ユニバーサルディスクフォーマット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Universal Disk Format (ユニバーサルディスクフォーマット、UDF)は光ディスク用のファイルシステムである。

概要[編集]

UDFはISO 9660に代わるファイルシステムとしてOSTAと30以上ものメーカーによって約6年の歳月を費やして策定された。実装はISO/IECEcma InternationalによってそれぞれISO/IEC 13346ECMA-167として規格化されている。JISにおいてはJIS X 0611として規格化されている。

特徴[編集]

  • CPUやOSに全く依存しない
  • 512バイト単位での書き込み
  • ファイル名がUnicode形式で255文字まで
  • 128TiBまでのディスクに対応
  • 記録された情報の一部が破損しても、破損していない部分を読み出せる
  • ファイル単位の記録(パケットライト)にも対応

リビジョン[編集]

UDF 1.02
1996年8月30日改訂。DVD-ROMDVD-RDVD-RWDVD+RDVD+RWのそれぞれのDVD-Video(Video モード)に適用されている。
UDF 1.50
1997年2月4日改訂。DVD-RAMの標準フォーマット。Virtual Allocation Tableスペアリングテーブルをサポート。パケットライトで CD-RW、DVD+RW、DVD+Rでも利用可能。
UDF 2.00
1998年4月3日改訂。DVD-R、DVD-RW、DVD-RAMDVD-VR(VR モード)で採用。
UDF 2.01
2000年3月15日改訂。デジタル放送のストリーム信号記録用を想定して策定されたもの。DVD-ARで採用されている。2.0 のバグも解決している。
UDF 2.50
2003年4月30日改訂。BD-RE(Ver.2.0/2.1/3.0)とBD-ROM(Ver.1.0)とHD DVDで採用。
UDF 2.60
2005年3月1日改訂。BD-Rで採用。Pseudo OverWrite(POW、擬似書換)をサポート。

UDF Bridge[編集]

UDF + ISO 9660(場合によっては + Rock Ridge, Joliet, HFS+)の2(~5)重構造。UDFに対応していないOSでもISO 9660部分を読み出すことができるが、両ファイルシステムの制限の厳しい方を受けるために、単一ファイルの最大サイズはISO 9660の制限と同じ約 4 GiB(正確には232−1 bytes)となる[1]

OS の UDF サポート[編集]

eComStation
(Read + Write)2.0x
FreeBSD 5.x
(Read)1.02、1.5、2.0x
FreeBSD 6.x
(Read)1.02、1.5、2.0x、2.5
FreeBSD 7.x
(Read)1.02、1.5、2.0x、2.5、2.6
Linux 2.4.x
(Read)1.02、1.5
Linux 2.6.x
(Read + Write)1.02、1.5、2.0x(2.6.10からHDD, RAM, DVD+RW, CD-RWへの書き込み、以前のバージョンでサポートしているメディアはこれより少ない)、2.50(2.6.26から読み込み)
Mac OS 8、9
(Read + Write)1.02、1.5
Mac OS X 10.4
(Read)1.02、1.5
Mac OS X 10.5
(Read + Write)1.02、1.5、2.0x、2.5
Mac OS X 10.6 -9
(Read + Write)1.02、1.5、2.0x、2.5、2.6
Solaris 8、9、10
(Read + Write)1.02、1.50
Windows 98およびWindows Me
(Read)1.02
Windows 2000
(Read)1.02、1.5
Windows XPおよびWindows Server 2003
(Read)1.02、1.5、2.0x
Windows VistaおよびWindows Server 2008
(Read + Write)1.02、1.5、2.0x、2.5
(Read)2.6
Windows 7およびWindows 8
(Read + Write)1.02、1.5、2.0x、2.5、2.6

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ mkisofsなどでUDF Bridgeを作ると、単一ファイルの最大サイズが2GiBに制限されてしまうことがある。

外部リンク[編集]