上島竜兵
下平さやか(テレビ朝日アナウンサー)
2009年1月30日 23:15 - 24:10
(55分)
テレビ朝日開局50周年記念特別番組
今夜だけ タモリ倶楽部
〜FOR THE SOPHISTICATED PEOPLE〜
スペシャル
勝田和宏・下平さやか(共にテレビ朝日アナウンサー) 13.3%

総集編[編集]

当番組の司会であるタモリの意向もあり、「空耳アワード」以外の総集編・未公開シーン集といった類の放送は開始から四半世紀以上にわたり、基本的に放送が行われていなかった。

ただし、1988年(昭和63年)に諸般の事情で過去の放送のダイジェスト版が(過去のミニコーナーや旅もの〔北斗星乗車や日帰り海外ツアーなど〕)放送されたことはある。

2001年(平成13年)に司会のタモリがゴルフボールで左目のケガにより休養した際にも、過去のダイジェスト版が放送された(2001年11月30日12月7日の2週に渡って「リストラをぶっ飛ばせ!文化人貢献度アピール祭り」と題し、常連ゲストである井筒和幸杉作J太郎パラダイス山元みうらじゅん蛭子能収山田五郎各人の過去の出演VTRが放送された)[22]

放送開始から約26年4か月後の2009年(平成21年)1月30日の23:15 - 24:10(JST)に、テレビ朝日開局50周年記念番組である『50時間テレビ』内の『テレビ朝日開局50周年記念特別番組 今夜だけ タモリ倶楽部スペシャル』として、放送開始以来の傑作集が初めて放送された。

また、番組放送開始以来初めてANNフルネット全24局同時ネット(朝日放送は数分遅れ)で放送され、東日本放送では、2007年3月に番組の放送を打ち切ってから約2年ぶりの放送となった[23]

当番組としては、初めて字幕放送となる予定だったが結局実施されなかった。『50時間テレビ』のラインナップで唯一通常放送と同様SD画質で制作されており、ハイビジョン制作にはならなかった。

また、司会のタモリは直接は登場せず、過去の傑作集のVTRのみで番組に出演経験のある勝田和宏・下平さやか両テレビ朝日アナウンサーによる司会・進行となった。肖像権などの知的財産権の都合上、画面の多くに編集処理された映像が続く場面も少なくないものであった。

番組テーマ曲[編集]

オープニング・エンディング曲
  • The Royal Teens 「Short Shorts」
    • 次期によって、オープニングがピアノやキーボードのインストルメンタルになった時期もあるが、結局は原曲に戻っている。
    • 当曲は本編エンディングでも流れるが、オープニングが上記インストルメンタルでもこちらでは原曲が流れていた。
「空耳アワー」エンディング曲

オムニバス・アルバム『オールディーズ』(MCAビクター、MVCM-2302、1995年11月16日発売)には、2曲とも収録されている。

特別番組による放送休止[編集]

  • 毎年、テレビ朝日が独占中継をしていて、7月の下旬から8月の初旬に掛けて、『全英オープンゴルフ』と『全英女子オープンゴルフ』が当番組の放送時間の金曜日の深夜から早朝に掛けて放送されるために2週間放送が休止されている。
  • また、年末年始にも特別番組で2-3週にわたり放送が休止される。
  • 2011年(平成23年)3月11日の放送は、東日本大震災で報道特別番組が放送されたために放送休止となった。

ネット局と放送時間[編集]

現在のネット局[編集]

