Phase-change Dual

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Phase-change Dual
Phase-change Disc
PD
PD-M650 front side.jpg
PDメディア
メディアの種類 光ディスク
記録容量 650MB
書き込み方法 相変化記録
策定 松下電器産業
主な用途 外部記憶装置
ディスクの直径 12cm
テンプレートを表示

Phase-change Dual(フェイズ-チェンジ デュアル)またはPhase-change Discは、松下電器産業1995年4月に開発した書き換えが可能な光ディスクおよびその規格。略記・略称はPDピーディー)。

概説[編集]

片面650MBの容量を持ち、ディスクの大きさは一般的なCDDVDなどと同様の直径12cm(5インチ)で、四角いカートリッジに収容された状態で使用する。赤色レーザー光を用いた相変化記録技術を採用しており、約50万回の書き換えが可能である。

PDドライブは内蔵型、外付型がそれぞれ販売されており、どちらのものでもCD-ROMを読み込むことができた。また、CD-Rを作成する事が可能なPDドライブも発売されていた。なお、ドライブ・メディア共に、そのほとんどが松下電器のみで製造されており、同社は容量650MBの補助記憶装置と4倍速のCD-ROMドライブとの兼用ができるPDドライブを搭載したノートパソコンPRONOTE PDも発売した(1996年8月)。

同じ時期の書き換えが可能なメディアとしてCD-RWが挙げられるが、初期のCD-RWの使用方法とは異なり、ファイル単位の書き込みや削除が可能な点が特徴で、パケットライト方式を用いたCD-RWや、フロッピーディスクを扱う感覚に近い。また、カートリッジに入っている特性上、記録面に直接触れることがないために強く、比較的信頼性が高い。書き込み速度は速くはなく、フロッピーへ書き込むのよりは早いといった程度。ただし、発売当時ではそれほど苦になる速度ではなかったという点と、同時期の他の光メディアに比べて安定性があった点から、当時のメディアタイプとしては優秀なものであった。(CD-RやCD-RWはそれほど当時普及しておらず、また、書き込み失敗が多いなどの不安定さもあった。MOやZIPもやはりそれほど普及していない時期であり、外部接続が主たる使用方法であったことと容量が小さいものが主流だったことも要因の一つ)

PD自体は発売後、安価に使用できるZIPや各社より随時発売されていったMOに押され、また、速度向上等の改良もされてはいなかった為さほど普及しなかったが、その後継にあたる技術として1997年4月DVD-RAMが登場し、PD自体は延命された。DVD-RAMはPDとの互換性を維持するためにPDと同様のカートリッジを採用し、片面の容量がPDのちょうど4倍にあたる2.6GBのVersion1.0規格が制定された。ただしこの規格はDVD-RAMドライブでもPDが扱えたが、2000年夏に他のDVDと同一の容量である片面4.7GBのVersion2.0規格の制定の際にはPDとの互換性は考慮されなくなり、この時点で市場から姿を消す運命を辿った。

関連項目[編集]

  • DVD-RAM - PDの後継メディア