CD-ROM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Compact Disc Read Only Memory
CD-ROM
メディアの種類 光ディスク
記録容量 650MB
700MBなど(12cm)
フォーマット ISO 9660など
読み込み速度 1.2Mbps
(150kiB/s、1倍速)
最高72倍速
回転速度 200/min. - 600/min.
読み取り方法 780nm赤外線レーザー
主な用途 データ
PCエンジン用ゲームソフト
PC-FX用ゲームソフト
メガドライブ用ゲームソフト
セガサターン用ゲームソフト
3DO用ゲームソフト
ネオジオCD用ゲームソフト
PlayStation用ゲームソフト等
ディスクの直径 12cm、8cm
上位規格 DVD-ROM
下位規格 なし
テンプレートを表示

CD-ROM(シーディーロム、Compact Disc Read Only MemoryJIS X 6281-1992、ISO/IEC 10149:1989)は、コンピュータゲーム機などで取り扱うデータが記録されているコンパクトディスクのこと。

概要[編集]

CD-ROMはもともとCDがそうであるように、プレス費が比較的安値で、主に製品等の大量配布用に作られた読込み専用のメディアである。規格書Yellow Book(イエローブック)によりライセンスされている。CD-ROMのフォーマットには、標準的なISO 9660などがある。

CD-ROMを拡張したものにCD-ROM XACD-i、CD-RAM(早くに消滅)、GD-ROMなどがある。

CDの1トラック分にデータが記録されている。他のトラックには通常のCDプレイヤーで聴ける音が記録されている場合もある(CD-DA) 。

主にパソコンゲーム機(CD-ROMプレイヤー)で利用されているが、ゲーム機用のCD-ROMはコピー防止のため機種独自のフォーマットが使われている場合が多い。

容量[編集]

規格発表当時は誤り訂正が重視され容量は540MBが限度とされたが、後にドライブ装置の読み取り技術の進歩により650–700MB程度まで記録されたメディアが主流となり、現在ではさらに容量を確保したメディアもある。

大容量CD-ROMは、一般的なCD-Rドライブでの記録可能容量を上回る(ダミーの)データを記録しておくことで、容易なコピーを防ごうとする意図で用いられる場合が多かった。(単に容量が必要なだけであれば、複数枚のメディアに記録すれば良いからである)

1990年代半ば頃までは、標準的なハードディスク(当時、300–500MB程度)よりも多くのデータを格納できた。ISO9660フォーマットでは1セクタ2Kバイト単位でファイルを収容できる。対して、当時CD-ROM1枚分に相当する容量のハードディスクドライブの容量 540Mバイトでは32セクタ16Kバイト単位でファイルを記録するため、CD-ROMのファイル充填効率はハードディスクドライブより8倍以上優れておりより多くのファイルを収容できた。

速度[編集]

読み取り速度(読み込み速度、読み出し速度などとも呼ばれる)は初期には音楽用CDと同じ(1倍速、等速と呼ばれ、150キロバイト/秒の転送速度)であったが、次第に2倍速、4倍速と高速化し、2006年末では52倍速までに高速化した。しかし、CD-ROMの材質として一般的なポリカーボネートの物性上、これ以上高速で回転させると遠心力によってディスクが変形・破壊されてしまう。CD-ROMの読み取り速度は既に工学的な限界を迎えている。52倍速時ではディスク最外周の速度は235km/hにも達するからである。これ以上の速度を望むならば、より記録密度の高い媒体(DVDなどの上位規格)を選択する他ない。もっとも、回転速度の上限は同じなので、DVDの読み取り速度もすでに頭打ちである。

CD-ROMの読み取り速度とそれに対する一秒あたりの最大データ読み取り容量は以下の通りである。ケンウッドは独自方式で72倍読み込みできる製品を販売した。

読み取り速度 MB/秒 Mbps MiB/秒
1x 0.15 1.2 0.1465
2x 0.3 2.4 0.2930
4x 0.6 4.8 0.5859
8x 1.2 9.6 1.1719
10x 1.5 12.0 1.4648
12x 1.8 14.4 1.7578
20x 3.0 24.0 2.9297
32x 4.8 38.4 4.6875
36x 5.4 43.2 5.2734
40x 6.0 48.0 5.8594
48x 7.2 57.6 7.0313
50x 7.5 60.0 7.3242
52x 7.8 62.4 7.6172

歴史[編集]

CD-ROMを採用しているゲーム機[編集]

CD-ROM標準搭載を売りにしていたパソコン[編集]

流通形態としてのCD-ROM[編集]

音楽CD(基本的にCD-DA)の中には、通常の音楽CDの販路ではなく、PCソフトと同じPC流通に乗るものがある。そのようなCDは流通上、CD-ROMとして扱われる。

CD-ROM流通のCDは、メーカーからPCソフト問屋に卸されるため、通常のCDショップでは売られず、PCソフト店か、CDショップでも専門的な店でのみ売られることになる。

ゲーム会社が自社のゲームソフト主題歌サウンドトラックなどを独自レーベルで販売するというケースが多い。なお、そのようなCDの収録曲はJASRAC非信託であることが多いが、そのこととCD-ROM流通であることとの間に直接の関係はない。

関連項目[編集]