『タモリ倶楽部』ネット局と放送時間(2014年8月現在)
放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・時間 遅れ 備考
関東広域圏 テレビ朝日(EX[24] テレビ朝日系列 金曜 24:20 - 24:50 制作局 [25]
北海道 北海道テレビ(HTB) 火曜 24:50 - 25:20 11日遅れ [26]
青森県 青森朝日放送(ABA) 木曜 25:20 - 25:50 27日遅れ [27]
岩手県 岩手朝日テレビ(IAT) 金曜 24:20 - 24:50 同時ネット [28]
宮城県 東日本放送(KHB) 木曜 25:26 - 25:56 48日遅れ [29][30]
秋田県 秋田朝日放送(AAB) 日曜 25:10 - 25:40 9日遅れ [31]
山形県 山形テレビ(YTS) 金曜 24:20 - 24:50 同時ネット
福島県 福島放送(KFB) 土曜 25:00 - 25:30 15日遅れ [32]
新潟県 新潟テレビ21(UX[33] 火曜 24:50 - 25:20 11日遅れ [34]
石川県 北陸朝日放送(HAB) 土曜 25:00 - 25:30 29日遅れ [35]
長野県 長野朝日放送(ABN) 土曜 25:00 - 25:30 8日遅れ
静岡県 静岡朝日テレビ(SATV[36] 水曜 25:50 - 26:20 12日遅れ [37]
中京広域圏 名古屋テレビ(メ〜テレ、NBN) 土曜 26:25 - 26:55 29日遅れ [38]
近畿広域圏 朝日放送ABCテレビ 日曜 25:53 - 26:28 86日遅れ [39]
鳥取県島根県 日本海テレビ(NKT) 日本テレビ系列 月曜 25:33 - 26:03 17日遅れ [40]
香川県・岡山県 瀬戸内海放送(KSB) テレビ朝日系列 土曜 24:45 - 25:15 8日遅れ [41]
広島県 広島ホームテレビ(HOME) 土曜 25:00 - 25:30 50日遅れ [42]
山口県 山口朝日放送(yab) 木曜 24:45 - 25:15 6日遅れ [43]
愛媛県 愛媛朝日テレビ(eat) 木曜 25:25 - 25:55 12日遅れ [44]
福岡県 九州朝日放送(KBC) 木曜 25:45 - 26:15 34日遅れ [45]
長崎県 長崎文化放送(NCC) 土曜 25:50 - 26:20 36日遅れ
熊本県 熊本朝日放送(KAB) 金曜 25:25 - 25:55 56日遅れ [46]
大分県 大分朝日放送(OAB) 土曜 25:45 - 26:15 8日遅れ [47]
鹿児島県 鹿児島放送(KKB) 日曜 25:15 - 25:45 16日遅れ [48]
沖縄県 琉球朝日放送(QAB) 土曜 25:00 - 25:30 50日遅れ

