DDCD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

DDCD(Double Density CD)は、一般的なCDの2倍に当たる1.3GBの容量を持つCDのことである。規格書はPurple Bookである。

概説[編集]

通常のCDでは、ピットの長さの最小値は0.83μmで、トラックピッチは1.6μm幅である。DDCDではピットの長さの最小値を0.62μmに、トラックピッチを1.1μm幅に、それぞれ短縮することで、1.3GBものデータを書き込むことが可能になった。線速度も、通常CDの1.2~1.4m/sから、0.9m/sに短縮されている。

読み出しや書き込みには専用ドライブが必要となり、DDCDに対応していないCD-ROMドライブでは読み出しも行えない。

CDと同様にDDCDにもDDCD-R/DDCD-RWが存在する。

関連項目[編集]