メガバイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バイトの単位一覧
SI接頭辞 2進接頭辞
単位(記号) 慣用値 SI基準 単位(記号) SIとの(概数)
キロバイト (kB) 210 103 キビバイト (KiB) 210 2.400000%
メガバイト (MB) 220 106 メビバイト (MiB) 220 4.857600%
ギガバイト (GB) 230 109 ギビバイト (GiB) 230 7.374182%
テラバイト (TB) 240 1012 テビバイト (TiB) 240 9.951163%
ペタバイト (PB) 250 1015 ペビバイト (PiB) 250 12.589991%
エクサバイト (EB) 260 1018 エクスビバイト (EiB) 260 15.292150%
ゼタバイト (ZB) 270 1021 ゼビバイト (ZiB) 270 18.059162%
ヨタバイト (YB) 280 1024 ヨビバイト (YiB) 280 20.892582%

メガバイト (megabyte) は、データの量やコンピュータ記憶装置の大きさを表す単位である。MBと略記される(Mbメガビットの意味で用いられることが多い)。

メガは本来はSI接頭辞の一つで基本となる単位の106倍を意味するので、メガバイトは本来は106バイト(1000000バイト、すなわち1000キロバイト)となる。しかし、実際には異なる意味で用いられることが多い。

バイト・ビットに対しては、SI接頭辞を10の累乗倍ではなく 210 = 1024 の累乗倍の意味として用いる慣習がある。それによれば、キロ (k) は 210 = 1024 倍、メガは 220 = 10242 = 1048576 倍となる。よって 1MB = 1048576B となる。このような混乱があるため、1048576Bは2進接頭辞を用い、1メビバイト (mebibyte, mega binary byte) と呼び、MBではなくMiBと書く方式が近年少しずつ普及しはじめている。なお、1MB = 1048576B と 1MB = 1000000B の間には、キロバイトを 1KB = 1024B と 1kB = 1000B で区別するような記号の区別はない。

実際の使い分け[編集]

半導体メモリソフトウェアのメーカーは 1MB = 1024KB とし、ソフトウェアはユーザー向けにも1MB = 1024KB で表示する。一方、ハードディスクCD-ROMなどのメーカーは 1MB = 1000000B とする。そのため、同じディスクでもメーカー公称とOSによる表示とでは容量が異なる。

まれに1000と1024が混ざった 1024000B を意味して 1MB とされていることがある。2HDフロッピーディスクの、18セクタフォーマットの容量は1.44MBとされるが、これは 1474560B であり、1.44 × 1024000 である。2EDの2.88MB等も同様である。

ビットレートの単位Mbps(メガビット毎秒)は、常に1000000bpsである。

関連項目[編集]