過去のネット局[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 編成上及びANNマストバイ局の場合。2011年7月24日以前のアナログ音声はモノラルであった。
  2. ^ 1982年3月28日放送映像より
  3. ^ 受賞歴-テレビ番組制作と各種プロモーションのハウフルス
  4. ^ 放送批評懇談会(第50回ギャラクシー賞受賞作品)
  5. ^ 氏名クレジットは非表示。オープニングで使用するマイク灰色を使用。オープニングの部分が終わると進行役のゲストやテレビ朝日アナウンサーに番組進行を任せ、他のゲストと共に聞き役へ。鉄道料理・呑み企画など、他にマニアックな企画に興味を持つ。全編を通して出演。
  6. ^ 空耳アワー」のミニコーナーのみ出演。「空耳アワード」では進行役を務める。「空耳アワー」のミニコーナーは1992年に開始。「空耳アワー」「空耳アワード」以外にも他の企画ゲストとして出演することもある。視聴者から送られた作品のうち2~3つ紹介している。
  7. ^ 番組開始当初から当番組のナレーションを担当。タモリと同じく大の鉄道ファンである。空耳アワーのオープニングタイトルも辛島美登里と共に歌っている。
  8. ^ a b 50時間テレビ』内の総集編の案内役。
  9. ^ 3人で出演する事は希で、ピン(主に飯塚)または2人で出演する事が多い。
  10. ^ 初出演はそれぞれ違う。2013年1月18日放送に角田、2013年9月21日の放送に飯塚、2014年2月28日の放送で豊本がそれぞれ初出演した。
  11. ^ 提供クレジットが入らない場合や各放送局によって異なる。
  12. ^ 不定期で「空耳アワー」とCM(2回目)の間に本編が入ることがある。
  13. ^ The Royal Teens
  14. ^ 番組開始当初から景山民夫の下で構成作家をしていた佐々木勝俊によると、この曲の選曲は佐々木だという。また、お尻の映像が出たのは、プロデューサー兼演出の菅原正豊ハウフルス)がお尻好きだったからだという[1]
  15. ^ ピンマイクをつけているので意味はなく、シンボル的なものである。2011年(平成23年)5月13日放送分で「(オープニングで使用している)ハンドマイクには電池が入っていない」と話している。
  16. ^ 番組放送開始当初はお決まりの言葉はなく、タモリが「今夜も始まりました『タモリ倶楽部』でございます」などから番組が毎回、スタートしていた。
  17. ^ テレビ朝日やハウフルス社内で収録する場合など表示されない場合もある。
  18. ^ セットと言っても企画の看板を立てかけたり、テーブルや机に物を置く程度である。
  19. ^ ノンスポンサーでの放送のことを「サスプロ」と称すこともある。
  20. ^ ABCテレビでは2008年(平成20年)10月5日放送分よりダック引越センター(以下、ダック社)がスポンサーとして付いていた(2008年(平成20年)度いっぱいまで単独提供、2009年(平成21年)度以降は前述のアコムと2社提供)。なお、同年いっぱいでダック社がスポンサーを降板すると翌年放映分より親会社のアート引越センターがスポンサーを引き継いだ。
  21. ^ コーナーのオープニングで本家『SOUL TRAIN』では昔っぽい蒸気機関車がグニャグニャした線路を走ってくるが、「総武トレイン」では電車(当時、実際に総武線で運転されていた国鉄101系電車をモチーフにしている)が走ってくる。
  22. ^ 当時の番組内容 - 「タモリ倶楽部のへや」(リンク先の放送日(2001年12月1219日)は、名古屋テレビでのもの)
  23. ^ これが影響したのかは不明であるが東日本放送はこの年の4月に放送を再開している
  24. ^ 開始当初はANB。
  25. ^ 24:20から1分間はPT枠であるため、実際には24:21開始。2009年9月まで金曜 24:15 - 24:45。
  26. ^ 開始当初から同時ネットだったが、1995年頃から遅れネット(当初は1週遅れ)となる。2009年9月までは月曜25:10 - 25:40に放送されていた。
  27. ^ 青森朝日放送開局当初から1998年3月までは同時ネット。1998年4月以降は時差ネットに変更。一時期は放送局移行で放送休止。青森朝日放送開局前は、青森放送(当時日本テレビ・テレビ朝日系列のクロスネット)で放送された。青森朝日放送に移行した後も、別番組に差し替えられ休止していた時期がある。
  28. ^ 一時期、自社番組『ゴリキン』に差し替えられ土曜日24:30 - 25:00に時差ネットの時期あり。
  29. ^ 以前木曜 25:46 - 26:16に放送していたが、2007年3月29日放送分で一時放送打ち切り。また、それ以前にも半年程度放送しなかった期間がある。ローカル番組『裏影』の終了に伴い、後枠として2009年4月2日から約2年ぶりに放送再開された。現時間帯への移動前は木曜 24:20 - 24:50(→24:56 - 25:26)に放送していた。
  30. ^ 2012年10月から2014年4月までは本番組放送後、ステブレなしで『キングコングのあるコトないコト』が放送されており、同年5月からは前座番組『『ぷっ』すま』(遅れネット)とのコンプレックス構成で放送されている。
  31. ^ 開局後しばらくは同時ネット。秋田朝日放送開局前の1980年代後半の一時期秋田放送日本テレビ系列)で放送されたことがある。
  32. ^ 2008年4月から2009年3月まで、土曜25:25 - 25:55に移動。2009年4月より現在の時間に移動。
  33. ^ 開始当初はNT21。
  34. ^ 2010年3月30日より現在の時間に移動。それまでは水曜24:50 - 25:20。1983年10月の開局当初はキー局と同じ金曜深夜に放送され(同時ネットであったかどうかは不明)、1990年代後半から2000年代には日曜深夜や月曜深夜に放送されていた時期もある。
  35. ^ 北陸朝日放送開局前は石川テレビフジテレビ系列)で放送されていた。
  36. ^ 開始当初は静岡けんみんテレビ(SKT)。
  37. ^ 2013年1月16日より現在の時間に移動。ただし時折放送時間に変動がある。なお、2012年12月23日までは日曜24:55 - 25:25に放送。
