テラバイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バイトの単位一覧
SI接頭辞 2進接頭辞
単位(記号) 慣用値 SI基準 単位(記号) SIとの(概数)
キロバイト (kB) 210 103 キビバイト (KiB) 210 2.400000%
メガバイト (MB) 220 106 メビバイト (MiB) 220 4.857600%
ギガバイト (GB) 230 109 ギビバイト (GiB) 230 7.374182%
テラバイト (TB) 240 1012 テビバイト (TiB) 240 9.951163%
ペタバイト (PB) 250 1015 ペビバイト (PiB) 250 12.589991%
エクサバイト (EB) 260 1018 エクスビバイト (EiB) 260 15.292150%
ゼタバイト (ZB) 270 1021 ゼビバイト (ZiB) 270 18.059162%
ヨタバイト (YB) 280 1024 ヨビバイト (YiB) 280 20.892582%

テラバイト (terabyte) はデータ量やコンピュータ記憶装置の大きさを表す単位である。TBと略記される。

テラバイトは1,099,511,627,776(1兆990億)バイトであり、1,024ギガバイトである。

一般的にテラと言う接頭辞は1012倍をさすことが多いが、情報やコンピュータの分野においては十の累乗倍でなく210の累乗倍で表すことが多く、テラは240倍を表すため、上記のような数字になる。しかしながら、テラバイトは1.099兆バイトではなく一兆バイトとされることも多い。

このように統一性に欠けることから1,024の累乗倍に対しては二進接頭辞をつけ、240バイトはテビバイト (tebibyte) とすることが推奨されている。

テラバイト時代のハードディスク[編集]

2003年頃から複数のハードディスクを使用して仮想的にテラバイトクラスを実現するものは一般向けに販売されていたが、2007年の初頭には単体で1TBの容量を持つものも発表され、2008年末には1万円を切る価格で購入できるようになってきている。

2009年には2TB以上の容量を持つハードディスクが登場し2010年には8000円程度で購入可能に。同年には3TB以上の容量を持つハードディスクが登場している。

2011年末には4TB以上の容量をもつハードディスクが発売された。

関連項目[編集]

脚注[編集]