Microsoft Windows Services for UNIX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Microsoft Windows Services for UNIX (SFU) は、マイクロソフトが提供するWindowsUNIXの相互運用を支援するソフトウェアパッケージ集。Windows Server 2003 R2以降はSubsystem for UNIX-based Applications (SUA) へと引き継がれている。

主な機能[編集]

  • GCC 3.3 コンパイラ、ヘッダファイル、ライブラリ
  • Microsoft Visual Studioコマンドラインコンパイラのccラッパー
  • GDB
  • NFSクライアントとサーバ
  • X Window Systemクライアント(サーバは提供されない)
  • Telnetサーバ
  • NISサーバ
  • パスワード同期サービス
  • Interixサブシステム
  • UNIXツール群

歴史[編集]

1999年4月16日 
Windows NT Services for UNIX Add-on Pack日本語版 (29,800円)
2000年8月11日 
Windows Services for UNIX Version 2.0 日本語版 (29,800円)
2002年12月6日 
Windows Services for UNIX Version 3.0 日本語版 (29,800円)
2004年1月20日 
Windows Services for UNIX Version 3.5 日本語版 (無償)
2005年12月6日 
Windows Server 2003 R2 Subsystem for UNIX-based Applications (5.2)
2006年11月8日 
Windows Vista Subsystem for UNIX-based Applications (6.0)

元々はパッケージ製品として販売されていたが、2004年1月のSFU 3.5から無償提供された。

Windows XPWindows Server 2003ではWindowsはPOSIXサブシステムが削除された為、POSIXを利用するには同パッケージが必須である。

Subsystem for UNIX-based Applications[編集]

Windows Server 2003 R2 と Windows VistaWindows 7 (Ultimate, Enterprise) と Windows Server 2008Windows Server 2008 R2では、Subsystem for UNIX-based Applications (SUA) として、標準搭載されている。

Windows Server 2012 以降の UNIX互換環境[編集]

Windows Server 2012からマイクロソフト提供のUNIXベースアプリケーション用サブシステムが奨励されなくなった為、Hyper-VでネイティブOS、または従来のOSを仮想化するか、公式に以下の環境を奨励している。[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]