  38. ^ 2013年10月19日より現在の時間に移動。放送時間は頻繁に変動しており、2013年10月5日と12日は土曜25:55 - 26:25、2013年4月27日より9月28日までは土曜25:50 - 26:20、2013年4月6日と20日は土曜25:20 - 26:20(2回分放送)、2013年4月13日は土曜25:50 - 26:50(2回分放送)、2013年1月5日より3月23日までは土曜25:20 - 25:50、2012年12月13日までは木曜25:25 - 25:55、2012年6月9日までは土曜24:30 - 25:00にそれぞれ放送。なお現在特番などで放送が窮する場合が多いため遅れが拡大している
  39. ^ 2013年11月17日からは現在の時間。放送時間は頻繁に変動している。
    • かつては水曜 25:26 - 25:56の放送。1990年代の一時期はバラエティー番組枠『バラエティBOX』→『水曜バラエティ』の1番組として、『パパパパパフィー』とセットで放送されていた。
    • 2008年10月から2009年9月は土曜深夜に、翌10月から2011年1月は月曜深夜に、2月6日からは日曜深夜へと移動し、バラエティ番組枠『ニチバラ!』の1番組として放送。
    • 2012年10月から2013年1月27日までは、遅れが大きい当番組を1時間10分で2回分放送。2月3日からは、放送日遅れを制作側のテレビ朝日と取り戻し、通常の35分放送に戻し『激論!どっちマニア』とセットで放送。しかし、2013年9月現在は再び遅れが拡大しており、9月15日から2回分放送。11月17日からは35分放送にし、『林修先生の今やる!ハイスクール』とのセットとなる。2014年2月2日からは『だんくぼ』とのセットとなっている。
    • 阪神タイガース戦デーゲーム中継時は、当枠形成前からこの時には、第1部と第2部に相当する番組は休止し、当番組のみ30分間の単独番組として、振り替え放送終了直後に放送されることがあったが、2012年4月以降は枠全体が休止となる。
    • 夏の甲子園中継時の毎年8月に開催される全国高等学校野球選手権大会を14時台で中継する時にも、『サンデープレゼント』を深夜に振り替え・遅れネットで放送するため、当番組も含めて枠全体が休止となる。野球延長の場合は休止、中止の場合は通常放送される。
  40. ^ 長年中断していた時期あり。2011年の改編時点で唯一の系列外放送局。
  41. ^ かつては同時ネット放送だったが、1994年4月から『探偵!ナイトスクープ』を同時ネットに移行し、本番組は遅れネットになった。その後も転々と放送時間の変更を繰り返し、2010年3月までは日曜24:45、2011年3月までは土曜24:30からの放送だった。2010年6月14日よりアナログ放送においてすべての自社送出番組がレターボックス化されたことを受け、6月26日放送分以降は4:3額縁放送となる(後述のKBCのように独自のサイドパネルは導入していない)。2011年4月15日から2012年3月まで『お願い!ランキング』(金曜版)放送開始に伴い、同時ネットに復帰。2012年4月より「ナイトスクープ」が金曜深夜の時間帯に復帰したため、当番組は再び遅れネットになった。
  42. ^ 2008年4月より金曜(木曜深夜)から時間移動したが同年10月から『水曜どうでしょうClassic』が移動したため、更に遅い時間にずれこむ。『朝まで生テレビ』がある週は休止となるため、後に2 - 3本を1週でまとめて放送したり放送をカットする場合もあった。2009年4月4日、現在の時間帯に移動した。
  43. ^ 開局後しばらくは同時ネット。その後、2009年3月までは原則1週間遅れ(編成の都合で2週間遅れの場合もあった)、放送日時はテレビ朝日とほぼ同じでCM分尺が長かった。『ドォーモ』のネットを再度休止(打ち切り)、後枠を『ネオネオバラエティ』受けとした(ただし、月曜日〜水曜日分)ことに伴い放送日時を木曜24:15 - 24:45に移動。その後2010年10月7日から2011年9月までは、木曜 25:14 - 25:44で放送していたが、2011年10月からは再び現在の時間に移動。20日遅れの『『ぷっ』すま』の終わりからほぼCMなしでスタートになる。
  44. ^ 放送当初は金曜 24:16 - 24:51。当時、テレビ朝日とほぼ同時だが、本番組より長い35分で放送していた。2009年10月8日に木曜 24:20 - 24:55に移動。移動後も放送時間は同じ。2012年4月5日よりそれまでこの番組の直後に放送していた自社製作番組と時間帯を入れ替えて24:55 - 25:25となり、放送時間も30分となる。2013年10月3日、この時間帯に「ぷっ」すまが移動することに伴い、30分遅くなって放送。
  45. ^ 2009年9月まで金曜日25:39、2011年10月まで木曜日25:20。金曜に放送されていた当初、同局『朝まで生テレビ!』がある週は放送休止となっていたがその後該当週は55分繰り上げでの放送になった。一時放送されなかった時期がある。また、極初期は日曜 23:25 - 23:55に放送していた。遅れ日数は2013年7月上旬まで20日であったが、中旬から8月上旬に掛けて『全英女子オープン』『[[全英オープン (ゴルフ)|]]』各ゴルフ中継や『世界水泳バルセロナ2013』の影響で約1ケ月休止となった時期を経て遅れが延び、2014年7月にもゴルフ中継による延期となったため同月下旬時点では41日遅れとなり現在に至る。
  46. ^ 1999年代から2000年代前半に掛けて中断していた時期がある。
  47. ^ 2009年10月から2011年3月までは土曜 25:00 - 25:30だった。2009年10月からは金曜ナイトドラマ枠がネットワークセールス枠に移行したことに伴い、当時その時間に放送していた『探偵!ナイトスクープ』を65分繰り下げて放送を継続した。2011年3月には普段放送のない日に放送するなど、集中放送が行われており、2011年4月2日より1年半ぶりに同時ネットに復帰した。また、大分朝日放送開局前は、1980年代半ばに、テレビ大分(当時フジテレビ系列・日本テレビ系列・テレビ朝日系列トリプルクロス局)で半年間だけ放送されたことがある。2014年4月から遅れネットに
  48. ^ 不定期で休止されたり繰り下げたりすることがある。2011年3月6日 - 3月27日の4週間は1時間のスペシャルとして2週分放送するため、遅れが解消された。

関連項目[編集]

以上の3番組は、タモリが司会を務め、当番組の制作協力番組のハウフルスフジテレビと共同制作に携わっていたバラエティ番組。
NHK総合テレビで放送されていたバラエティ番組紀行番組。NHKが当番組に触発され、街歩き企画をタモリに打診して製作された。
1996年11月2日、『タモリ倶楽部 生放送 空耳アワースペシャル』として、当番組のミニコーナー「空耳アワー」が生放送された。当番組としては初の生放送だった。
毎週金曜日の20時台に生放送されているタモリが司会を務める音楽番組。当番組のスタッフも携わっている。
2009年1月30日、『今夜だけ タモリ倶楽部スペシャル』として当番組の傑作選が生放送された。
坂道研究家である山野勝(講談社顧問。『週刊ヤングマガジン』編集長、常務取締役等を歴任)と、副会長のタレントであるタモリの二人が設立した、坂道を愛好・研究する「自称」学会。会長は山野、副会長はタモリの2人のみで構成している。
2004年10月15日講談社から発行された書籍本で、タモリが著者・写真を担当した。当番組の収録秘話も掲載されている。
テレビ朝日の深夜番組枠。
青森県風景写真を紹介するコーナー、SHAMORI(シャモリ)の特別編として「SHAMORI倶楽部」(シャモリくらぶ)があり、コーナーBGMも当番組と同じオープニング曲が使用されている。
タモリが毎年、年末最後のゲストとして出演している。また、安斎肇(ソラミミスト)も2013年5月9日放送分で初出演し、過去の「空耳アワー」の傑作集が放送された。

外部リンク[編集]

テレビ朝日系列 日曜18時台後半枠
前番組 番組名 次番組
マペット・ショー
(1981年6月7日 - 9月27日)
夕刊タモリ!こちらデス
(1981年10月4日 - 1982年3月28日)
日曜夕刊!こちらデスク
(1982年4月4日 - 1982年9月26日)
テレビ朝日 金曜24:15 - 24:20枠
ANNスポーツニュース
※24:10 - 24:20
(1982年4月 - 9月)
【繰り上げ、枠移行】
タモリ倶楽部
(1982年10月8日 - )
【第1期】

帰ってきたタモリ倶楽部

タモリ倶楽部
【第2期】
オンタマ
(2005年10月3日 - )
【5分繰り下げ、枠移行】
テレビ朝日 金曜24:20 - 24:45枠
タモリ倶楽部
【第1期】

帰ってきたタモリ倶楽部

タモリ倶楽部
【第2期】
-----
テレビ朝日 金曜24:45 - 24:50枠
爆笑問題の検索ちゃん
※24:45 - 25:15
(2005年10月7日 - 2009年9月25日)
タモリ倶楽部
-----